パパフォト&ママパン

ご倒置グルメ

ご当地の「食」を紹介する小冊子。
その表紙がですね、なんというか違和感が・・・。 光が下方からっちゅうのは何ですか?
2017_0917_001.jpg

どれ、
人様の作品をネタにシミュレーションしてみる。

光が下方から・・・うー なんかヘン^^
2017_0917_002.jpg


狙ってこのようにしたのだ。 意図したとおりの写真とレイアウトじゃ!
・・・と云われればそれまでです。
ですが、

ワタクシの邪推ではありますが、
表紙の写真のグラスとフォークの配置から推測するに、このように撮影したものでしょう。
2017_0917_003set.jpg

その写真を紙面にレイアウトする際に90度回転、倒置してしまった、と。
2017_0917_004.jpg


であるならば、ベキ論を言わせていただくならば、
紙面レイアウトをするデザイナーなり印刷屋の営業マンなりが紙面の仕上がりを想定して
「縦方向で撮ってください。  こっち、そう こっちが上です。」 とカメラマンに指示すべき。 ベキ。

この方向で撮って・・・
2017_0917_005set.jpg

写真を90度回転して配置する。
2017_0917_006correct.jpg

このほうが座りが良いと思うんだがなー。
どうでしょ?

真相は
上がってきた写真を見てから
「お この写真 使えるじゃん・・・廻して縦にすれば、ほらピッタリ♪」
と紙面のデザインとレイアウトを決めた…というところでは?

ありがちですね^^

揚げ足取りのようで申し訳ないっ^^
*************************************

小冊子の写真は、写り込みの形から判断してバンクライトを使用したと思われる。

ワタクシのシミュレーションではクリップオンとディフューザーを使用しました。
2017_0917_007set.jpg

照射角を広くしておく。
2017_0917_008storobo.jpg









  1. 2017/09/17(日) 20:23:20|
  2. 料理の撮影
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

a day in the life

セブンで重要書類をゲットし


駅へ行ってチケットをゲット。
2017_0916__03.jpg
平日の秋田新幹線だから満席にはなるまいと高をくくっていたので
10日前の今になってようやく切符を確保。

***********************************

さて、来週に予定している撮影の移動ルートを確認する。
常人にはたいしたこっちゃあるまいが、
なにしろワタクシは『方向音痴2級』という国家資格を持っているのだ。
予定外のことが起こった場合も想定して、いちおう移動ルートや所要時間を確認しておく。

まずは●●センター。
2017_0916__04.jpg

移動、◎◎体育館へ。 ここはスポーツ・エリア。 
小高い丘の上から、たぶん我が子の試合を観戦するおっかさん。
2017_0916__05.jpg
2017_0916__06.jpg

ついでに散歩、運動不足解消。
2017_0916__22.jpg

普段は露出設定はマニュアルでやっとりますが、
スポーツ撮影では『シャッタースピード優先』を活用するのもよし。
慣れていないので、ちょこっとテストしてみる。

たとえばこのように日陰と日向ではずいぶん明るさが違う。
2017_0916__09.jpg

左の日陰をパチリ
2017_0916__10.jpg

すかさず右の日向をパチリ。 おお、SS優先モードは便利じゃのう。
2017_0916__11.jpg
今日は薄く雲がかかった空。 晴天時よりも対応しやすい。

斜面にへばりつくようにして作業中。たぶん芝桜の手入れ(土づくり?)であろう。
2017_0916__07.jpg

上方から見下ろす。
2017_0916__08.jpg

野球もやっとる。
そーれそれそれ行け行け健太っ! どんどんどどん♪
2017_0916__21.jpg

もう一か所
古い街並みを通り抜ける近道を経て△△体育館へ移動。ふむふむ。

横手市中心部へ戻るルート上の××球場へ廻り、ルート確認終わり。
戻る。

********************************************************

熊騒動が勃発して以来、ちょっと足が遠のいていた横手公園エリアへ久しぶりに。
2017_0916__12.jpg

えっちらおっちら^^
2017_0916__13.jpg
ここを登りきると市民の憩いの場、赤土公園。
うーmmm 幼児二人とママ。 一組さまだけだ^^ やっぱり熊が心配だもんねー。

小さい秋
2017_0916__14.jpg
2017_0916__15.jpg

牛沼へ下りると、釣り人が居る。 「熊? んー 出たら出たでしょうがねーべww」 でしょうか。
2017_0916__16.jpg
SS優先モードのままだったので意図せぬ設定で撮れてしまった。
マニュアルに戻して撮りなおし。 たいして変わらんか?
5DmarkⅣはなんとなく綺麗に撮れてしまう。やっぱり新しいカメラが良いカメラ。

そして現像ソフトDPP ver.4が使いやすい。
上の写真は少し彩度を上げてみたのでありますが、画面中央のブルーシートもクッキリあざやか^^ 
ブルーシートには自然の美しい色彩をぶち壊すパワーがある。
7月の豪雨で崩れたんだべか?

!思い出した。 横手スキー場へ行ってみる。
2017_0916__17.jpg

あー、これか。 7月の集中豪雨で崩れたようだ。
2017_0916__18.jpg
そういえば、熊騒動が真っ盛りのころ
ちょうど地肌がむき出しになったところを熊が横断する映像がTVで放送されたんだった。

斜面に向かって左の方へ眼を転じると・・・ここも崩れたんだな。
2017_0916__19.jpg

朝晩は冷える。秋。
2017_0916__20.jpg

*****************************
帰宅。 
なんと、事故だけれど笑ってしまう。 みちのくホノボノ感が漂うww 
2017_0916_24.jpg


という一日でした。

See You !



  1. 2017/09/16(土) 21:01:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カメラのクリーンアップ作戦

オークションに不要な機材を出品する準備中。

ここが白くなっていたりするのは塩分だと思うのだが、きれいにしておいたほうがよかろう。
(下の写真はクリーンアップ後)


普通の丸っこい綿棒じゃなく、コレにエタノールを含ませて
2017_0915_02.jpg

汚れを落とす。
2017_0915_03.jpg

細~いスキマにめり込んだ汚れを爪楊枝でほじくりだす。
う、爪楊枝の先が入らない。  
2017_0915_04.jpg
金属の針などを使うとボディーにキズがつく。それはまずい。


では、
爪楊枝をカッターナイフで削って尖らせる。
2017_0915_05.jpg
これが役立ちました。


2017_0915_06.jpg

強力なLED懐中電灯が光源。
2017_0915_07.jpg

2017_0915_08.jpg

ローパス・フィルターにはゴミが見当たらなかったので手を付けず。

BGMはツェッペリンⅣ


  1. 2017/09/15(金) 21:56:49|
  2. 機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

不要な機材を処分する

防湿庫が満杯で困ったな・・・よし処分する!
オークションに出品する。

いやはや懐かしい。EOS Kissシリーズで商品撮影していたのだ。
いま手にしてみるとオモチャのようでありますね。


オークション出品用の写真も
いちおう簡単にライティングして撮影します。
2017_0914_02.jpg
キズや汚れの程度がわかるような写真を掲載したほうが有利だと思うのであります。

不要なレンズが何本かあるなー・・・どうすべ?

  1. 2017/09/14(木) 21:53:14|
  2. 機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

YAMAHA THR100HD/デュアル接続・シングル接続

アンプヘッドTHR100HDは完全分離の2チャンネル仕様。
対になるスピーカー・キャビネットTHRC212は2発の12インチスピーカーがマウントされている。

みなさん気になるであろう「デュアル接続」について。
こうだ。
チャンネルⅠとチャンネルⅡの音を、それぞれ別のスピーカーから出す。
ⅠとⅡを同時出力もできる。
他に類を見ない独特の方式。たいへん魅力的であります。


デュアル接続。  スピーカー・ケーブルは2本。
2017_0913_03.jpg

ヘッド側。 インピーダンスを8Ωに合わせる。
2017_0913_04.jpg

スピーカー側。 セレクターを「DUAL」に。
2017_0913_05.jpg

チャンネルの切り替えは付属のフットスイッチで。
2017_0913_08.jpg

左の[Ⅰ/Ⅱ]でチャンネル切り替え。 右の[Ⅰ+Ⅱ]を踏むと両チャンネルの音が出る。 
2017_0913_09.jpg

フットスイッチは付属ケーブルでアンプと接続する。 
2017_0913_10.jpg

以上がデュアル接続の概要です。たいへん面白い。

さて、しかし? と気づいた方はいるかなー?
ライブステージでPAありの場合、デュアル接続で鳴らすならばマイクが2本必要になります。
こーゆーコト。
2017_0913_12.jpg

「いやー、チャンネル数(またはマイク本数)が足りませんなー、ムリですなー」
ということもあろうかと。

どーする?
シングル接続といきましょうか。
2017_0913_02.jpg
チャンネルⅠだろうがⅡだろうがミックスだろうが、キャビ内の2発から音が出る。
一般的な2チャンネル・アンプと同等の動作。
これでPA屋さんも安心。 ギターに割り当てるマイクが1本で済む。めでたし♪

ヘッド側
インピーダンスを16オームにしてケーブルは①に挿す。 一本だけ。
2017_0913_06.jpg

スピーカー側
セレクターを「SINGLE」に。 ケーブルは「SINGLE」に対応する16オームのジャックに挿す。
2017_0913_11.jpg

これはあくまでもスピーカーがTHRC212の場合。
他社のスピーカー・キャビネットに接続する場合は、インピーダンスの確認等、自己責任でオネガイ♡

************************************

デュアル接続した場合の好サンプル動画。
動画収録後の音のエフェクト処理は、あったとしても最小限であると推測する。


歪み系エフェクター無しでこの音。良いじゃろ?
ギターとアンプの間にエフェクターが無いので、音が痩せない。

真空管を使っていないのでメンテ要らず。 
真空管アンプとは比較にならない低ノイズ。

see you




  1. 2017/09/13(水) 20:33:23|
  2. ギター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

pink

Author:pink
秋田県横手市KUBRICK
パパは写真撮ります。
商品撮影、時々色々撮影!
ママはパン焼きます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (101)
物撮り (310)
スナップ (193)
天然酵母パン (4)
ドライイーストのパン (5)
建築撮影 (1)
ハードウェア (2)
ロケ (34)
料理の撮影 (117)
機材 (119)
スタジオ・人物 (30)
マクロ (12)
実験・シミュレーション (74)
画像処理 (5)
音楽 (113)
本 (14)
ギター (31)
日記 (358)
工作 (20)
スポーツ (8)
オーディオ (24)
撮影 (4)
集合写真 (1)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR