パパフォト&ママパン

ビジョン

崎山蒼志クンの歌に対して
「歌詞が難解すぎる。これでは普通の人には刺さらない」
というコメントがありました。

うーむ。そうだろうそうだろう。
だがな、普通じゃないワタクシとしては
普通の人に刺さる普通の歌が世間には多すぎ、ウンザリし続けて幾星霜。
しかも最近の”普通の歌”の普通さ加減が尋常じゃない。劣化コピーといわれるJ-POPの数々。
パターン化、類型化された安手の感動。

うむ、まあいい。
恩師の結婚式での崎山君の歌を聴いてみそ。声変り前だ。
普通の歌とはこういうことか?


素晴らしい!
教え子にこんなの歌われちゃー 先生、号泣だったでしょう♪

…うがった見方をしてみよう。
これは彼がこの場面にフィットする楽曲を意図的につくったようにワタクシには思えるのだ。
もちろん歌詞には先生との個人的な思い出の一部が盛り込まれているだろう。
それにしても、受注して作詞&作曲したプロの仕事のようなもんではないか。

******************************

それはそれとして、
彼の物の見方、感じ方、そしてそれを言葉に変換する才能が尋常じゃない。
これが彼に見えた世界か? 感じたことか?
『ビジョン』 作詞・作曲 崎山蒼志


  陽の当たる空に目をふさいだ
  誰かが助けを呼んでいる
  そのままそこに行きたいが
  兵士を呼べば戦争になるから

  木にたまった水でも持っていくよ
  誰かの闇も入れてさ
  部屋の中に一人ぼっちの人も
  心に入れてくからさ

  真っ白な世界が見える
  目を閉じれば、クジラの声
  その次に耳をふさぐ
  そしたら木漏れ日が見えた

  何度傷つけば
  僕の心を許してくれるの
  何度傷つけば
  僕の心を許してくれるの

  バイバイ
  あの空と君の声と同じ空に立つ人々よ
  バイバイ
  あの海と君の声と同じ海でさよならを見てる人々よ

*************************************

これも中学一年のころの楽曲。恐るべし。


ワタクシの想像ですが

   テレビで見た悲惨な光景。
   内戦が続くどこかの暑い国、罪もない人々が傷つき助けを呼んでいる。
   無力な自分には何もできない。

ここから彼はイメージを膨らませたのかもしれませんね。
しかしその先の ”真っ白な世界が見える” からの展開が凄すぎる♪

彼の場合イメージを膨らませるというのは適当ではない。(いや適当な言葉がみつからない)
時空をジャンプして飛び越えていくような、
現実感から遊離してズレていくような不思議な感覚に襲われる。
しかもブキミではないし、安易にふわふわとファンタジックなのとも違う。
なんと表現していいのか分からない。
縦糸に客観、横糸に主観を織り込んだ布のよう。

「これは音楽的な語法だ。一般人が紙に書いた文章、言葉の連なりとは異質だ」
という意見もあり。うーむ、そうかもしれない。

****************************

とにかく
BABYMETALに続いて救いの神現るだ。
8歳の天才女子ドラマー よよかチャンも♡


スポンサーサイト
  1. 2018/07/12(木) 23:25:53|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<後処理 | ホーム | ベルト>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fcsoccer77777777.blog.fc2.com/tb.php/1832-7ec8b327
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

pink

Author:pink
秋田県横手市KUBRICK
パパは写真撮ります。
商品撮影、時々色々撮影!
ママはパン焼きます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (109)
物撮り (332)
スナップ (194)
天然酵母パン (4)
ドライイーストのパン (5)
建築撮影 (1)
ハードウェア (2)
ロケ (34)
料理の撮影 (125)
機材 (139)
スタジオ・人物 (31)
マクロ (12)
実験・シミュレーション (77)
画像処理 (5)
音楽 (137)
本 (14)
ギター (89)
日記 (457)
工作 (30)
スポーツ (8)
オーディオ (26)
撮影 (21)
集合写真 (3)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR