パパフォト&ママパン

YAMAHA Pcifica 912J 純正ナットに交換

中古パシフィカのナットを純正に交換しました。いや プロにやってもらいました。
ワタクシのギターの主治医は、秋田県由利本荘市にある「ジプシーワゴン」のリペアマン氏。

非純正ナットの傾斜に合わせてテンションバーが思いっきり下げられていました。
弦交換がやりにくかった。 これが解消。
そして、わずかに狭かった弦間ピッチもオリジナルの状態に戻りました。 


赤矢印のところにシム(スペーサー)が噛ましてあります。
2018_0518_02.jpg

拡大。 メイプル材でチョイチョイと作りました…とリペアマン氏。すげー♪
2018_0518_03.jpg

ナゼこのような処置を施したか?

このナットにはイモネジが仕込んでありまして、高さを調整できる構造になってます。
が、イモネジは片側(ボディ方向)にあるので、このように傾きます。
結果、ナットと指板の間にスキマができます。
2018_0518_04.jpg

対策としてシムを挟み込み、ナットを傾むけることなく高さを上げ。
指板との間にスキマが出来ないように調整してくれたのであります。
2018_0518_05.jpg

ほらね、スキマ無し。ピッタリ♪
2018_0518_06.jpg
ローコードの響きがキレイだし、見た目にもスッキリして気持ちよい。


これで 921 と 912J 二本ともナットがオリジナルの仕様になりました。
オリジナル・スペックにこだわっているわけではありませんで、
微妙な不具合が無い状態に復元したのであります。ヒジョーに弾き心地がよろしい💕
2018_0518_07.jpg

・・・

何回か前の記事に書きましたが、
白いプラスチック製ピックガードが真っ白、ほぼ純白であることを発見した と。
グレーカードの代用になる、ということを意味します。

ホワイトバランス「太陽光」設定、クリップオン・ストロボ光で撮影すると
ごらんのように青(緑っぽい)変な色。
2018_0518_08.jpg

あとからピックガードの白い所を基準にしてホワイトバランスを調整したのが
一つ前の写真(ギターが二本並んだやつ)。

************************************

ギターも光も
きちんと調整するのがヨロシイようで。





スポンサーサイト
  1. 2018/05/19(土) 00:41:24|
  2. ギター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日記 | ホーム | ナット>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fcsoccer77777777.blog.fc2.com/tb.php/1787-3197acd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

pink

Author:pink
秋田県横手市KUBRICK
パパは写真撮ります。
商品撮影、時々色々撮影!
ママはパン焼きます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (109)
物撮り (332)
スナップ (194)
天然酵母パン (4)
ドライイーストのパン (5)
建築撮影 (1)
ハードウェア (2)
ロケ (34)
料理の撮影 (125)
機材 (139)
スタジオ・人物 (31)
マクロ (12)
実験・シミュレーション (77)
画像処理 (5)
音楽 (137)
本 (14)
ギター (89)
日記 (457)
工作 (30)
スポーツ (8)
オーディオ (26)
撮影 (21)
集合写真 (3)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR