パパフォト&ママパン

YAMAHA THR100HD あんちょく

2015年11月ごろ発売されたYAMAHAのギターアンプ&スピーカー・キャビネット。

当時、知人のYAMAHAのお店に電話して問い合わせたところ
受注殺到、注文してもいつ入荷するか分からないという状態だった。

「アンプヘッドは出荷できる在庫あり。 しかしスピーカー・キャビが生産待ち状態。」
うーむ、なんとかならんかや? こちとらアンプ欲しい病の発作を発症中なのだ。
・・・
お店が手を尽くしてくれた。
「ヤマハ社員が自分用に確保しておいたキャビを、ムリヤリ奪いました」 ということで購入。

なにしろ長年使用していた同じヤマハのF100がご臨終した直後に発売されたシロモノ。
こ これは俺様のためにYAMAHAが用意してくれたのだ、天命じゃ! 発作的に発注したのでした。


到着、開封、いつものように接続。
ギターからこのようなエフェクターを数個経由してアンプへプラグイン。
2017_0912_02.jpg
さて、音は?
・・・
・・・
だ だめだこりゃ! なんだこのグジャーっとしたキタナイ音! やっぱりモデリング・アンプは。
デジものの限界か? (回路的にデジかどうかは知りませんが)
クリーン・チャンネルしか使えんではないか! 歪みは足元のオーバードライブで作って・・嗚呼。
だったらこのアンプは必要なかったじゃないか。

意気消沈、がっくりヒザをつきうなだれ、
ボヘミアン・ラプソディーが脳内リピートされる。
「ママ…おら殺っちまっただ。 みんなサヨナラ。 俺なんか生まれてこなけりゃよかったのに^^」

以後、昨日まで作業場の片隅に放置しておいた悲劇のアンプ。
!?と思い直して、エフェクト無しでダイレクト・プラグインしてみた。
アンプに直接、通称「あんちょく」であります。
そしたら、まあ、 これが、これぞ・・・・スバラシイ音が飛び出すではないか!

エフェクターを経由すると音が劣化、またはインピーダンスがどーのこーの、
ま、とにかく腰のない細い音になってしまうのは経験上知ってはいたが。
いやー、ここまで露骨に違うとはね!!!

このアンプは良いぞ!
よくぞここまで真空管シミュレートしたもんだ。歪みモノのエフェクター不要だ。 

*******************************************

アンプ・ヘッド「THR100HD」 最後の"D"は デュアルのD。
完全独立2系統の回路なので「デュアル」

チャンネルⅠもⅡも同じセレクターが装備。スーパー・クリーンから唸る歪みまでバリエーションが広い。
歪みの量をコントロールするGAINに加えてブースターも搭載。しかもブースト量も増減できる。
イイっしょ♪ 歪みがとても上質。
2017_0912_03.jpg

で、ずずーっと前面パネルの右へ移動すると、
プリアンプ後のトーンコントロール、最終ボリュームまでⅠ&Ⅱはまったく同じ。
2017_0912_04.jpg
2チャンネル・アンプは前段のプリ部だけが2系統→パワーアンプは共通と言う場合が多いんじゃないだろうか。
YAMAHA THR100HDは完全分離の2系統。 スバラシ♪
ⅠとⅡを切り変えるだけでなく、Ⅰ+Ⅱのミックスが可能。これがオモシロイ。

YAMAHAエライ! アンプ回路の2系統の信号をスピーカーにまで貫いた。
下の写真をごらんあそばせ。スピーカー・ケーブルが2本。 
つまりⅠとⅡそれぞれの信号を別々のスピーカーで鳴らすのであります。
キャビ内にはスピーカーが2発。
2017_0912_05.jpg
写真の下部、キャビのジャック付近にはSINGLE と DUALの切り替えスイッチがあるので
通常のアンプのように単なる2チャンネル・アンプとしても使用できます。キメ細かいね。

さらに、ギター小僧(実年齢はカンケイ無いっ)の心理をくすぐるシカケが♡
パワーアンプ部に使用される真空管の特性までシミュレート。
2017_0912_06.jpg

”デュアル”が徹底してる。 これも独立2系統。
いいねー
「いい天気だ。今日は良いことが起こりそうな予感がするから6L6GCにしようか♡」 なーんてね。

しばらく遊べる。  ダイレクト・アウトもできるようだ。アタシャやりませんが。

それでですね
ある程度音量を上げないとそれらしい音にならないので、ちょっとボリュームを上げてしまったのでした。
きゅんきゅん、ぎゅいーん、嗚呼、トレブリーなトーンに調整しても耳障りじゃない良い音だ。
クローズド・バックのキャビならでは、低音が太い♪ 
ずんずくずん、じゃきーんっ! てけてけテレレ。

・・・環境大臣から苦情が^^^^www あたりまえだ。

スピーカー・キャビネットは背面密閉型なので、ちょっと向きを変えるだけで音の届き方が劇的に変わる。
迷惑にならないような場所へ移動してスピーカーの向きを変える。そのほうがよかろう。
しかし
移動するにも、キャビだけで24kgはいささか重い。 キャスターが付いていない。
だ か ら 木製の平台台車を調達し、それに載せて移動したというのが本日の主な仕事♡
2017_0912_07.jpg

音はですね、YOU-TUBEに色々UPされてますが、
ワタクシ個人的には往年の名機 F100-212の血統を感じます。
2017_0912_09.jpg


こんな感じ♡







スポンサーサイト
  1. 2017/09/12(火) 21:45:37|
  2. ギター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<YAMAHA THR100HD/デュアル接続・シングル接続 | ホーム | しんどい一週間>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fcsoccer77777777.blog.fc2.com/tb.php/1571-69ccd0bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

pink

Author:pink
秋田県横手市KUBRICK
パパは写真撮ります。
商品撮影、時々色々撮影!
ママはパン焼きます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (102)
物撮り (310)
スナップ (194)
天然酵母パン (4)
ドライイーストのパン (5)
建築撮影 (1)
ハードウェア (2)
ロケ (34)
料理の撮影 (119)
機材 (129)
スタジオ・人物 (30)
マクロ (12)
実験・シミュレーション (75)
画像処理 (5)
音楽 (117)
本 (14)
ギター (37)
日記 (376)
工作 (20)
スポーツ (8)
オーディオ (26)
撮影 (8)
集合写真 (1)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR