パパフォト&ママパン

発券

以前、ウーハーのエッジにカビが生えてしまったスピーカー。
消毒用エタノールでカビを死滅させ、サーキュレーターで常時空気の流通を維持しています。
以後、カビ生えず。 まったく生えず。 お試しあれ♪

カビ対策には”空気の流れ”が重要であるという(知ってはいたものの)発見でありました。

サランネットを装着してもウーハーに空気の流れをとどけるため、
スキマを作ってあります。サランネットの枠ごと自作であります。
2019_0627_02.jpg

*********************

製造年代が古いギターたちの変貌ぶりも面白い。
ダメダメ状態からの復帰プロセスが一様ではありませんで、非常に興味深い。
日々、新たな発見に満ちています。
2019_0627_03.jpg

********************

散歩しても同様。
街並みの変化や季節の移り変わり、建物や公共物の構造などなど、普段見ているようで見ていないことが多いのです。
橋の免震構造やら電線の碍子とかね♪
街は発見に満ちています。

・・・で、ローソンへ出向いて発見…ではなく「発券」!
2019_0627_04.jpg

BABYMETAL AWAKENS
うーむ・・・BABYMETAL覚醒す。 どんなことを発見させてくれるのやら♡




 
スポンサーサイト
  1. 2019/06/27(木) 17:38:52|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大型スピーカー

夜、コンビニでアイスを買ってきた。
音楽を聴きながらデザートを食す。

まずはピンク・フロイドの「エコーズ」


家内が感動しとる模様。
2019_0625_07.jpg

「なんだこれは、この感じは? スピーカーのせいか?」と問う。

そうだ。小さいスピーカーでは このようなユッタリ感は出ない。

「そうか」と納得する家内。
ワタクシが大型スピーカーを好む理由がわかったような気がする、と。

では、ビートルズ。「サムシング」と「ドント・レット・ミー・ダウン」を聴いてみるべ。
2019_0625_02.jpg

レノンがここにいて歌っているようだ、とツイーター付近を指さす。
スピーカーの前から動かなくなった。本気で感動しているようだ。
2019_0625_03.jpg

では、これだね。
パットメセニー&チャーリー・ヘイデンの「ミズーリ・スカイ」
アルバムの最後に収録されている「Spiritual」。
2019_0625_05.jpg

・・・完全に陥落したようだ。

大型スピーカーで聴く音楽。 良き哉♪

***********

え~ 個人的な連絡。
ジミー平次さんへ。

ジョニ・ミッチェルとメセニーとパストリアスとブレッカー・・・・良き哉♪
ありがとよ♡







  1. 2019/06/25(火) 18:00:50|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

友来たる

レノン夫婦のTシャツ。
中学時代の同級生が来訪。


ワタクシの愛器Pacifica921を弾いてみてもらう。
うむ、他人が弾くマイ・ギターの音を聴くのもいいもんだわい。
2019_0623_04.jpg

2019_0623_06.jpg

味わい深い1980年(推定)テレキャスター。
2019_0623_08.jpg

「クイーンの神髄は初期、アルバムⅡとⅢだな。それ以降はあまり好まん。
 だから映画も観ていない。」

・・・ということで旧世代ロック・ファンの共通認識を再確認したりして。


結果的に世間話が9割、残りの時間でペケペケとギターを弾く。
ま、ある程度は想定通りの展開でありました。


ゆるゆると日曜日。



  1. 2019/06/23(日) 20:13:53|
  2. ギター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JPN, KOR, CAN

この春から関東方面の大学生になった息子が遊びに来た。
韓国とカナダからの留学生を連れて。


秋田と岩手の県境付近、岩手県側にある「砂ゆっこ」へ連れて行きました。
温泉の熱を利用した砂の蒸し風呂であります。
2019_0622_02.jpg

いざ
2019_0622_03.jpg


砂かけばばあオネイサンに砂をかけてもらい
2019_0622_04.jpg
「砂をかけられるときちょっと怖かった」と あとで言っとりました。


約15分、じーっと耐える。
2019_0622_05.jpg
2019_0622_06.jpg
2019_0622_07.jpg

爽快であります♪
2019_0622_08.jpg

ワタクシは体重が1kgダウン、
体の大きい韓国とカナダの友人たちはそれぞれ「2kg減った」らしい。

私たち夫婦と一緒にみんなで夕食。
楽しい国際交流の日でした。




  1. 2019/06/22(土) 23:33:25|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ディフューザーもレフである

小物撮影。4品目で7カットを撮影します。
まずは真俯瞰で。
ディフューザーで3方囲みのセットですが、ストロボは①②の2本。
セットの右側にはストロボ無し、しかしディフューザーを張ってます。
何故か?


これはですね、ディフューザーがレフとしての役割を果たしているのであります。
いわゆる白レフよりは光の反射が弱いので「半レフ」とでも云いましょうか。

セットチェンジ。
板材の上に商品を置いて斜め見下ろし撮影。
ここでもストロボ2灯なれど、ディフューザーは3方囲み。
2019_0620_03.jpg

さらにセット変え。
壁掛けタイプの商品を撮影します。
②は天井バウンス。
2019_0620_04.jpg

①②の2灯で撮影しましたが、芳しくない。
右からグリッド装着で③を追加。
・・・ということを想定してディフューザー3方囲みセットを組んでおくのであります。
(今回の例では②が天井バウンスなので変則的です)

背景に正対せず、斜めから撮影しました。
セットを真上から見た略図。
2019_0620_07.jpg

実際の様子。
2019_0620_06.jpg

額縁の厚さがわかるように、斜めから撮影してみました。
2019_0620_08.jpg


クライアントから送られてくる撮影指示書に基づいて撮影しますが、
電話での打ち合わせ時に、ワタクシからも提案します。
今回の”斜めから撮影” がソレです。

 

  1. 2019/06/20(木) 23:02:47|
  2. 物撮り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

体力勝負

小学校の修学旅行に同行、撮影してまいりました。 バスで仙台方面へ、一泊で。
まあね、元気なわけですよ6年生は。


ワタクシ毎日のようにマメに散歩して、これに備えていたのです。
走る小学生を先回りして撮影。しんどい^^
2019_0617_02.jpg


この日、水族館に入館申し込みは70校だったそうな。やれやれ。
必死で走り回る同行カメラマンも多数。 知ってる顔も2名。
2019_0617_03.jpg

小学生と比べたらイルカの撮影なんぞ楽勝だわい。
2019_0617_05.jpg

他校の生徒も混在している場合もある。
下の写真の場合、撮影タイミングを逸する恐れがあったので全部撮り、
あとで選別するという作戦をとりました。
2019_0617_04.jpg

痛恨の… あ~なんてこった^^^ ま、いろいろと反省点がありました。
しんどい撮影だろうとは予想していましたが、何がどのようにシンドイのかは現場で初めて気が付きます。
修学旅行に同行しての撮影はワタクシ初めてでした。いい経験でした。 今後に活かせるか?

蛇足ながら
小学生たちの態度がですね、え- ”ちゃんとした社会人のタマゴ”のようでありました。
悪ガキがいない。

**********************

翌日、朝も早よから車で出動。 大館市にて撮影ミッションでありました。片道180km^^ やれやれ。
2019_0617_06.jpg

幼いコドモを含むファミリーを撮影。11組様でした。
用意された背景のサイズが小さいので、撮影アングルはある程度限定されます。
その中で数種類のバリエーションをヒネリ出さないといけません。
下は生後2ヵ月から 上は小学3年生ぐらい。
落ち着いてジっとしているわけがない。 やれやれ^^
2019_0617_07.jpg

ワタクシの撮影スタイルに関して現場スタッフからお褒めをいただきました♪
なんでも、ひどいカメラマンも来るらしいのです。

「お客さんがみんな自然な笑顔じゃないですか~、カメラマンによってこうも違うとはビックリです-。また来てください。」
と、大いに喜ばれた次第。

申し添えておきますが、
写真の出来そのものは特別にスバラシイわけでもありません。
ツッコミどころ満載、自分としては反省点が多々あったのであります。


****************

3日ぶりにギターを弾いてみて様子を確認。
うーむ、着々と良い方向へ進んどる。
木が落ち着きどころに向かって動くのでありましょう。
2019_0617_08.jpg

上の写真 左のPacifica912Jの変貌ぶりが・・・ 華麗なるメタモルフォーゼ♪
脱皮でもしたかのような良い響きになってきました。 かなりのオドロキ。
まだ、「上がり」ではないと思います。
日々の変化が楽しみであります。




  1. 2019/06/18(火) 16:03:07|
  2. 撮影
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シナモン

某市の図書館は、併設されているカフェからシナモンの香りが漂うステキなところでありました。
我が家でもシナモンロール(?)が焼きあがったようです。 いい香りだ。


本も沢山ある。
2019_0612_03.jpg

殺人鬼、刑事、スパイとテロリストの小説ばっかりだ^^
2019_0612_02.jpg

**************

さて、明日から4日間はびっちり撮影だ。撮影するのは子供。
難易度の高い撮影ではありませんが、体力勝負です。
しんどいけど、楽しい撮影(であるはず)♪  子供たちの元気な笑顔は強力です。


しばしブログの更新は休むかも? デス^^





  1. 2019/06/12(水) 16:46:32|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちょっとハードな散歩

自宅周辺の散歩だけでは飽きるので車で20分ぐらいの大森町にやってきました。
ここから徒歩で。


延々と^^
2019_0609_02.jpg

坂道を歩くというのが今日の目的。
2019_0609_03.jpg

体育館やテニスコートがある運動公園エリアです。 小高い丘の上にあります。しんどい^^
2019_0609_04.jpg

いったん下まで降りると、道路を挟んだ向かい側にも広い公園がひろがっています。
ジジババがゲートボールで楽しんでますね。

よし、あの上まで登るべ。
2019_0609_05.jpg

天辺のタンクは街に水道水を供給するためのもの。
2019_0609_08.jpg


「走れるかな?・・・」 とっとっとっ と家内が走り出す。 やるねー。
2019_0609_06.jpg

水道タンクまで登りきって下界を見下ろす。 息が切れる、汗が吹き出す。
2019_0609_07.jpg

来た時とは別ルートで丘を降ります。
2019_0609_09.jpg

平地に降りました。
市街地を通り抜けると山下記念館・・・ あー そうか。
2019_0609_10.jpg

アラビア太郎さんですね。
2019_0609_11.jpg

いずれ下調べしてから来てみよう。歴史だ。

車での移動時間を含めない散歩時間は1時間50分ぐらいでした。
車を停めておいた役場に到着。
2019_0609_12.jpg

アップダウンがあるので、普段使わない筋肉を動かします。
疲れたけれども爽快であります。 腹減った^^

****************

う~ん 晩飯うまい♡
今日は6月9日、Rockの日なので 風呂で汗を流してから
BABYMETAL 2014年ロンドンLIVEで締め! といきましょうか♪
2019_0609_13.jpg

家内もつい最近、BABYMETALがどういうものであるのかを認識した模様。
”これは見たことがない、聴いたことがないモノだ、SU-METALの声が凄い!”  と。





  1. 2019/06/09(日) 19:46:48|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウェイトバッグの着脱

ありあわせの材料で工夫します。
太めのアルミ針金をライトスタンドの支柱に廻します。


ぐるりと
2019_0607B_02.jpg

ウェイトバッグの持ち手にアルミ針金を通します。
2019_0607B_03.jpg

ライトスタンドがひっくり返らないようにウェイトをかます作業でありますが、
ウェイトバッグが接地しているのでは、せっかくの重しが少しムダになりますね。
2019_0607B_05.jpg

スタンドの足にバッグを跨がせてみると、良い具合。
2019_0607B_06.jpg

クランプを使ってウェイトバッグを吊り下げても結果は大差ないのでありますが
2019_0607B_10.jpg
搬入→設営→撤去→搬出… 意外に手間取ったような記憶がありまして、
替わりにアルミ針金を利用する方法を試してみたところであります。

クランプと違って針金はユルユルと動きますから
2019_0607B_07.jpg

スタンドを畳んだり拡げたりの作業がやりやすい。
2019_0607B_08.jpg

上の写真のように準備しておいて、本日の現場に持ち込んだのであります。
T型ホルダーにクリップオン2灯立て、傘。  少人数の集合写真撮影でした。
設営・撤去が目論見どおりスムーズにできました。
”してやったり” ”ブログ用のネタができた” と気を良くして帰宅。
・・・
・・・
画像の始末をしながら…嗚呼、見落としに気づきました。
カメラの設定に関することなんですが、あまりに単純ミスなのでお恥ずかしい、書けません。

幸いにも致命傷ではないので、まあ その 広めの許容範囲内ということで・・・








  1. 2019/06/08(土) 00:34:26|
  2. 機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

熱中症予防

古いPCです。 毎年夏場に掃除してますが、たしか昨年はサボったはず。


ホコリがたまってます。これは前面の空気取り入れ口のファン。
2019_0604_02.jpg

CPUの放熱板にもホコリが。
2019_0604_03.jpg

屋外に持ち出し、エア・ダスターでホコリを吹き飛ばし。
2019_0604_04.jpg

電源部のホコリにもプシュー。
2019_0604_05.jpg

PC背面から抜いたケーブル類をこのようにまとめてラックに吊り下げておきました。
ラックの背面に落ちると面倒なことになりますので。
2019_0604_06.jpg

ケーブル類を差し込んで復旧。
2019_0604_07.jpg
電源をON・・・・・よし 起動した。異常なし♪

いや
忘れ物あり^^;)  ファンで吸い込んだ空気をCPUの放熱板に導くためのパーツ。
2019_0604_08.jpg

もう一度カバーを開けて組み込み… できました。
パソコンの熱中症予防であります。

もう一台も。
2019_0604_09.jpg




************************

人間の体も暑さに慣らしておいた方がいいです。経験則。
散歩にでました。
2019_0604_10.jpg

途中まで登りましたが熊が怖いので引き返し。やれやれ。
では、別の方向へ。少し勾配のあるところを歩くのが目的です。
2019_0604_11.jpg

ここは急な勾配。
2019_0604_12.jpg

登りきったところは裁判所の裏。
2019_0604_13.jpg

少し汗ばむ程度でしたが、空気が乾燥しているので気分よし。
一時間弱で帰宅。

晩飯うまい♪




  1. 2019/06/04(火) 22:44:15|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

余計なお世話

近所の駐車場に止めてある車。しょっちゅうガソリンタンクのフタが開いている。


危険なので通りすがりに閉めておいたことが何度かあります。
今日ここで車の持ち主と偶然に出会ったので、
時々フタが開いてるんだが、もしかしてユルいのか? と訊いてみました。

「あー そうだ。何しろ古い車だからな~」

---30年ぐらい前の車か?

「かもな。でもな、さすが戸世田、壊れないんだよ。値が上がらないかな~」

----そうかそうか^^

ってことで、うーむ、余計なお世話でありましたか。
ま、オッサンだからほっとけ。

****************

こちらは近所の事業所にお勤めの女性の車。
思い入れのある品(子供の作品)のようですが、
こんなところにぶら下げちゃーマズイんじゃないっすか? 視界をさえぎってますがな^^
2019_0603_02.jpg

昨今はこういうことを言うと”差別的発言” などと受け取られかねないのですが、
女性が運転する車には、こういうぶら下げモノが多いような気がします。
おやめになった方がいいとは思うのですが、
そう言ったところで
「ヒドイことを言われた」風に解釈されるリスクもあるわけで・・・。

余計なお世話だ。 やっぱり言わずにおこう。

ってなことを書くと
「そういう事なかれ主義、自分にはカンケーねー という身勝手な態度はいかがなものか?」
などと非難されるリスクが・・・

あー メンドクセー

単なる駄ブログにさえ こんなこと書くとマズイのだろうか?

もう寝る。



  1. 2019/06/04(火) 01:22:12|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Pacifica調整中

まずは赤Pacifica921、
ネックジョイントの内部にあるプレートをネックに固定するネジ穴を
リペアマンに補修してもらったのが10日ほど前。
補修直後は音が乱れておりましたが、24時間後にはほぼ復帰。
現在はヒジョーに良い状態になりました。


マイルドでバランスの良い響き、適度にシャープ。

入手時点でのヘボい響きを思い起こせば、まるで別物であります。
これで正常な状態に復帰したということでしょう。 このギターは「上がり」と判断していいでしょう。
ここまで来ればもう安心。 今後も小さい不具合は発生するだろうが、簡単に直せるはず。

*************************************

Pacifica912Jが2台ありまして、最近2台とも変調ぎみ。
本日ちょいと調整してみたのは左の方。
2019_0602_12.jpg

こいつも入手時から階段を上るように少しずつ鳴りが変化してきました。
安定してはおりましたが、クセのある音色。
アンプのトーンコントロール(BASS, MIDDLE, TREBLE)のTREBLEに相当する音域に嫌なクセがありました。
1-3弦の12~15フレット付近が気持ちよくない。
2019_0602_10.jpg

音色だけじゃなく、え~ 妙なコンプレッション感が。
コンプレッサーを通したような、アタック音が潰れたような^^
2019_0602_11.jpg

弾いていてあまり気持ち良くないので、手にとることが少ないギターでありました。
数日前、久しぶりに弾いてみたところ、妙なクセが薄らいでいるような印象を受けたので、
ここぞとばかりに追い込み調整開始。
当ブログに何度も書いている トラスロッドとネックを強制的に馴染ませる方法で。
・・・
・・・
うん うん うん いいかも? でも、まだわからんね これは。 まだ「上がり」じゃないね。
観察と調整を継続する。

***********************

青Pacifica912。 「J」が付かない912。 これまた入手時の状態はヒドイものでした.。外観の汚さも含めて。
音を言葉で表現するのは難しいのですが、一言で言うと「薄い音」。
ハイは出ている。しかしミドルのふくらみが足りなくてペラい。
2019_0602_09.jpg

本日、ネックの逆反りが判明。
2019_0602_02.jpg

ネックの逆反りを修正する場合、通常はトラスロッドをユルめますが、
長年にわたって放置されてきたギターなので、必要以上にロッドを動かしてやる作戦をとります。

トラスロッドをいったんグイグイと締めこんでから逆にユルユルに弛め、
2019_0602_01.jpg

ロッドを弛めただけではネックが戻らないので手ヂカラを加えます。
下の写真では
ネックを右手で下方へ押さえつつ、左手で持ち上げ方向(順反り方向)へ力を加えています。
2019_0602_04.jpg

あらためてジワーっとロッドを締めていきます。 僅かな順反りになるように弦の当たりを確認。
2019_0602_06.jpg

弦高をチェック。 6弦は2mm強、1弦は2mmジャストがワタクシの標準仕様
2019_0602_05.jpg
OK! 手慣れたもんよ♪

キッチリ締めこんでいたネックジョイントのビスを弛めてみる。
少~しだけ。
ダメ押し的に締めこんだ分を戻すような感じで。
2019_0602_08.jpg

弾いてみる。
・・・・うん うん よかよか♪ いい方へ向かっとるようだ。


穏やかな日曜日でした。



  1. 2019/06/02(日) 16:09:42|
  2. ギター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

pink

Author:pink
秋田県横手市 写真とギターと

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (113)
物撮り (352)
スナップ (194)
天然酵母パン (4)
ドライイーストのパン (5)
建築撮影 (1)
ハードウェア (2)
ロケ (34)
料理の撮影 (129)
機材 (158)
スタジオ・人物 (31)
マクロ (12)
実験・シミュレーション (77)
画像処理 (5)
音楽 (149)
本 (14)
ギター (136)
日記 (551)
工作 (43)
スポーツ (10)
オーディオ (28)
撮影 (36)
集合写真 (4)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR