パパフォト&ママパン

大晦日

今年いちばん印象に残ったのは9月20日BABYMETAL・東京ドームでのコンサートでした。
スガシカオ氏のコメント----「歴史に立ち会った気がする」 うmm、まったく同感であります。
この場に居合わせた感動は何物にも代えがたい。 私的音楽生活歴史上、最大の感動といっても過言ではありません。
過去にもいろいろコンサートは観ましたが、ちょっとBABYMETALは別次元。


力を合わせて一生懸命ガンバル。 
観客に喜ばれる。
よかったね、と笑顔を交わす。
2016_1231_02.jpg
達成感、幸福感を会場一体となって共有するBABYMETAL、いい仕事してますねー。

来年もメタリカの前座を皮切りに、もっと上へ、もっと大きくなるBABYMETAL、楽しみDEATH!

*********************************************

さてワタクシもある種の達成感。
大晦日の本日、古いスピーカーの修復作業がやっと終了。 
2016_1231_03.jpg

詳しくはあとで書きます。

***********************************************

拙いブログをたびたびご訪問いただきましてありがとうございました。
ではまた来年。
良いお年を。
See You♪


スポンサーサイト
  1. 2016/12/31(土) 20:55:03|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年末モード

私的10大ニュースでも書こうかと思いましたが
1~7位ぐらいまでBABYMETAL関連になるのでヤメました^^

ま、BABYMETALの出現はここ一年どころじゃなく
日本の芸能・音楽業界において過去最大級の出来事だと思っとります、ハイ。

************************************

で、世間は年末。 ワタクシも年末モード。
工作・・・というか修復作業にとりかかりました。 あとでまとめて書きます。

長時間ラッカーシンナーを使った。
寒気にめげず換気しながら作業したのですが・・・う う 気持ちワリー^^


明日も作業続行予定。


  1. 2016/12/28(水) 21:39:03|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プチ善意

ほーれほれほれ札束じゃーい。  って ぜーんぶ千円札なんですが^^


銀行の両替機で順番待ち。 ワタクシの前のオババが両替機の前でフリーズしとる。
何回もやりなおし、同じところでフリーズ・・・嗚呼。
こんなとき、正しくは行員を呼んで対応してもらうのがスジでありましょう。

うーむ、行員も忙しそうなのでワタクシが手を貸すことに。

------どーしたいのよ?
「三万円を全部 五千円札にしたいんじゃがの^^」

------OK,んだら これを押して最初からやり直し・・・ピピピのピ っと。
「ありがとさん♪」

などという一幕でありますた。
老人相手のナントカ詐欺と間違われても困るが、
えーい どうせ映像を記録されてるだろうしかまうもんか。 ワタクシの面は割れてるし。

年末のプチ善意であります。

*****************************

ホームセンターで工作材料を調達。
レジで精算後 おば お姉さんが「ちょちょちょっ」と呼び止める。

「あんのー、 その糸が気になるので・・・・」
ワタクシのダウンジャケットからピヨ~ンと出た糸をハサミで切ってくれた。
ありがとよ♪ プチ善意。
2016_1226_02.jpg

お互いにもっと若ければ
これをきっかけにナニゴトかが始まってもおかしくない場面。
しかしそんな年頃は疾うに過ぎ。

運命の黒い糸の痕跡。
2016_1226_03.jpg

50mmマクロで撮影。
ライブビューでマニュアルフォーカス。目視ピント合わせのためにLEDライトで照らす。
2016_1226_04.jpg



  1. 2016/12/26(月) 18:53:52|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハンコ復活

ハンコのインクを補充しても印字がかすれる。
掃除してみる。
ローパス・フィルターをクリーニングするための液体・・・臭いからしてたぶんエタノールであろう。


2016_1225_03.jpg
しばらく放置したら復活、きれいに押せるようになった。

と思ったら
うーむ・・・印面のゴムが劣化してボロくなっている模様。 寿命だな^^

2016_1225_04.jpg

本日到着したのは加湿器のフィルター。
2016_1225_05.jpg




  1. 2016/12/25(日) 22:18:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

年末モード

弟が「ハイエース借りてゴミ出し中。ついでにどうよ?」という。
年末モードですな。

では、これなんぞを。
いつの間にか溜まってしまうケーブル類。

その他、ギターの弦、蛍光灯 火鉢、襖、毛布 etc
なんでもかんでも車にブチこんで市のゴミ処理場へ。 
2016_1224_05.jpg

新しい施設なので快適である。
2016_1224_04.jpg

こんな物があった^^
2016_1224_06.jpg
リニア・フェイズ って  懐かしい。
そういう設計思想にワクワクしたもんでありました。

テクニクスのスピーカー、1978年ごろの製品です。
2016_1224_07.jpg
こ これは 貰っていっちゃおうかなー・・・などと10秒ほど悩みましたけど^^

***************************

年末といえば年賀状。
ワタクシ、年賀状はいつもひとヒネリするもんで、アイディアが出るまで生みの苦しみを味わうのです。
「楽しみにしてる」と よく言われるワケでありまして
毎年頑張って作った結果、自らハードルを上げてしまったのであります。

で、絵柄の中に自分も登場させるので自撮りします。
今回はメガネをかけます。 そしてメガネには光が反射している状態が望ましい。
ダミーを使ってセッティング。

何度もやり直し^^
2016_1224_01.jpg

あるカメラマンのブログからヒントを得ました。
被写体の手前、床に置いた白レフに向けてストロボ光を照射。
メガネに「白」を写り込ませます。
2016_1224_02.jpg
実際は、ダミーと同じ位置にワタクシ自身が立って
何度も何度も撮りなおし。 10秒タイマーで一人作業^^

で、それをネタに画像を合成したりしてやっと年賀状が完成! パチパチ やれやれ!
毎年けっこうなプレッシャーなのであります。 ここを乗り切らないと年が越せない。



  1. 2016/12/24(土) 23:36:56|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BABYMETAL/レッチリ・ツアーの最終日を振り返って

レッチリのドラマー、チャドのパワーがスゲーとの書き込みが多いですね。
以前にも当ブログでご紹介しましたが、チャドの映像を再び掲載。

楽器見本市のようなNAMMというやつがありまして、
レッド・ツェッペリンのドラマー、故ジョン・ボーナムにちなんだイベント、ボンゾ・バッシュ。
ボンゾのようにドラムをブッ叩く。
いろんなドラマーが登場してツェッペリンの曲を演奏します。

2011年、チャドが名曲アキレスをブッ叩いてます。
クリック→チャドがブチかます

ギターのイントロが始まっているのに余裕でハイハットの開き具合を調整するチャド。


まあとくとご覧あれ。爽快痛快であります。

途中でスティックが折れます。下の画像は折れたスティックを放り投げた瞬間。
2016_1221_02.jpg
叩ききったあとのドヤ顔がいいっすねー。
やっぱりこの手のロックは白人の大男が似合う。

神バンドの青山神を例えるならば、燃料噴射コンピューター制御の精妙な日本車。横滑り防止機能付き。
対してチャドは大排気量のアメ車のようでありますね。

BABYMETALと一緒に演奏したとき、チャドは二曲目の頭でモタつきましたが強引に押し切りました。
普段のBABYMETALはバックトラックのクリックに合わせて演奏しているのでありえないこと。
久しぶりに「本生」を聴きました^^

蛇足ながら
モニターから聴こえるクリック音に合わせるのはヒジョーに難しい。
普通のアマチュアは出来ないと思います。

*******************************************

それにしてもチャドは体がデカイ!
2016_1221_03.jpg
気が付いたことを少々。
●プロの動画カメラが入ってますねー。 いずれ公開されるんでしょうか? 気になる気になる。
●画面右側にマイクが2本、客席の方を向いてます。 観客の歓声を収録するためかしらん?
●ニットキャップのスタッフがドラムセットの脇に控えています。
 チャドが歌う前にマイクをチャドの顔付近に押し出す場面が別の動画に収められていました。
2016_1221_04.jpg

歌い終わったチャドは左手でマイクを払いのけます。そこもまたカッコ良い^^

ギターのLEDA神のギターはケーブルで接続されているようです。
うーむ、やっぱりワイヤレスは不安定なのでしょう。
広いステージを走り回る必要が無ければ、ワイヤードの方が安心ですね。

***************************************************

そして、例のバースデー・ケーキのサプライズ。
2016_1221_05.jpg

火を吹き消すようチャドに促されてたSU-METAL

HA=======っと 大きく息を吸ってーーーーー ふーっっ!
まるで小学生のようだ♡
2016_1221_06.jpg

憑依型の天才、メタル・クイーン。 このギャップがスゴイ♡
あー ベースのBOH神もケーブル接続ですね。
2016_1221_07.jpg

急激に痩せたように見えるSUちゃん、年末年始はたくさん食べてゆっくり休んでください。

そうもしてられないか。
1月11日、韓国ソウルで メタリカの前座だ。晴れ舞台だ。
韓国っちゅうことに あーだこーだ やめろ 危険 などという意見も飛び交ってますが、
ワタクシ思うに、韓国でもBABYMETALは歓迎されると思うぞ。
アジア制覇のためのテストケースだ。
そのままメタリカに帯同して北京でもやっちゃえやっちゃえ!

むむmm 冬の北京は空気が悪いか? 
いかんいかん、大事な喉を傷めてはイカン。 やっぱりゆっくり休んでください。



  1. 2016/12/22(木) 00:07:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SU-METAL 19歳

1997年 広島生まれ、お好み焼きが好きな すず香ちゃん。 この写真は10代前半のころでしょうか?


もしもこの時点で占い師を呼んで、すず香ちゃんの将来を透視してもらったら
・・・
「うーん、水晶玉の中に・・・メタル? 金属がどうかしたんでしょうか? 
 あ、見えます見えます。 お化けみたいな男たちが。気持ち悪ー。」
2016_1220_02.jpg

「ひときわ大きなお化け男が目立ちますね。 おー、ローソクの炎も。」
2016_1220_03.jpg

「場所はロンドンのようです。大勢の人がいます。
 すず香ちゃんは黒い服を着てますね。両脇に少し小さな女の子たちがいます。同じ服装です。」
2016_1220_04.jpg
「どうやら、すず香ちゃん19歳の誕生日の場面のようです。」

・・・
・・・

いやはや
いったいこの場面を予想できた人がいるんでしょうか?
BABYMETAL生みの親のKOBAさんとて無理だったはず。
「海外での反響は予想を超えるものだった」と発言されてますから。

世界中のBABYMETALファンに先駆けて
レッチリのチャドさんがバースデイ・サプライズを演出してくれました。

あわだまフィーバーの歌詞に
---秘密の部屋 開けてみたら どこにだって行けるよ

ってのがありますね。
BABYMETALは次々に秘密のドアを開け、次々に大きな空間へ躍り出ていくようです。
今回は、チャドさんが大部屋のドアを内側から開けてくれたんですね。
お前たちは身内だ、と。

********************************

ここ数年、ロック・レジェンドたちが相次いでこの世を去った。
最近ではデビッド・ボウイ。 そしてELPのグレッグ・レイク(クリムゾン初期のメンバーでもある)。
残念なことではあるが自然の摂理。

もう次世代がロックシーンを切り開いていく番だ。

その先頭に立つBABYMETAL。
世界がBABYMETALを待っている。SU-METALの光を放つような歌声を待っている。
天才、怪物、メタルクイーン・・・一部のマニアックなファンが大騒ぎしているだけではない。
中元すず香は本物中の本物だ。 既存の誰とも比較できないオンリーワンの声。
それが分かっているから音楽業界の超大物たちがバックアップしてくれている。

行け、BABYMETAL !

SU-METAL/中元すず香さん、輝ける19歳の誕生日おめでとうございます。




  1. 2016/12/20(火) 17:25:27|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BABYMETAL/ チャドメタル

ツアー最終日の前日、レッチリのドラマー、チャド・スミスさんが自身のツイッターで

「ロンドンよ、俺たちとBABYMETALのショウ最終日だ。早めに来いよ。
 新メンバーがみられる・・・かもね^^」

なにやら仄めかしてますねー。
ははーmmm
おそらく白塗りで登場して「ハッピーバースデイ、SU-METAL!」 なんて言うんだろう。

****************

さて一夜明け、動画がUPされ始めた、
!!!!!
チャドがドラム叩いてる!?
なななななn
クリックして動画へ→チャド・メタル

曲はアレだ。ロブ爺とコラボしたやつ。 ジューダス・プリーストの曲。
2016_1219_02.jpg


2016_1219_03.jpg

チャドと青山がハイタッチ→ハグ♡
チャドは身長190cmぐらい。デカイ! ドラムセットが小さく見える。
2016_1219_04.jpg


あービックリした。

SU-METALが観客に向かって「楽しんでくれたかなー?」と言った直後、
2016_1219_05.jpg
各人の表情がサイコーだ。

-----こいつらが大好きだ。 アメイジングでビューティフルでワンダフルな才能ある連中を憶えといてくれ。
    明日はSU-METALの誕生日だ。 ハッピーバースデイを歌えるよなっ!

チャドさんの心温まるメッセージ
ロンドン O2アリーナが大合唱・・・嗚呼。
Happy birthday SU-METAL♪ 
2016_1219_06.jpg

いやはや、今回 ”斜め上”サプライズを演出してくれたのはチャドさんでした。男前っ!

バンド経験者ならご存知と思いますが、ドラムはセッティングに時間がかかる楽器です。
チャドは事前に「青山セッティング」のままで叩いてみて感触をつかんでおいたのだと推測します。
いろいろとドラマー同士のコミュニケーションがあったことでしょう。
2016_1219_08.jpg
普段はワンバス・セットのチャドさん、
今回はツーバス連打ドコドコやってるように聴こえます。さすが歴戦のツワモノ。

対する神バンドも一流。 最小限のリハーサルで本番に臨んだのでしょう。

ほんとに「新メンバー」になっちまってる^^
2016_1219_09.jpg

コンサートの主役である大物が、
前座バンドにここまでリスペクトを表明するのは異例中の異例なのではないでしょうか?
ギターのジョシュはステージでベビTを着用したり ベースのフリーはキツネのお面をつけたり。
ビジネスを超えた友情・愛情・敬意・仲間意識すら感じられます。

参加したサウンド・エンジニア氏(日本人)もツイッターで
「ツアーを通じてアーティストもスタッフも全員とても仲良くなった」 なんて書いてました。

*************************************

さて こちらの新メンバー(?)の現在の状況。
下から見あげるとどのように見えるか検証。 うーmmmmm^^
2016_1219_10.jpg

いつもどおりのヤッツケ仕事なので予想どおり、予想外に重くなってしまった。
取り付け方法(の構造)を考えねば。
2016_1219_11.jpg
いや、
”構造”を考えると、さらに重量が増すのは目に見えている。
キーワードは「簡略化」

See You!






  1. 2016/12/19(月) 19:43:18|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

整形

連日のように「ぼんでん」製作DEATH。
スレーブ・ストロボを棒に括り付けました。スタンドを持ち込むまでもない。現場対応。


上に発泡スチロールの板があるので、そこにバウンス。
2016_1216_02.jpg

途中まで作った「お面」。
紙に書いた下書きから目分量で作り起こしたもんで、立体としてはなんかヘン。
いかにも「お面」ではなく、もうちょっとリアルに作りたいのだ。
ここが気に入らん。
2016_1216_03.jpg

マーキングして・・・
2016_1216_04.jpg

整形する。
あ 申し遅れました。ワタクシ名前を”高須” と申します。 
ま、だいたい人間の顔なんて大差なくて、要は骨格ですな。
ガイコツを思い浮かべると、上手くいく場合が多いですね。 
余分なところはゴリゴリと削っちまえばいいのです。簡単カンタン^^
2016_1216_05.jpg

いやはや、乾燥した紙粘土を切削すると手が粉だらけだ。石膏の粉末と似た感じ。
2016_1216_06.jpg

手が粉だらけ接着剤だらけなので撮影は一時中断。

相棒も着々と作業を進める。
2016_1216_08.jpg

切った部分はスチロールがむき出しなので、網を貼り付け
ストーブの上に吊るしてしばし乾燥させる。

うむ、まあ、改善しましたな。
2016_1216_07.jpg

実はBABYMETALのYUIちゃんの写真をジーっと観察して 本日の作業計画を練っていたのであります。
綺麗なアゴのラインと鼻筋。 人の顔は無表情なときと笑ったときではどのように変化するのか? 
2016_1216_10.jpg

****************************

本格的な冬が到来。
2016_1216_09.jpg


  1. 2016/12/16(金) 23:54:44|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BABYMETAL/覚悟

BABYMETAL、バーミンガムでのKARATEに 全部全部 持って行かれてしまいましたわ^^
この気魄、参りましたっ。



中元すず香の奇跡をたどる・・・
「広島のすぅちゃん」 というブログがありまして、ワタクシしょっちゅう拝見しております。
そのブログ主が、なんとバーミンガム(米式発音はバーミングハム)へ行ってきたと、あらウラヤマシイ。

「広島のすぅちゃん」
2016_1215_08.jpg

ベビメタ愛にあふれたブログです、ぜひご一読を。
やっぱりKARATEがすごかったそうですよん♡

***************************************

今回のレッチリ・ツアーは
レッチリのメンバーに愛されるBABYMETALのようすがまことに微笑ましい。。
とくにドラムのチャドさん。(左のニット帽) 
2016_1215_03.jpg

BABYMETALの出番では、毎回ステージ脇で見守っているようです。

***********************************

さて今朝 PCを起動、マンチェスターでのコンサートはどうだった?
情報は上がってるかチェック。
!!!
なんと!!!
レッチリのステージでBABYMETALがピョンピョン飛び跳ねている!
2016_1215_01.jpg

ああああ なんちゅう絵柄だ。

筋肉バンドのステージ上でヤマトナデシコがニコニコ笑ってる♡
YUIちゃん、なにか開放されたような柔らかい表情ですね。 
2016_1215_04.jpg
やっぱり普段のBABYMETALは相当に過酷なことをやっているのでしょう。

せーのっ!
2016_1215_02.jpg

ツアー初日のステージに登場したレッチリの えー誰だ、フリーさんですか
「BABYMETAL ---Lovable・愛らしい、真のプロフェッショナル、一緒にやるために来てくれた、敬意を表する」
とステージ上で発言してましたが

うーむ 実に愛らしい。 つい最近まで、YUIちゃん赤ちゃん・・・なんていわれてたのに美人さんですね。
2016_1215_05.jpg
この脚! まさにLovable♡  レッチリの面々と同じステージ上で。 笑うしかない光景でありますね。

ツアー最終日はレッチリがステージで
「Happy Birthday SUZUKA♪」 なんて言うのかもね。 もしかしてね。

************************************

ぼんでん製作進行中。
網を張り付けたのは、紙粘土を食い付かせるため。
BOHさんの頭?
2016_1215_06.jpg

2016_1215_07.jpg
紙粘土をいっぺんに厚く塗ると乾きにくいし、変形したりするので
最初は薄く、さらりと。 ただいま乾燥中。


  1. 2016/12/15(木) 23:28:45|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

心折られても

レッチリのドラマー、チャドさんはBABYMETALがいたく気に入ったようで最前かぶりつき。

チャド・スミスさんは
ワタクシと同じくジョン・ボーナム(ツェッペリンのドラマー)が大好きということもあって親近感。
おまけに生まれ年が同じ1961年^^ 


涙こぼれてもー
こんなふうに美しくパワフルに行きたいですね^^
2016_1214_01.jpg

**********************************

さて本日はソーセージを撮影。火を通して撮影せよ・・・というミッション。
当家の給食担当大臣の予測通り、皮が破けましたっ!
2016_1214_03.jpg

♪皮がやーぶーれーてーもー  立ち向かって行こうぜー

・・・

撮影終了、撤去していたら 白デコラ板に亀裂を発見 嗚呼。
2016_1214_04.jpg

あー
かなり柔軟性のある素材なれど、衝撃には弱い。割れる。
なんのこれしき日常茶飯事。 セメダイン・スーパーXで接着、クランプで圧着する。
2016_1214_05.jpg

♪デコラこーわーれーてーもー 立ち向かって行こうぜー

***************

夜、ぼんでん製作小屋へ。
ラジオからいきなりギミチョコが流れ出した。テンション上がる。

2016_1214_08.jpg

2016_1214_06.jpg

KARATE・・・敵を倒すのではない。 己との闘い。殻を破るのだ。
2016_1214_09.jpg

ぼんでん作業小屋は夜の間に氷点下に下がっちゃったりするので
工作途中のブツを家に持ち帰って乾燥中。
2016_1214_07.jpg

さて予報によればこれから天気は荒れ始める。
セイヤソイヤ戦うんだ。




  1. 2016/12/14(水) 23:01:59|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BABYMETAL/バーミンガムでのKARATEが凄すぎて

このライブでのKARATEは凄すぎて何と言っていいのかわからない。

KARATE バーミンガム


三人揃ってのキック。 完全にシンクロしていないのがオモシロイ。
それぞれの個性が垣間見える。
2016_1213_02.jpg

しかもSU-METALは歌いながらキック!
2016_1213_03.jpg

中間部の倒れ込むところのアクションも素晴らしい。
SU-METALは手足が長いうえに動きが大きい。ダイナミックである。
公式DVD/BDでは、魅力的な場面がブツ切りになっている箇所が多すぎてヒジョーに不愉快である。 
KOBAさんよ、もう買わんぞ  ・・・・いや たぶん買う^^
2016_1213_04.jpg

今回、大物レッチリの前座ということで気合が入ったのでしょうか。
いや、いつも「いつも以上の」BABYMETAL。 日々進化、進歩し続ける。

「How're you feelin' tonight?」 英語がサマになってきたSUちゃん。
2016_1213_05.jpg

「How're you feeling' tonight, BIRMINGHAM?」
“決意”のようなものさえ感じさせる表情。
チャラいキワ物のダンス・ユニットではないことが観客に伝わったことと思う。
2016_1213_06.jpg

Put your hands in the air !!
レッチリのファンで満杯のアリーナに向かって「手を上に揚げろっ!」
クソ度胸、自信に満ちたかっこよすぎる18歳のヤマトナデシコ。 惚れました♡

このあとの「WOW WOW ~」 と観客に歌えと促す「Your turn(あんた達の番だ)」 発音がキレイだ。

SU-METAL/中元すず香は大真面目な努力のヒトでありましょう。
ここは堅苦しくならないように、もう一人の天才が力を発揮する場面。
MOAは花のようだ。
2016_1213_07.jpg

みんなで歌おうとアピールするMOA。
右の拳をあげ、左手は開いている。 言葉以上に雄弁だ。
2016_1213_08.jpg
ジョン・レノンが名曲「イマジン」 一曲を費やして歌ったことを
MOAはほんの数秒で、しかも言葉を使わずに表現してしまっているように思える。
MOAちゃんよ、君の笑顔は太陽のようだ。 顔に「Nice to meet you♡」って書いてある。

しかもロケット付き!
2016_1213_09.jpg

SU-METALの歌声にシビレる。
Everybody Jump! と観客をあおったあと、続けて「ひたすらセイヤソイヤ戦うんだ・・・」と歌う場面。

”Jump” と ”ひたすら” の間が無い。 
Jump の p も発音しているので 「じゃーんぷひたすらせいやそいや・・・」のように聴こえませんか?
つまり、大声で「Everybody Jump」って言ったあと息継ぎしてない?! マジすか?
しかもピョンピョン跳ねながら歌ってるし、、、えー? 肺がもう一袋あるのか?

今日は
このバーミンガムでのKARATE動画で4回ほど撃沈しました^^

「BYBYMETALを観てると ”俺も何かしなくちゃ” って思う」 
というコメントを投稿したファンがいました。

最後の「はーしーれーっ!」がアリーナを貫通する。 
2016_1213_10.jpg

そうだな、何かしなくちゃ。 走らなくちゃ。





  1. 2016/12/13(火) 23:30:29|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

斜め下

一夜あけて晴れ。雪の始末に追われる。


二日間降っただけなのに、あちこちに雪の山が出現。
横手市は豪雪地帯であります。自慢できることでもないが^^
2016_1212_02.jpg

さてBABYMETALはイギリスでレッチリの前座で奮闘中。
まだ知名度がさほどではないので客の反応は
冷ややか、ビックリ、想像とちがってスバラシイ・・・さまざまなようです。


しかしこの「KARATE」のSUちゃんはすごいね。
歌詞の通り "全部研ぎ澄まして" いる感じだ。 感服する。
目つきがタダゴトではない。
BABYMETAL/KARATE バーミンガム

この気魄、真剣さ、情熱・・・
外国人にも「何か」が伝わるはずだ。ゼッタイそうだ。
肉眼でこのパフォーマンスを目の当たりにしたら、なにも感じないわけがない。
2016_1212_09.jpg
アリーナに響き渡るSU-METALの声は光を発している。 輝いている。


異色のアイドル? マガイモノ?
アホか!
もはや求道者の風格さえ漂う、SU-METAL/中元すず香。
2016_1212_10.jpg
BABYMETALの戦いぶりについては、書きたいことが多すぎてうまくまとめられない。
いつも通り Amazing!  そして いつも大方の予想の斜め上を行く。
BABYMETAL、どんどん行っちゃってくれ!

*************************************

いつも予想通りであれば御の字の当方は?

本日 ある物体を撮影。
2016_1212_03.jpg

と  こ  ろ  が 
予想の斜め下をいく事態が判明! あらーっ^^

よかろう、小さいコトだ。 リカバーするわい。

**********************************

もうひとつ
2016_1212_04.jpg

これは仕事とは関係ないが、ある程度は下向きを想定していたものの・・・
妙な角度の大幅に下向きな結果が待ってましたっ! (やや オオゴトDEATH)
くわしくは後々 いつか書きます。

**********************************

夜、ぼんでん製作小屋へ。
これはワタクシが担当する「顔」の土台。 今日はこれに追加工作する。
図面? 3Dデータ? 無い無い。 ぜんぶ目分量、いきあたりばったりアナログ作業。
2016_1212_05.jpg

材料費の清算に見せかけたヤミの取引。 文春に言うぞ。
2016_1212_06.jpg

昭和の名工、自分の作業結果にご満悦。
2016_1212_07.jpg

本日の工作おわり。
笑ってるように見えるかね?
2016_1212_08.jpg

斜め上へ向かって
笑顔でセイヤソイヤ!


  1. 2016/12/12(月) 22:49:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初滑り

今シーズンの初滑りは岩手県の夏油(げとう)スキー場。
数日で一気に降り積もったようでパウダースノーが快適♪
スノーボーダーのほうが多い。 ゲレンデの真ん中で集団で座り込むのでジャマでしかたがない。
コース脇によけて一休みするという考えがそもそも無いように見える。
ヒジョーに危険、重大事故の原因にもなり得るので、なんとかご注意をお願いシマス。 

まだ全コースがオープンではありませんでしたが初滑りなので充分に満喫。


で、まあ、わかっちゃいたのだがこのカメラ。
防水性能はいいとして・・・電池が非力すぎる。 冷え切るとほとんど撮影できない。
このサイズだから仕方ないか。
2016_1211_03.jpg

帰る間際にパチパチ・・・数枚でダウン。 あー、レンズが曇ったか。
2016_1211_02.jpg
カイロなどで温めておいて使うしかないんだろうねー。

帰宅。 雪が・・・!
これは近所の駐車場に土日の二日間停めてあった車。
2016_1211_04.jpg

やれやれ、家の前も雪でテンコ盛りだ。
明日はしんどいぞっ。





  1. 2016/12/11(日) 22:46:11|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ポジティブ

スコットランドでもいつもと変わらず元気なBABYMETAL、スバラシイ。


真面目、情熱、真摯な姿勢、ライブステージでの彼女たちの姿にはウソが無い。
アウェイでの冷ややかな反応にもひるまずメゲず、全力パフォーマンス。 涙出るわい^^

はじめてBABYMETALを観たヒトビトは
既存の価値観にないものに驚愕、どう反応していいのかわからないのだ・・という説も。
ただただビックリして反応できないのだ。
うーmm、そうかもしれない。 観客からブーイング無し、ステージにモノが投げ込まれてもいないようだ。

きっと常人には及びもつかない努力を積み重ねているはずだ。
難題を乗り越えていくことに喜びを感じているようにも見受けられる。
そう、ポジティブなのだ。
負けるなBABYMETAL。 

ガガ、レッチリ、ガンズ、そしてメタリカ、超大物たちにこんなに愛されているバンドは他にない。
東京ドームのコンサートを観たスガシカオ氏は「歴史に立ち会ったような気がする」 と発言してる。
がんばれBABYMETAL。

*************************************

南洋パラオに滞在中の知人から絵葉書が届いた。
こちらは人もうらやむ悠々自適の身分。 今回は3か月ぐらい滞在するんじゃないかな。
この人物ほどポジティブに遊ぶひとも珍しい。
2016_1210_02.jpg

まー、みなさん  もし退職後にカネとヒマがたっぷりあったらどうします?
モノを買う、飲み食い、カネを使って得られる娯楽なんかすぐに飽きますよね。(たぶん)
ポジティブに遊ぶのがイチバンなんじゃないでしょうか?

くだんのパラオ氏は、「こうだったらいいなー」ということを実現するべく遊んでます。

**************************************

よーし  では、ワタクシも
遊ぶための道具をメンテナンス^^
2016_1210_03.jpg

ペースト状のガリウム・ワックスをスリスリ。
2016_1210_04.jpg

エッジにキズがある。 
深いキズは修復できないものの、ササクレ状のところを紙ヤスリで磨いておく。
2016_1210_05.jpg

息子も自分の道具は自分で面倒を見る。
2016_1210_06.jpg


冬本番、始まりっ。




  1. 2016/12/10(土) 17:43:11|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぼんでん準備開始

さて冬の行事の準備開始であります。
火の無い作業場に到着したので、まずはストーブに点火。
来る途中でチャッカマンを買ってきた。 アナログ感がなごむ。


いいね。
2016_1209_02.jpg

なにかしら音がないとさびしいので、うー 電源はどこ?  老眼で見えないし^^
2016_1209_03.jpg

これは1988年ごろのラジカセ。 バブル期の・・・という含みで「バブカセ」というらしい。
パナソニックのDT80。 うーmm 時代を感じる。
2016_1209_04.jpg

寝られなくなると困るのでコーヒーは^^  ウーロン茶にしておこう。
2016_1209_08.jpg

今日のシゴトは
「ぼんでん今年もやります。 つきましてはご協力を懇願^^」 
同級生あての文書送付、袋詰めでありました。
2016_1209_06.jpg

なんなく終了。あとは世間の四方山バナシ。
2016_1209_07.jpg

*********************************

なになに、芸能人が白い粉末を吸ったの吸わぬの
芸能界を辞めるのどうの、大騒ぎ。 ふーん。 ワイドショー屋さんが大喜びでありましょう。


ツイッターのオモシロ投稿から おひとつどうぞ。
2016_1209_09.jpg

もういっちょ、オマケだっ。
2016_1209_10.jpg

世界はオドロキに満ちている♪


  1. 2016/12/09(金) 22:28:25|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

BABYMETAL メタリカと!

メタリカの公式ツイート発信。
こ これはっ
・・・
 


どどーん、マジすかっ!
韓国はソウルでのメタリカのライブにBABYMETALがスペシャル・ゲストとして出演。
2016_1208_01.jpg

いやー、ワタクシの予想ではもっと後、
YUI & MOAが高校を卒業してからだと思っておりました。
あいかわらずファンの予想の斜め上を行くBABYMETAL。 快挙・快進撃が止まらない。


有名なこの写真、撮影されたのは2013年。
BABYMETALの情報をいち早くキャッチしたメタリカ側から接触してきたのだというからビックリだ。
2016_1208_03.jpg

いやはや^^

ファンの投稿コメントのなかには
「韓国かー・・・・」 と懸念を表明している方も散見されます。
しかーし
反日、嫌韓・・・そんなことはどうでもいいのだ。

かつてヨン様が大人気だったころ、日本からオバチャマたちが大挙して韓国へ渡ったこともあった。
現在の日本ではK-POPのボーイズ・グループのコンサートがかなりの集客実績をあげているようだ。

BABYMETALの使命は「メタルの力で世界を一つに・・・The One」。

インドネシアの少女はボロボロのギターでBABYMETALの代表曲AKATSUKIを弾く。
2016_1208_05.jpg

アメリカでは11歳の誕生日にBABYMETALケーキをプレゼントされた少女が オーマイガッ!
「My dream has come true~!」 
2016_1208_04.jpg

BABYMETALは、いずれアジア全域に展開すると予想します。
シンガポールには既にファン・ベースがあるはず。

中国やロシアに向けても可能性はあると思う。
国どうしの「友好」のために利用されるのはいかがなものか? とも思いますが。

アメリカではワーナー・ブラザースがベビメタ・アニメを製作中。
面白すぎる。夢すぎる。 前代未聞サプライズが次々と。
紅白歌合戦なんかに出演しているヒマは無い。


    KARATE--------------♪涙こぼれても立ち向かって行こうぜ

    Road Of Resistance --------♪進め 道なき道でも  燃える熱いハート 僕らのResistance


BABYMETALとはアイドル? メタル?  
いーや 大河ドラマのタイトルだよー。 フィクションを現実化していくのだ。


今日は朝から感動しちまったぜ!






  1. 2016/12/08(木) 16:59:40|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BABYMETAL/レッチリ・ツアー初日

レッチリの英ツアーがキックオフ!

まだ若かったころの映像を見つけました。


画面右上に EUROPE2 TV って書いてますが、これテレビで放送したんでしょーか?
「Fire」はジミヘンの曲ですね。
2016_1206_02.jpg

メンバーチェンジがあったので現在はやや気配が違うのですが、
まあこのような体質は大きくは変わっていないでしょう。
ワタクシは「白人筋肉ファンク・ロックバンド」と認識してます♪

その
前座ステージに
東洋の可憐な花のような少女たちが登場。
♪あわだまポンポン♡
2016_1206_03.jpg
いやー、こういう状況を誰が想像できたでしょう。 面白すぎる^^

ファンカム動画が上がってきてますね。ありがたや。
KARATE

2016_1206_04.jpg

うーmmmmmmm 強いっ!
この声、絶好調ではないか。

強力なライトを浴び・・・
2016_1206_05.jpg

それを声に変換し客席に跳ね返したかのようなパワー。
最後の「はー しー れー」がスゴイねー。
公式MVにあるこの場面ね。声の力で空間をゆがませるかのようなSU-METAL。
2016_1206_06.jpg

ほんとに彼女たちはライブに強い。 フツーのロック・バンドはもはや太刀打ちできん領域。

初見の観客は、どう判断・反応すればいいのか戸惑ったのだろう。
筋肉赤トウガラシを観に来たのにスカート履いた女の子にチョコレートって言われてもねー、
どうすりゃいいんだ・・・みたいに。

しかし、
BABYMETALに衝撃を受けた観客が確実にいるはずで、SNSその他で知人・友人に言いふらすはず。 
BABYMETALスゲーぞ! と。  あの声を聴いて何も感じないわけがない。
ツアー後半に向かってBABYMETALを観ようと早めに会場入りする観客が増えてくるに違いない。

がんばれBABYMETAL。


  1. 2016/12/06(火) 21:54:59|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BABYMETALとスピーカー

ワタクシが急遽スピーカーを調達したのはBABYMETALのウェンブリー・ライブDVDを観るためDEATH。
間に合わせに使っていた10cmウーハーから13cmウーハーにグレードアップ。

ま、箱庭的にDVD鑑賞するにはこれで充分。低音が足りんといえば、そりゃそうだ。
小口径ウーハーと軽い箱がパコパコ鳴ってる。 ズシンドシン!なんて音が出るワケがない。

しかし、これにサブウーハーを追加するという発想はワタクシには無い。
ウソ臭さが上乗せされるだけだろうと判断する。 
スペースに限界があることだし。脳内イコライザーを機能させればOKさ。 
つまり「慣れる」ってことですけど。

*********************************

一部ベビメタファンの行動にはある種のパターンがあるようで、
急いで環境構築している方々がちらほら見受けられます。


あるファンの場合・・・
ウェンブリー・ライブDVD(またはBD)に感動。
PC画面サイズでは物足りなくなって居間のTVで視聴。 感涙にむせぶ。
しかし、大画面の美しい映像に比してTVセットの音の貧弱さにガマンならず、
オーディオ・システムをバラしてスピーカーをTVに接続。
爆音でふたたびウェンブリー・ライブを視聴→涙腺崩壊・この世の天国♡

むふふ、わかるわかる。

BABYMETALのためにホームシアターにBOSEの音響システムを組んだ
というお金持ちも居ましたねー。 イヤミですねー^^  ウラヤマシイですねー。

ま、程度の差はあれ、
あまりに見事なBABYMETALのパフォーマンスをチープな画像・音響で鑑賞するのはもったいないのです。

***************************************

何度もブログに書いてますが、
ワタクシも音楽好きなもんで、ヤフオクで大口径ウーハーのスピーカーを手に入れて楽しんどります。
とにかくね、低音域の絶対量がキモ。 ウーハーと箱の大きさが必要なのです。ワタクシの嗜好には。
2016_1205_05.jpg
上のスピーカーはいずれも1977年ごろの製品。 左30cm 右38cmウーハー。

ビンテージものを収集するのが目的ではありません。
現行製品で適度な大きさと価格のスピーカーが無いのです。

くわしく調べてはいませんが、30cmウーハーの製品はONKYOに何種かあるけど値段が高い!
ヤマハが今年発表した30cmウーハーのスピーカー、[NS-5000] に至っては2本セットで162万円。
ひゃく  ろくじゅう  に  万円 !!!
いくら消費の二極化という時代背景があるにしろ極端すぎる。 メーカーの姿勢には疑問を感じる。

ちゃんとした音で聴きたい人は、おのずと中古・ビンテージを調達する方向へ向かう。
ネットで探せばそのスジの方々がたくさん居て、面白いっすよー。
最近発見したあるブログ。
1970年代スピーカー、ウーハーのエッジが硬化していたので修復した、と。

(以下、ブログ主に許可を得ていないのでボカします。
よけいな手間をかけては申し訳ない・・・ということで無断転載です。お許しを。)

カチコチだったウーハーのエッジをこのように軟化、復活させたという。 お見事。
2016_1205_02.jpg

周波数特性を測定、、、、むむむマニアック!
2016_1205_03.jpg

実際に聴いた音も低音が復活して最高、大満足ということでした。
何を聴いてるんですか?

これDEATH!
2016_1205_04.jpg

ブログ主いわく
「BABYMETAL、これは最高だ。邪悪な音の洪水だ。だがちゃんとしたシステムで聴くとその洪水が素晴らしい。
ミニコンポなんかで聴いたら音が団子になって混変調歪みで聴いてられんのではないだろうか?」

わはは、同感。

*****************************

もうひとり。 建築設計士のROBERTOHOUSEさん。
カメラ関係で検索してたどりついたブログですが、音楽好きオーディオ・マニアでもありました。
オーディオ・マニアには、重箱の隅の裏側を虫眼鏡で観察するような連中もいるけれども
この方は全然違う。 知識豊富、センス良し。

ワタクシ、あこがれの眼差しで見てしまいました。
2009年、2010年ごろの記事が大変興味深く拝見いたしました。

自作の大箱(150リットル)に12インチのフルレンジを一発搭載。ウッドベースも置いてある。
気分によってダクトを開閉したり、ツイーターを追加してみたり・・・・あらステキ♪
(注: ROBERTOHOUSEの文字はワタクシがノセたものです)
2016_1205_06.jpg
この方、スピーカーの自作歴はかなり長いようです。すごいです。
大型、小型、密閉・バスレフ、オープンバック・タイプ、、、なんでもござれの達人。

実はワタクシの 「大口径ウーハー欲しい熱」 は潜伏期間がかなり長かったのですが、
こちらのブログがキッカケで発症・顕在化したといっても過言ではありません。

・・・で、・・・あー  やっぱりそうDEATHか!
買っちゃいました、ということで。
2016_1205_07.jpg



そういえば
ワタクシの高校同期の友人にも、なにかと自作指向&音楽好きの連中がおりまして、
E畠F樹 それから K貫J 、この二名もやっぱりBABYMETALファンであることが判明。
かたや建築設計、そしてIT系統、いずれも優秀なエンジニアDEATH。
水は低いところに・・・というか、いやいや、才能は高みを目指すと云うべきか^^

***********************

日本時間の明日 12月6日の早朝4時ぐらいにBABYMETALのライブがスタート。
現地ロンドンではもう会場に到着した日本人ファンのツイートが上がってきてますね。

さて、レッチリの前座だ。
共通性があるとみるか、異種格闘技とみるか?
ブーイングの嵐か?  大ウケか?

いずれにせよ Go Go BABYMETAL !!!








  1. 2016/12/05(月) 20:42:59|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SU-METALはロックの女神

あと数日後、レッド・ホット・チリペッパーズのイギリス・ツアーが開始。
BABYNETALが前座として帯同します。 まー、なんというかたまげたもんです。

音楽情報誌の表紙を飾っちゃったりして♡  世界征服計画が着々と進行しとりますね。



BABYMETALがなぜ成功したのか?
その理由のひとつに
天才・中元すず香ちゃんが、「ロック指向・メタル方面行き」 のヒトじゃなかった、
ということもあるんじゃないか? とワタクシは思います。

女性ロッカーの在り方としては、セクシーでパワフルでビッチな感じ、
女だてらに、オトコ勝りな・・・・・これが常套手段でしょう。
2016_1204_03.jpg
これはアメリカのラウド系の音楽情報サイトです。
まー、オネーサマ方、ワイルドっつうーか 肉食獣ですね♪

もしもですよ、
中元すず香ちゃんが、「あーゆー風なロッカーに成りたい」と思い立ち
革コルセット、網タイツ、ついでにタトゥーの二つ三つ入れ、
歯をむき出してシャウトする・・・なんて絵柄を想像してみてください。

うーむ、そりゃ人種的にかないませんわなー、負けますねー。 
野獣のような欧米のオネーサマ達とくらべれば、圧倒的に非力な日本人って結果になったことでしょう。

既存の欧米ロックの概念にはない日本人にしかできないことをブチこんだから
BABYMETALはウケたんだと思います。 

もう既存のスタイルは飽和、袋小路に入って早や20年。 いや長めに見積もれば30年だな。
誰も思いつかない、誰にもできないことを形にしたBABYMETALの勝ち♪


ラウドワイヤーのサイトで
「ロック女神を選ぶからこの中から選んで投票してくれ」 と呼びかけてます。 
ひときわ目を引く優しいアジア人の顔だち。  いやー、眠そうじゃないか。 他の写真もあっただろうに^^

SU-METALに投票するには


2016_1204_04.jpg

ずずずっと下の方へスクロールする。
で、「SU-METAL」にチェックを入れて「VOTE」をクリックすれば一票を投じることになる。
2016_1204_05.jpg
どれ、 すー  ポチ

リアルタイムの集計状況が表示され
2016_1204_07.jpg
これはこれは♡ ブッチギリではないか。(注:SU-METALの写真はワタクシがハメこんだもの)

ま、投票期間が1月10日までのようなので、結果やいかに・・・ですが。
「日本人の組織票がっ!」なんてブーイングが出たりするかも^^
一時間に一回だけ投票できるシステムのようです。 おヒマならゼヒ。
2016_1204_01.jpg

行け行けBABYMETAL
レッチリなんぞ食っちまえ♪



  1. 2016/12/04(日) 20:18:47|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

はがせる両面テープ

昨日の記事参照。
グラデーション・ペーパーを塩ビ・シートに両面テープで張りつけました。
グラデ・ペーパーの波打ちを押さえるためです。


「はがせる両面テープ」なので 剝がしてみましょうか。
どれ・・
はが
ペーパーが剥がれた!
2016_1203_02.jpg

余談ですが
塩ビ・シートは「サンプレート」という商品名で販売されているもの。
有名な撮影関係用品サイトでも売ってます。

上の写真はグレーカードでホワイトバランスを設定してから撮影したもの。
ご覧のように、「サンプレート(白)」は青みがあります。白くありません。
撮影用の背景としてはダメだと思います。ワタクシ痛い思いをしたことがあるのです。
「サンプレート(黒)」は問題ありません。

はがせるテープって・・・粘着力が強いタイプなのですねー、しょーがないですねー。
2016_1203_03.jpg
グラデーション・ペーパーは知人から貰ったもの。
充分に活用させていただきました。



  1. 2016/12/03(土) 22:06:25|
  2. 物撮り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こけし撮影/数個ずつの集合写真

前の記事では切り抜き用の撮影をご紹介しました。
きょうはその流れで集合撮り。

背景にグラデーションペーパーを使いました。
数年前に撮影した写真と今回撮影する写真が同じ紙面に掲載されるので
辻褄をあわせる必要がありました。


グラデペーパーは丸めずフラットな状態で保存していたのですが、少し波打ってます。
余白・・・というか被写体手前の下地も足りません。 どーする?


こうします。 常套手段です。
塩ビのプレートに両面テープでグラデペーパーを貼り付けて無理やり波打ちを押さえます。
手前は撮影台からはみ出させてダラ下がりにします。
2016_1202_03.jpg

問題は塩ビ・プレートやグラデペーパーの固定。
2016_1202_04.jpg
うかつに動かしてしまって、預かりものの商品が落下したりしたら大変。

板材で作った撮影台と塩ビプレートの寸法が合わず→クランプ届かず^^
やむなく塩ビ・プレートをカットしてクランプを差し込みましたとさ。
2016_1202_06.jpg

塩ビ・プレートは弾力があるので、たわませると反発しようとします。
上にハネ上がり、手前にズリ落ちようとします。 押さえこまねばなりませぬ。
2016_1202_05.jpg

ってな感じで手間ヒマがかかるのです。

セット全景。 ストロボ2灯使用。
2016_1202_02.jpg

撮影練習用のコケシです。
2016_1202_07.jpg

ところで・・
このようにベタ置きして撮った写真は切り抜き用には使えないことが多いです。
(昨日の記事参照。 モノのエッジを締める必要あり。)

下からの照り返しがジャマです。
その照り返しをカットすべく黒い紙を置いてみました。
2016_1202_08.jpg

比較写真。
2016_1202_09.jpg
ということです。
サンプルのコケシは割と光沢のあるタイプだったせいもありますが、
レフ等の写り込みがウルサイですね。

このように「置き撮り」した写真を「切り抜き用」として使いまわすのは避けたいところです。
(そこんところをクライアントに納得してもらうのに苦労しますよね)


今回は3本ずつ、11セットを撮影。
作家名を取り違えないように、「名札」も一緒に撮影しておきます。
印刷物を製作するデザイナーに、この「名前付き写真」も一緒に渡します。
2016_1202_01.jpg

****************************

セッテイング中のテストショット。
余計なストロボを発光させてしまったら、こうなりました。
傘もディフューザーも無し、ストロボ直撃DEATH
「怒りマーク」に見えんこともない♪
2016_1202_10.jpg






  1. 2016/12/02(金) 21:01:56|
  2. 物撮り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こけし撮影/切り抜き用

これは段ボール箱で作ったバックライト用の簡易ライトボックス(後面開放型)であります。
フツーの段ボール箱の内側を白、外側を黒スプレーで塗りつぶしたものです。


ディフューザーはトレーシングペーパーです。
ペーパーに薄い緑色の枠がありますね。建築設計屋から貰った製図用のものです。
2016_1201_02.jpg

ストロボ光を箱の内側に向かって照射します。
均一な発光面をつくるため、および余計なところに光が拡散しないように
背面をテキトーな発泡スチロール板で覆いました。
2016_1201_03.jpg


反対側はこのように。
被写体の周囲が必要最小限「白」であればいいので、このように左右に黒いボードを置きます。
余分な光を遮っておかないと、レンズに強い直接光がはいるのでマズイことになります。
2016_1201_08.jpg

黒ボードを左右からじわじわ近づけ、天辺は被写体の形に合わせて切り抜いた黒い紙で締めます。
しっかり締めないと被写体のエッジがぼやけてしまい、切り抜き作業に支障がでます。
2016_1201_07.jpg

セット全景。
2016_1201_04.jpg


真横(右)から見た図。
トップライト②の位置にご注目。 
2016_1201_05.jpg

トップライト②は全体の明るさを確保するための灯りでもありますが、
被写体(コケシ)の頭に写り込む光を作るためでもあります。
2016_1201_06.jpg
トップライト②を前後させると、「照り」の位置もかわります。
好みの位置を探りつつ、セッティングを決めます。

ディフューザーを支持するためにブームスタンドも使いました。
これはカメラ側から見た図。
2016_1201_09.jpg

右側から見てみましょうか。
通常は青線で描き込んだようにスタンドで支持しますが、これがジャマなことが多々あるのです。
特に反射素材(ガラス壜)を撮影するときなど、このスタンド自体またはスタンドの影が写り込むことがあるのです。
2016_1201_10.jpg

今回は反射素材ではなかったものの、用心して最初からブームでセットしました。
撮影を始めたあとでセットを組みなおすと時間がムダ、気分的にもヤレヤレ感なので^^


被写体に向かって右側にレフを置きました。
レフの置き方で結果はずいぶん変わります。
古道具屋で買ってきた練習用のコケシを使って撮影、くらべてみますね。

左の写真: 白レフを近接。          右の写真:黒レフを近接、あえて右側を暗く落とす。
2016_1201_11.jpg

切り抜き用の撮影は1アイテムだけ。
このあとセッティングを変更して3~5個ずつのセットで撮影しました。

またあとで。





  1. 2016/12/01(木) 19:55:03|
  2. 物撮り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

pink

Author:pink
秋田県横手市KUBRICK
パパは写真撮ります。
商品撮影、時々色々撮影!
ママはパン焼きます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (101)
物撮り (310)
スナップ (193)
天然酵母パン (4)
ドライイーストのパン (5)
建築撮影 (1)
ハードウェア (2)
ロケ (34)
料理の撮影 (117)
機材 (119)
スタジオ・人物 (30)
マクロ (12)
実験・シミュレーション (74)
画像処理 (5)
音楽 (113)
本 (14)
ギター (31)
日記 (358)
工作 (20)
スポーツ (8)
オーディオ (24)
撮影 (5)
集合写真 (1)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR