パパフォト&ママパン

料理撮影/工夫あれこれ

料理の撮影してきました。
モノブロック5灯、クリップオン1灯。ディフュザーで3方囲みセット。
ディフューザーを支えるスタンドの足が近接・密集するのでチョイと工夫しました。


昨日の記事参照、45センチ長のステンレス・パイプを使います。
2016_0831_03.jpg

ここに45センチのパイプ。 (左右とも)
2016_0831_02.jpg

これによってスタンド足が他と干渉しない位置に移動、ゆったりとセットすることが出来ました。
2016_0831_01.jpg

**************

こういうヤツを色々と撮影。
2016_0831_04.jpg

「ぐーっと寄って撮影せよ」と指令が下る。
150mmマクロに付け替えて、低い位置から撮影。
カメラに対面するストロボ③からの光で、皿に写り込む光がウルサイ。
ほぼセンターにあった③を左方向へ移動して解決^^
2016_0831_05.jpg

こーゆーことDEATH^^
2016_0831_06.jpg

**************
はい次っ、○○パフェ。
とりあえず撮影、画像を見たデザイナー氏---「アズキが白っぽいのでなんとかしてください」
うーむ、確かに白っぽい。 ツヤツヤ感が無い。 

ライティングを修正しようとしたところ、居合わせたスタッフが
「いや・・・それは・・・凍ってるんで、水を・・・」
ははーん。 霧吹きで水をシュっ!  解凍して解決。
2016_0831_07.jpg
撮影直前まで冷えた状態をキープしておいてくれたようだ。

***************

今日は沢山撮影させていただいた。ありがたいことであります。






スポンサーサイト
  1. 2016/08/31(水) 22:04:19|
  2. 料理の撮影
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ステンレス・パイプを切る

明日の撮影にそなえて準備中。
90センチ長のステン・パイプを半分に切る。


パイプを手持ちで切り始めたものの、切断線がどんどん斜めにズレていく。
スーパークランプで押さえたら上手くいった。 なにごとも段取りが重要^^
2016_0830_02.jpg

カッターに付属している刃でバリを取る。
2016_0830_03.jpg

外側のバリ取りには、ヤスリ&紙ヤスリを使用。
最初からクランプで固定しておけば、こんな切削クズは出ないはずであります^^
2016_0830_04.jpg

2016_0830_05.jpg
  1. 2016/08/30(火) 20:28:51|
  2. 工作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

台風接近

暑い。
明日は台風で荒れるらしいので、今日のうちに少し体を動かしておこう。
ということで、本日は軽量なSIGMA 50mm Macro を付けて散歩にでました。
面白いレンズなのですが、販売終了してましたね^^


暑っ!
2016_0829_03.jpg

台風が来るか。風が強い。 木々のざわめきがウルサイぐらいだ。
シャッタースピードを下げてっと・・・・1/4秒、 絞りはF20
2016_0829_02.jpg

この手の写真は得意とするところではないので、練習のつもりでパチリ。
同じく1/4秒・・・絞りは  F40 えー? 
2016_0829_04.jpg
このレンズはF45まで絞れるようです。知らんかった^^
・・・
・・・
帰宅。
風で飛びそうなスノコ板に重しをかっておく。
(写真左上の黒い部分はレンズやセンサーのエラーではありません。構造物の影です^^)
2016_0829_05.jpg

画面内が全部グレー。つまらんのでストロボを焚いてみる。
2016_0829_06.jpg

*****************

自分が使用している機材が販売終了となると一抹の寂しさを感じたりもする。
キャノンのEF50mm Compact Macroもそう。 
リニューアルの噂が無きにしも非ず。ちょっと興味アリ。

ところでカメラ本体は5D Mark4 が正式リリースされたようで・・・。
値段が値段なので迷うことはない。 即決スルーだ!


  1. 2016/08/29(月) 22:22:25|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

謝罪会見

ではただ今から謝罪会見を行います。


「いったい年甲斐もなく真夜中にアイスを食べるとはどーゆーコトでしょう?
 あなたね、自覚はあるんですかっ?!」
2016_0828_02.jpg


----最近よく運動していたので・・・ちょっとぐらいなら良かろうと・・・
   ご迷惑をおかけして申し訳ありません。
2016_0828_03.jpg
   

「血糖値、中性脂肪、その他モロモロ 体に良くないってことはご存知のはず。
 なんでまた突然そんな体に良くないことを、キッカケは何ですか?
 アナタ、ご自分の性癖を把握してるんですか?

----実は、BABYMETALのDVDを見ていたらつい我を忘れて熱くなってしまい、
   深夜12時ごろでしたか・・・・すぐ近所にコンビニがあるもんで、つい・・・

2016_0828_04.jpg

「はー・・・BABYMETALね、そうか。うーむ。」

----あれ? “年甲斐もなく” ってツッコミは無いんですか?

「実は私もファンでして・・・・AKATSUKIが大好きで・・・」

----あー、AKATSUKIは名曲ですよねー。
   昨夜は、レジェンド・武道館・ロンドン・・・合計6バージョンのAKATSUKIを堪能しました。
   それぞれスバラシイ。 中元すず香さんは天才ですね。
   歌もビジュアルもこれほどカッコイイ女性ボーカリストは洋の東西を問わず初めてです。
2016_0828_05.jpg

「私もそう思います。 ところで他の曲は?・・・・メギツネ、ふむふむ、へどばんぎゃ、はいはい、
 同じですねー、YOU-TUBEで動画あさり、驚愕・混乱・理解・陥落・・・・あー、同じですねー^^」

-----あのー、夜中のアイスの件はもうよろしいでしょうか?

「えー、不祥事とは言え、被害者的な第三者がいるわけでもなく・・・
 ま、BABYMETALファンということならば、分からないでもありません。
 自己責任で健康管理していただけば 別に他人がとやかくいう事でもないので
 皆さんいかがでしょう? 
 依存ない? 皆さんもBABYMETALファン? そーですかっ!
 では、東京ドームでお会いしましょう。
 See You ! 」

2016_0828_06.jpg




  1. 2016/08/28(日) 20:31:28|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BABYMETAL物語は続く

なんとね、こんどはレッチリがすり寄ってきたか^^


レッチリのコンサートに集まるのは、おそらくガタイのでかい筋肉刺青の観衆。
そこでBABYMETALが「よよんっ♡」なんて歌う場面を想像すると笑える^^
2016_0826BM_03.jpg

これまでにも繰り返されてきた 鼻で笑う→驚愕・混乱→一転して称賛 のプロセスでしょうかね。

・ほんとにBABYじゃねーか、っざけんじゃねーよ!
・おー、バンドは結構イケてんじゃん。 ま、それは認める。
・なんか・・・すげーな・・・
・それにしてもかわいい♡ いやいやいや待て待て待て、マッチョな俺様としたことが・・・
・ド☆キ☆ド☆キ もーにん ってなんで俺一緒に歌ってるんだ?
・この歌声は・・・・脳天ブチ抜かれそうだ・・・鳥肌っ! わっははー♪
2016_0826BM_04.jpg

日本国内のテレビ的な世界とは距離を置く戦略は正解かも。
芸が無いから 「 芸NO人 /芸NO界 」というのだ・・・という説もある。

BABYMETALの芸が本物だから世界の大物たちが目を付けるのだとワタクシは思う。
芸能/演芸として完璧。 世界のどこにもない、誰もマネできないオンリーワン。 

大物レッチリとはいえ、とっくに旬は過ぎている。
他のバンドにしても停滞感が著しい。焼き直し・使いまわしばっかりだ。
頭ひとつ飛びぬけたヤツが見当たらないのだ。
おかげで(?) BABYMETALの輝きがひときわ冴える。
" 憂鬱な雨雲 破って 24時間 走り続ける "

フジロックの舞台ソデでレッチリのメンバーがBABYMETALの演奏を見ていたらしい。
今にして思えば、確認のためだったのかもしれませんね。
「Oh 久しぶりにRockな奴らを見たぜ!」 なーんて思ったかどうだか^^

今年7月、フランス、ダウンロード・フェスのライブ映像。 Road Of Resistance。
音声もヒジョーにクリア。まったくね、ドラム青山氏の足はどーなってんだ?!

https://www.youtube.com/watch?v=H5VzGjly2NI&index=4&list=RDyoONpK5QCw8

2016_0826BM_05.jpg

やっちまえ、BABYMETAL
行け、BABYMETAL









  1. 2016/08/26(金) 22:33:01|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プリンター復活

昨日のプリンター不調事件。
ヘッドクリーニングやらノズルチェックやら、何度もやったのに結果は悪い方向へ。
シアン系統がまるで出力されなくなった。
ここは思案のしどころ・・・・なんてシャレてる場合じゃない!

まてよ
もしやコイツが犯人か?

2016_0826_06.jpg

シアンのインク・カートリッジを新品に交換してみたら復活!
2016_0826_07.jpg
やれやれだ~^^
臨時出費をなかば覚悟したのだが、当面これでOKだろう。

***********************

マンフロットのブーム・スタンド、 085B。
ブームの部分は、90センチ長のパイプを継ぎ足して長さを調整するシカケになってます。
2016_0826_01.jpg


先日の撮影で3本継ぎで使用しました。普段はジャマなので2本継ぎに戻しておきます。
2016_0826_02.jpg

アルミの継ぎ手にイモネジが差し込まれていて、
これを六角レンチでネジ込むと継ぎ手が開き、パイプの内側で突っ張ります。
シンプルな構造、これ発想した人すごいなーと思う。
2016_0826_03.jpg
 
こちらは、マンフロット085Bと同等の大きさのTOKISTAR製品、 TS-108-ST。
ブームの構造は繰り出し式で長さを調整する方式。
2016_0826_04.jpg

上のブームスタンド2機種は、どちらもモノブロック・ストロボを載っけても不安なく使用できる剛性があります。
(下位機種・マンフロット420Bは華奢です。 モノブロックを搭載してブーム最大伸ばしはキケンが大)


ストロボを使用しての撮影を勉強中の方、
ブームスタンドがあると飛躍的にライティングの自由度がUPします。
ご検討してみてはいかがかな?

クリップオン・ストロボを使用するならば、
安い・軽い・華奢なマンフロット420Bでも十分です。



  1. 2016/08/26(金) 20:45:03|
  2. 機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プリンター限界か?

そうだ、突然思い出した。 バックアップ用のハードディスクを買いにひとっ走り。

I・Oデータ社のHDD、 「信頼の日本製」と箱に書いてある。
中身はウェスタン・デジタル社のドライブを使用・・・・US製?

ま、よかろう。
HDDトラブルは意外に電源部や制御基盤の故障も多いらしい。
そういう意味では、
激安コンデンサーなんかをブチこんであるかもしれない大陸製よりも日本製の方が安心かも。

****************

明日までに納品するプリント。 あら? 部分的にかすれてる?
では、チェック。
2016_0825_01.jpg

あれこれやってみる。 芳しくない。
いったんインク・カートリッジを外し、再度装着すると
通常のクリーニングよりも強力なノズル・クリーニングが行われる。しかしインク消費量も多い。うーむ。

どうやらダメ模様。
2016_0825_02.jpg

実際のプリントも、はっきりと縞が出た。
2016_0825_03.jpg

シアン系がまるで出ていないようだ。
2016_0825_04.jpg

テストプリントした一枚が、なんとか使い物になると思われる。
わずかに縞がでているものの、奇跡的にセーフ。 いや、ややセーフ。 (すこしアウト)

EPSON のプリンター、PX-7V。
修理すべきか? 買い替えか?






  1. 2016/08/25(木) 21:53:23|
  2. 機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人物撮影

人物撮影しました。 
③④は天井バウンス、 人物の背後にクリップオン→バックペーパーに向けて照射。
2016_0824_07.jpg


2016_0824_01.jpg

モデルの立ち位置からカメラ方向を見たところ。
2016_0824_02.jpg

①と⑤だけでもなんとか撮影できないことはないのだが、髪が黒くつぶれがちになります。
トップライトの設備がない&天井高が不足、よって天井バウンスで代用します。
効果はあるものの、他に光が廻ってしまうのでセッティングに難儀します^^ 工夫の余地アリ。

モデルの背後に設置したクリップオン。
2016_0824_03.jpg

モノブロック・ストロボと光色が違います。青緑っぽい。
薄いマゼンタ色フィルターと合成紙ディフューザーで調整すると、まあ・・なんとか許容範囲におさまります。
2016_0824_04.jpg

紛失したと思っていたIRフィルターが見つかったので活用。
2016_0824_05.jpg

これをトリガーにして他のモノブロック・ストロボを発光させます。
バックペーパーに向けたクリップオンはワイヤレス(電波)制御で発光します。

********************************************

ライティングを決めるにあたって、露出計も使いますが、
自分撮りしては液晶モニターで画像を見て確認→ライティング調整という作業も。

作業途中で気づきました。 ワタクシ、日焼けしているのです。
連日のように散歩というか山歩きしたもんで、けっこう焼けてます。
先日は一日じゅう炎天下で撮影してましたし。

この顔に合わせてライティングしたら、たぶん明るすぎる。 ちと調子くるった。
モデルさんは若い女性であります。 
2016_0824_06.jpg
袖をまくって自分撮りし、光量を調整し直しました^^  露出計も併用。

結果オーライでありましたとさ^^






  1. 2016/08/24(水) 23:55:31|
  2. スタジオ・人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

国産

リオ・オリンピック閉会式。 2020年・TOKYOをアピールするショーが素晴らしかった。

●振付と総合演出:MIKIKO先生・・・・Perfume や BABYMETALを手掛ける振付師
●音楽:中田ヤスタカ・・・・Perfume 、きゃりーぱみゅぱみゅ の楽曲を作詞・作曲

いいねー、大御所や重鎮といわれる高齢のセンセイ方じゃなくて正解。
30歳代ぐらいの日本人トップクリエーター達の才能は、もはやワールドクラスだと常々思ってます。
欧米に引け目を感じていない世代の台頭がうれしい。

驚いたのは
●音楽監督・・・・椎名林檎
 
君が代のアレンジが素晴らしかった。
手掛けたのは中田ヤスタカ氏だろうか、椎名林檎さんだろうか? 

いずれにせよワタクシ感銘を受けました。こんなカッコいい君が代は初めて聴いた。 
一般には不協和音と云われるであろう不思議なハーモニーを多用。
しかも前衛的・ゲージュツ的になる手前ぐらいで寸止め・・・うーむ、プロの仕事だ。

https://www.youtube.com/watch?v=sk6uU8gb8PA&feature=player_embedded



そして大震災後の、各国からの支援に感謝。
2016_0823_02.jpg

ぐだぐだ言わずに、キチンと一礼するのだ。

BABYMETALの演奏を終えて、深々と頭を下げるベーシストのBOHさんも。フランスにて。
2016_0823_03.jpg

そう、日本、日本人は素晴らしいのだ! マジメで丁寧で礼儀正しいのだ。 
ついでにイジメ、ダメ、ゼッタイ なのだ。

******************************

食材も国産が良い。
2016_0823_04.jpg

当地、秋田県横手市の納豆屋さん、「おはよう納豆」で有名なヤマダフーズの豆乳。
飲んでみた。
こ これは・・・・液体の豆腐だ! とろ~り濃い!  ニガリを加えると豆腐ができるらしい^^

2016_0823_05.jpg

明日の撮影準備中であります。





  1. 2016/08/23(火) 20:09:10|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

野外ライブ/クリップオン多灯撮影

野外での音楽イベント、「YOKOTE 音(おと)フェスティバル」 ボランティア撮影。
テントのフレームを利用してストロボを設置しようかな? と検討してみたものの・・・


臨機応変にストロボ位置を変えるにはスタンドで立てた方が有利であろう、と判断。
2016_0822_02.jpg
えー、何度か当ブログで書いてますが、
ストロボの脱落/落下防止策は必須であります。今回もそれを実感。 
シューマウントのネジゆるみに気づかないことがあるのです。 ご用心。

******************
台風接近中だったので、前日の夜に雨対策もしておいたのですが
・・・
・・・
晴れっ! 日差しが  アーっ あぢぢぢぢ!!!
2016_0822_03.jpg

キース・リチャーズさん♡ 6弦なしのテレキャス♪ アンプはアンペグ。 いいね。
下の写真はストロボ不発光(チャージ追い付かず)。 ドラム・セットが暗いですね。 
2016_0822_04.jpg


ストロボ発光すると下の写真のように、テント内のドラマーの顔もちゃんと写ってます。
ギターのミック・テイラーさん、元気がないようにお見受けしたが?
「2曲目あたりから、なんか気持ち悪くなっちゃって・・・」 だったそうです^^暑すぎ! カツラかぶってるし^^
2016_0822_05.jpg
ボーカルやギターなどのフロントマンにはたっぷりと自然光。
テントの中のドラマーは暗い。 テント内外の輝度差が大きいのです。
そこをストロボで補助する作戦。

セッティング略図、真上から見下ろしたところ。
2016_0822_07.jpg
カメラにマウントした(A・マスター)はTTL発光。
テント内の(B)(C)は固定値、1/4程度でしたかね。

テスト段階の写真。
ドラマーから見て右上方、ライドシンバルの方向から(B)
ドラマーの左後頭部あたりを狙って(C) 両方とも照射角は広めに24mmで固定。
2016_0822_06.jpg

下の写真でよくわかりますね。
上段は、マスター(A)のチャージが追い付かずに不発光(写真全体が暗かったので後処理で少し明るく起こしてあります)
下段の写真はストロボが発光し、テント内のドラマーも顔がちゃんと見えてますね。
2016_0822_08.jpg

撮影の目的は二つ。
①来年のポスターやパンフレット等に使用するネタ画像として必要。
②出演バンドの皆さんに写真データをプレゼントする。

ワタクシ個人的には②を重視しているのです。
特にドラマーは自分が演奏している写真をあまり撮ってもらったことが無いはず。

①に関しては歌っているヒトの顔が使いやすい。
それ(用途)を意識して望遠ズーム EF70-200 F2.8 L Ⅱ で撮りました。大方の評価どおり良いレンズです。
下の写真は絞りF3.2でした。ストロボ無し。
左と右の人物がボケてますが、このように写りました。後処理ではありません。
2016_0822_09.jpg
この手の写真もストロボを仕込みたい気もするが・・・ストロボ2系統? そりゃちょっとムリ^^

課題としては・・・
ストロボ(B)(C)の光源がバレバレなので、そこをもうちょっとナントカしたい^^;)
しかし手間をかけて小細工すると
電池交換の作業性も含めて臨機応変に対応しづらかったりもする。 思案のしどころ。

**************

最大画素数で撮るべし! と指令がでているので・・・うーむ、そうしましたよ。
RAW最大サイズで2800枚撮影。 最高気温34度! やれやれ。





  1. 2016/08/22(月) 21:14:16|
  2. スナップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明日の準備

ストロボにガムテープの糊がベタベタと残っている。
ふと思いついて消しゴムでごしごし・・・・ほぼ取れる。 ほほー。

ガッチリ硬化したものは取れないだろうが、
まだベタついている糊は消しゴムが有効なようであります。

明日はYOKOTE 音フェスティバル・・・通称 おとふぇす。
横手市内7箇所の会場で、バンドがたくさん出演します。 
ワタクシ、Officialボランティア・カメラマンです。
横手駅近くの横手イースト(YYプラザ)駐車場の会場で撮影します。
お近くの方はゼヒお立ち寄りください。 来ていただいてもお茶すら出せませんが^^;)

出演者リストを見ると、えー・・・The RoVing Stones というバンドがいるねー。山形からようこそ!
「ストーンズ黄金期、1972-3年ごろのライブを再現・・・」 ほほー。
持ち時間は30分。 推定してみる。

  イッツ・オンリー・ロックンロール
  タンブリング・ダイス
  ホンキー・トンク・ウーマン
  ジャンピン・ジャック・フラッシュ
  ブラウン・シュガー
  ストリート・ファイティング・マン  
  サティスファクション

これで30分に収めるのは無理か?

**********************

ストロボ多灯で撮影予定。 状況次第。
電池やメモリーカードの予備を沢山用意しました。
2016_0820_02.jpg

問題は天気・・・・台風・・・むむむ。 防水対策しておいたほうが安全かも。
2016_0820_03.jpg

2年前、2014年8月11日の記事を参考にしました。 ブログが自分用のメモとして機能してます。
必要なものはポリ袋、強力な両面テープ、輪ゴム。

※ストロボはキャノン600EX-RT、こいつは濡れても大丈夫なはず。
 シューマウントのところはテープでほぼ密封、水の侵入は抑えられるハズ。
 以上、過去の経験に基づいてます。 なにか落ち度があったら後で報告します^^。


2年前に同イベントで撮影したときも、台風が接近中で断続的な雨だった。
カメラ2台体制で臨んだものの、黒ーい雲で暗すぎてロクな写真が撮れず、望遠側をあきらめたのでした。
結局、標準ズーム + ストロボ2灯ですべてまかなったのでした。 これも自分のブログの過去記事で確認!


  1. 2016/08/20(土) 20:53:57|
  2. 機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

体力づくり 軽く追い込み

最高気温35.1度でしたっ! 
夏のなごりのような積乱雲。


今日は無理せずアップダウンのない平地、川沿いの遊歩道をウォーキング。
折り返し地点で振り向いたところをパチリ。
2016_0819_02.jpg

碇橋を渡り、対岸の道を通って蛇の崎橋方面に戻ります。
2016_0819_03.jpg

妙齢の美人と出会って「こんちにわー 暑いですね~」などと言葉を交わすこともなく。
たまにすれ違うのは、汗だくでフーフー云ってる無言のオッサン。 ま、そりゃお互いさまだね。
2016_0819_04.jpg

****************************

明後日、8月21日、YOKOTE音(おと)フェスティバルが開催されます。
市内7か所でいろんなバンドが演奏します。
ワタクシの担当は、横手駅ちかく、よこてイースト(YYプラザ)の駐車場。
各会場ごとに音楽ジャンルが分かれています。
ワタクシはあえてロック系の会場を希望しました。 演奏者の動きが大きいので撮影が楽しいのであります。 
2016_0819_06.jpg

ボランティア撮影とは言え、ついつい撮影にも熱が入るので体力が必要。
これを想定して、毎日のように山歩きしてたワケであります。

望遠レンズで棒立ちで撮影するのはつまんないので、
やや広角ぎみで演奏者に接近して撮るのが好みであります。
ゆるーいフレンドリーなイベントなので、演奏者にへばりつくぐらい接近してもOK。
接近戦・・・つまり、しゃがむ、中腰、低い姿勢でニンジャ走りしたり。
モモ筋・ケツ筋・ふくらはぎ。
張り切りすぎると終盤まで足腰がもたないのですよ。 ペース配分を考えて冷静に、と思っとります。

予想最高気温は34度、うひょー^^
中腰はキツイっすよねー。

2016_0819_05.jpg




  1. 2016/08/19(金) 23:15:23|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヘビ踏んだ

いつもの散歩コースで山へ。

足の下に「クニュ」っとした感触がした。蛇!
なかなかワタクシの反射神経も捨てたもんじゃない。 ふーふっふっふ^^
変だ!と感じた瞬間に、踏み下ろした足から体重を抜いたのだ。 踏みつぶさず&噛みつかれず。 
右の草の中へニョロニョロと逃げて行った。 やれやれ。


休憩・給水ポイントに到着。 いつもより遅めのスタートだったので影が長い。
2016_0818_02.jpg

*********************

工作。 撮影練習用の食材にみたてたダミーです。
2016_0818_03.jpg

完成。
90mmマクロ、絞りはF2.8
2016_0818_04.jpg
チョコの色が濃すぎたかもしれない。 
上の写真は露出オーバーなのですが、ここまで明るくしないと黒っぽすぎて色がよくわからない。
いや、でも実際に撮影するモノがこれぐらいの濃色・暗色である・・・ということも考えられる。
ライティングやいかに?

ディフューザーの向こうの光源は、クリップオン&傘
2016_0818_05.jpg


  1. 2016/08/18(木) 21:18:58|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

送り盆まつり 続き

祭りにつきものの金魚すくい。


別の角度から
2016_0817_02.jpg
真ん中の男の子がナニやら主張している。 露店のオヤジと交渉中。
社会生活への第一歩、負けるな。
「沈黙は金」ともいうが、「言ったもん勝ち」もある。場合によりけり。

*****************

今回は祭り参加者じゃないので、危険エリアには入れず。
迫力のある場面は撮りづらい。 ほぼ不可能。
一般の見物客に混じってブラブラ・キョロキョロ歩いていたら・・・美人率の高いことに驚く。
そっち方面に狙いをシフトする。
・・・
・・・
幸先が良い。
知人が連れている美人は愛人かや? いや、似ている。
お嬢さんでした。 ご両親の良いとこ取りしましたね。
2016_0817_06.jpg

ワイルドな魅力、視線がシャープな方でした。
2016_0817_04.jpg

男女2対2のグループ。 全員かわいかった^^
露店の前にて・・・「やったー、K太が買ってくれるってー♡」 なーんて微笑ましい。
2016_0817_13.jpg

露店の灯りでAFバッチリ。 とにかく暗さが大敵なのです。
2016_0817_05.jpg

んー見覚えのあるお嬢さんだな。
2016_0817_07.jpg

祭りだからねー。
2016_0817_10.jpg


アジアのダイナマイト・ガールズ^^
ここだけ景色が変わる。 “カーニバル”のようである。
2016_0817_11.jpg
カメラを向けたらやたら喜んだようなのだが、ストロボを炊いて撮りなおすのもナンだし・・・
街灯の光で緑かぶり・ノイズだらけの荒れた画質だったのでモノクロに落としてみた。


アタシャやっぱり秋田県南部の美人がステキだと思います。鼻筋に特徴があるような気がする。
(県北部についてはヨクワカリマセン)
2016_0817_09.jpg


不審者あつかいされる心配が無ければもっとバシバシ撮るんだが。 もどかしい。
掲載した写真はボカシなどの加工してあります。
・・・
・・・
おなじみさんに遭遇。 リラックスして撮れる。やれやれ。 
2016_0817_08.jpg

コメントを頂いた。
「じゃんじゃん載せちゃってくだせぇ」
ありがとよっ!  
雪のかまくらも溶かす熱と光を放つパワフル&ビューチフル・ガール。
2016_0817_12.jpg
内側から発光しているような笑顔。 体内に発電機を備えていると思われる。
・・・
画質が荒くて悲しい^^
こんどチャンと撮りましょね♡


  1. 2016/08/17(水) 21:32:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

送り盆まつり

例年であれば知人のご町内チームに参加するのですが、今回は一般客として撮影。
黄昏どき。 ストロボには薄いオレンジ色フィルターを付けてます。
スローシンクロ(後幕シンクロ)でまずはパチリ。 シャッタースピードは1/25


蛇の崎橋。ここからは一般客は入れないので歩道から撮影。
2016_0816_02.jpg

ストロボを炊いて被写体に接近して撮るのが好みなもんで、こういう写真はあまり撮ったことがない。
なんか新鮮^^
2016_0816_03.jpg
2016_0816_04.jpg

舳先を持ち上げるこのときがワクワクする。
2016_0816_07.jpg
一般のアマチュア・カメラマンはこういう写真をとるんでしょうねー。
っていうか、これしか撮りようがない。

ワタクシ、こういう写真は物足りないのです。もっと危険なところまで接近したいのであります。
そのためには祭り参加者にならないとイケマセン。 来年はどーしよーかなー^^
2016_0816_05.jpg
上の写真は全貌がよく見えますが、べたーっとしてますね。ストロボ使うも良し悪し。


ではストロボ無し、ローソク灯りを生かすように撮ってみます。
屋形船の後方に投光器が煌々と逆光。うーむ。
人ごみのなかをジワーっと移動し、投光器の光源が屋形船の陰になるように逃げました。 
2016_0816_08.jpg


あとで気づいたのですが、ストロボを後幕シンクロ設定にしておいたハズなのに
いつの間にか通常の先幕シンクロになってました。
そうか、ファンクション・ボタンをワンプッシュしただけで設定が変わっちゃうんだ。
撮影しながらこまめに設定を確認すべきだ。
または、電源レバー・スイッチを「Lock」の位置にしておけば防げる。 そのテもある。反省。


先幕シンクロ設定に気づかずに撮ったのがコレ。 
シャッター・スピードは1/25  結果オーライでありますね。
AIサーボにしようか迷ったのですが、通常のワンショット・モードでパチリ。 
2016_0816_09.jpg

********************
今回は久しぶりに一般客としてウロウロしながら撮影。
美人率の高さに驚く。 
ほら♡ ・・・ああああピンボケだ。 暗すぎる(涙)
2016_0816_11.jpg


ツーホーされたりしたら困るので、あまり撮れないのが残念。 
でも撮った。

後ほど。





 
  1. 2016/08/17(水) 00:36:12|
  2. スナップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

若者はびしょ濡れでも元気

バスで1時間ちょいの街から客人来たる。 デンマーク人であります。
我が息子の中学時代の友人たちとナニやら楽しく遊んできたらしい。
チャリで行き、びしょ濡れで帰ってきた。


Tシャツと短パンは息子のものを提供。
コンビニから買ってきたパンツを履かせて・・・急げ! 帰りのバスが行っちゃうぞ!
2016_0815_02.jpg
See You
・・・
・・・
間に合ったらしい。

**********************

さて今日は横手の送り盆まつり初日、盆踊りの日。
ワタクシ今回は出動するつもりはなかった・・・というか、できなかったのですが、
夜、ちょこっとだけ撮影。

雨が止まず、盆踊りは早めに終了してしまった。

後ろから来た若者たちを振り向きざま、居合抜きのように撮る。
ストロボにオレンジ色フィルター装着&スローシンクロで。
シャッタースピード1/25
2016_0815_03.jpg

祭りに参加する若者たちは反応が良い。 びしょ濡れだが元気だ。
---美男美女だからサマになっとる。かっこいいぞ。
「あざーっす、 やっぱり?」
2016_0815_04.jpg

シャッタースピード1/25と遅いので背景はブレてますね。
ストロボ光が当たってる人物は(ほぼ)写し止めることができます。
周辺光のぐあいや、露出設定によって結果は変わります。お試しあれ。

ストロボにオレンジ色フィルターをつけたのは、環境光が白熱灯やロウソクの光だったりするからです。
ナマのストロボ光を当てると被写体が青びかりして気色わるい。
これもスローシンクロ撮影。 いつものイロモノ集団。 いいかげん歳くってるけれども元気よろし。
2016_0815_05.jpg

一部を拡大。
背後の歩いている人物のブレ方で、シャッタースピードが遅いことがわかりますね。
2016_0815_06.jpg





  1. 2016/08/15(月) 22:49:40|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

同期会の撮影

宴会スナップであります。
撮影しているうちにどんどん人数が増えてきた^^ 後ろの人が入りきらない。 


ライブビューに切り替え、カメラを高く上げて撮影。 なんとか収まった。
2016_0814_02.jpg

“同期会アルバム” として納品するので、トリミング余地を十分にとって撮影するように指示を受けてます。
天地、左右、どのように切り取るかわからないのです。


2016_0814_03.jpg

ライブビューだとオートフォーカスが遅い。
普通にカメラを構えたときよりも、ホールドが甘くなるので手ブレの心配もある。
椅子のうえに立って撮れば、高さはほぼ同じなので、そうすべきだったかも。

****************
今日は朝から晩まで撮影。カメラマン3名体制。 しんどかった。
撮影もさることながら、ずーっと立っているのがツライ。
2016_0814_04.jpg

現場を引き上げる際に・・・あれ、あら?・・・EF24-105 L のレンズキャップを紛失した模様。 
帰宅後、同径のTAMRONのキャップがあったので、ハメておいた。まあよかろう。
2016_0814_05.jpg

ところで、今日ご一緒したカメラマンも同じEF24-105mm F4.0 Lを使用しておられた。
「全体にゆがみがひどいし、画像の右側がピント甘い。 絞り値にも依るけども・・・」と言ってました。
いわゆるハズレですかねー。 そういうこともあるんですね。



  1. 2016/08/14(日) 23:59:52|
  2. スナップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

暑い/夜は涼しい

撮影練習用の食材ダミーを製作中。


発泡スチロールに、紙粘土を塗りつけたものです。
紙粘土を水でユルめ、木工用ボンドを少し混ぜると食い付きが良い。
2016_0812_02.jpg

***********

午後3時 灼熱。 予報では35度。
PhotoShopで彩度上げ。 青空は「ブルー系」、葉っぱの緑は「イエロー系」。
2016_0812_03.jpg

帽子を好まんので、アタマにタオルを巻いてます。
影がツインテールのようであります。
2016_0812_04.jpg
こんなことするからベビメタ・ファンの中年はキモイと言われるんだが、
そんなこと、どーでもいいもんね~。 
対象がなんであれ、熱狂的なファンという奴は大なり小なりそんなもんだろうさ。

横手城付近。 若いパパと息子のセットが2組。
パパが「セミいるねー、ほいよっと」 あっさり捕獲。 撮影間に合わず。
2016_0812_05.jpg

息子が虫網に手を突っ込んでセミを取り出した。 怖がらない。いい子だ。
2016_0812_06.jpg

逃がしたというより、ビビり気味で手を離してしまった。 やっぱりちょっと怖かった?
今日は単焦点50mmレンズ使用。絞りはF2.8 
2016_0812_07.jpg
 
晴天時の撮影の難しさは輝度差。
上の写真の場合、少年の手に直射日光が当たってます。
一瞬の偶然でセミも含めて良い具合に撮れましたが、狙ったのではありません^^

周辺が全部葉っぱの緑なので、人物も緑かぶりしてます。日陰なので青っぽいのも加味されてます。
これも野外撮影の悩ましいところ。 ちなみにホワイトバランスは「太陽光」
2016_0812_08.jpg
・・・
・・・
帰宅、豆乳をグビグビ飲む。

食材ダミーに2次加工。 白白なのでわかりにくいですが、木工用ボンドを水で溶きます。 
後始末を考えて皿にビニールをかぶせてます。
2016_0812_09.jpg

乾燥した紙粘土はガサゴソした質感、マットな表面。
で、水で薄めた木工用ボンドを塗りつけます。

2016_0812_10.jpg
なんで薄めるか? そのまま生ボンドを塗ると硬くツヤのある表面になります。それは望まない。
欲しいのは「半光沢」。 

結果やいかに? ボンド乾燥を待つ。
*****************************

暑いので窓を開けたまま寝ると、カゼひいたりするので注意が必要。
けっこう温度が下がるんです。
2016_0812_11.jpg







  1. 2016/08/13(土) 00:51:44|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

暑さに慣れる

今日は34℃ぐらいか?
子供たちは元気だ。

息子 「いてて、腰ひねったから もうやめる」
母  「なーに、内村はギックリ腰で金メダルだ。だいじょーぶだいじょーぶ」

むはは、内村選手と比べられてもねー。
金メダルの裏には地獄のようなトレーニングがあったのでありましょう。

地獄・・・
アリジゴク
2016_0811_01.jpg

子供のころは、これに半殺しの蟻を落として観察しました。
元気な蟻だとすぐに脱出してしまうので、半殺し。
もがく蟻の気配を察したアリジゴクがガシっと蟻をくわえ込む場面・・・結構エキサイテイング。
小規模な命の連鎖をお勉強したもんでした。 いや、訂正。ただ「すげー」と思っただけです。

今だと「そんな残酷なことをするなんてサイコパスの心配が・・・」なんてことになるんでしょうかねー。
居るかーい?
2016_0811_02.jpg
イマイチ元気がない。 出店するには立地条件が大事です。

アントラーという怪獣がいましたね。
2016_0811_09.jpg
Wikiより引用

-------モチーフそのものはクワガタムシとカブトムシ。
      名前の由来は、アリジゴクの英語名であるアントライオンを縮めたものとする説、
      鹿の角を意味するantlerとする説などがある。
      円谷英二は放送当時の雑誌でアリの英語名であるantからとったと述べている。

ポケモンのキャラクター名の発想も、こういうところが源流ではないでしょうか。

後ろから自転車が来たっ・・・・露出設定が間に合うか? うーむ。
2016_0811_04.jpg

このオジサンもトレーニング、体力づくりですかい。
「おー、ひさしぶりっ」 あー先輩ではないか。 露出設定が間に合うか? うーむ。
2016_0811_05.jpg
撮影トレーニングする意図があって、あえてマニュアルモード使用です。
Pモードやらにしておけば、たぶん咄嗟の撮影には強いはずですが。

二人の微妙な間隔が青春でありますねー。
2016_0811_06.jpg

ネットで調べたら、
「豆乳を飲むのは運動後30分以内がよい。素早く吸収がはじまる。」 ほほー。
ということで実践する。 ぐびぐび。
2016_0811_07.jpg

稼働率が低い85mmレンズでパチリ。
絞りはF1.4 
シャッタースピードを上げると蛍光灯のフリッカーが不愉快だったので、
ストロボ使用(天井バウンス)。
2016_0811_08.jpg


  1. 2016/08/11(木) 22:24:54|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再会した友人と再会

高校時代の友人がBABYMETALファンであることがFaceBookを通じて判明。
寄生虫、いや帰省中だということで、おとといワタクシの作業場まで来てもらって再会。
高卒以来だから相当な月日が経過している。イワオとなりてコケむす寸前である。
「ひさしぶり、元気そうじゃないか云々」等の定型あいさつは一切なし。
いきなり話が弾む弾む。酒もチビチビ、また喋る^^

話題はこうだ。
カメラ関係からはじまって・・・

ヘンルマンヘッセ・荒野の狼、シューマン、2001年・ツアラトストラ、ストラビンスキー・春の祭典
ブライアンイーノ、YMO、クラフトワーク、ブレードランナー、ジョージオウェル1984
レーザーグラフィック、高耐熱エポキシ、アルコールバーナー、なんでも自分で修理したくなる、
ELP・悪の教典#9、イエス・Close to the Edge、クイーン・ブライトンロック、
ビートルズ、パフューム、きゃりぱみゅ、グループ行動は好まない。

そ し て BABYMETAL “おねだり大作戦” 絶賛!
・・・
・・・
「どうも思考回路が似てるなー。んじゃ、また。」
ということで彼は深夜1時ごろ自転車で帰っていったのでありました。
次は晩秋のあたりか来春か? 楽しみだ。

*****************************

今日は涼しいぞ、 29℃


いつもの散歩コースを歩く。
すれ違いざま、女子高生が「こんにちはー」という。
こちらもアヤシイ人物ではないアピールを含めて、元気よく「こんにちはー」と返す。
好感度115%程度に抑えておく。
2016_0810_02.jpg
さわやかな若者の顔をバッチリ撮影してブログに揚げたいところだが、せちがらいご時世。
ツーホーされちゃまずいので後姿をパチリ。 いい子だ、またお会いしましょう。

・・・
・・・
えっちらおっちら坂を登って横手城付近に到着。 草刈り機が3台も稼働中、さすがにウルサイ。
方向転換して牛沼方面へ向かうと・・・
おととい再会した友人と再会した! (歩きながら撮ったのでブレブレ!)
2016_0810_04.jpg
いやはや、笑うしかない^^ 思考回路っつーか行動パターンっつーか。

ではご一緒に。

横手スキー場の駐車場に蜂の箱があるんだぞーい。
2016_0810_05.jpg

電気柵?
2016_0810_08.jpg

これは何だろねー? 監視カメラだろう。
(帰宅後調べたら、これが電気柵の電源ユニットのようでした。最大電圧:9600V(6000V~9600V・6段階)
2016_0810_06.jpg

あまり知られていない遊歩道。 
2016_0810_09.jpg

水位が下がった明永沼のほとりまで降りる。
2016_0810_10.jpg

コンクリートの構築物。水位が上昇したらここからオーバーフローさせるのでありましょう。
2016_0810_11.jpg
マメだねー。普段からランニングしてるだけのことはある。

2016_0810_12.jpg

下界への流路がある。ふむふむ。
2016_0810_13.jpg

ここだ。
2016_0810_16.jpg

んじゃそのうちに、ベビメタ動画を取り込む方法を教えてくんなまし。
彼は、電気通信デジタル系アウトドア風味の人物DEATH。

またね。

  1. 2016/08/10(水) 22:43:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

がんばれニッポン

男子体操・団体戦でニッポン金メダル! よかったね。
予選では内村選手がまさかの落下・・・・心配しました。

しかし見事なリカバリー、素晴らしい日本人のチームワーク。

******************************

日本人の素晴らしいチームワーク・・・・はいはいはいBABYMETALです。
BABYMETAL 2014年ロンドンはブリクストン・アカデミーでのライブ。
世界初披露のRoad of Resistance。
終盤の「~心の奥に♪」 の「に」って言った瞬間。 Yuiの口が「に」になってます♡
ここで必ずYui & Moa が視線を交わして「うん!」と頷きます。
2016_0809_02.jpg

こういうアイコンタクトの場面が、他の曲中でも随所に見られます。
「やりとげよう、伝えよう、喜んでもらおう」とか 「よし、イケるねっ!」という
お互いの意思確認をしているのだとワタクシは思う。
ここがBABYMETALの魅力のキモなのだ。

マーティー・フリードマンがこんなことを言ってなかったかな。
「アメリカの歌手は人を見下したような歌い方をするからキライだ」

アメリカ人のベビメタ・ファンのコメント
「色気ですべてごまかそうとするアメリカの女性歌手は、BABYMETALの身を削るようなパフォーマンスを見習うべきだ」

2016_0809_04.jpg
こんなにも喜びにあふれたパフォーマンスは他に観たことが無い。BABYMETALが一等賞、チョーすごーい!

ライブを観た外国人のコメント
「彼女たちが全力で何かを伝えようとしているのを感じる。だから俺たち観客も全力で返すんだっ」
下の画像は初めて聴くRoad of Resistance で戸惑いながらも一緒にWoWo~歌うエゲレス人たち。
2016_0809_03.jpg

神バンドのベーシスト、BOHさんの発言。
「感動せざるを得ない。彼女たちのステージにかける情熱には ただただ頭が下がる。 あの3人を尊敬してやまない。」

**************************

柔道も金! よかった。 
2016_0809_05.jpg
試合後のインタビューに答えて
「内容的に満足できるものではなかったですけど、
柔道という競技の素晴らしさ、強さ、美しさを見ている皆様に伝えられたんじゃないかなと思います」

伝わりましたよー。
日本人以外の選手に時折みられる「ひっくり返しゃーいいんだろ、ブン投げればいいんだろ」
といわんばかりの力任せで無様な「JUDO」は好かん。
さすが日本の「柔道」らしい勝ち方を見せてもらってスッキリしました。おめでとうございます。

勝った大野選手、ガッツポーズも笑顔も無い。さて?
いわく 「相手がいますから。しっかりと冷静に礼をして畳を降りようと・・・」

いいね。

*****************************

演奏終了、3姫がステージからハケたあと。
2016_0809_06.jpg
たしかこのとき(2016年6月 フランス、ダウンロード・フェス)は、機材トラブルで演奏開始が大幅に遅れたんだった。
フランスの観客はおおらかだった。
待っている間、ブーイングするでもなし、ステージに物を投げ込むでもなし。


ベーシスト BOHさん。観客に深々と一礼してステージを降りる。
2016_0809_07.jpg


オリンピック選手もBABYMETALも神バンドも天与の才能に恵まれたひとたちだ。
しかも、さらに 「努力し続けるという才能」 までも持ち合わせている。
そのうえ謙虚な日本人。 なんだかとてもありがたく誇らしく思う。 

イチローも3000安打達成した。
がんばれニッポン。

****************************

ワタクシは日本国歌「君が代」がとても好きであります。 それについては後で書きます。






  1. 2016/08/09(火) 23:18:53|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天才 BABYMETAL & 金澤翔子

昨日の続き。
天才書家・金澤翔子さんの作品「月光」
素晴らしい。


天才ボーカリスト・中元すず香が歌う「AKATSUKI/紅月」
2016_0807_02.jpg

Live Ledgend に収録されている「AKATSUKI Unfinished Ver」
2016_0807_03.jpg

BABYMETALは天才・中元すず香が核となっているのは間違いないが、
云ってみれば
プロデューサーからなにから全部ひっくるめた集合体「プロジェクトBABYMETAL」が天才的なのだ。

ステージの上手・下手を守るYUI & MOAも代役がきかない天才だと思います。いわば「風神 & 雷神」

これも金沢翔子さんの作品。
文字の配置・・・空白・・・評価する言葉がありません^^
2016_0807_04.jpg
2016_0807_05.jpg

ん? 風神・雷神と呼ぶには可愛いすぎるって? 
ままま、そこんところは大目に見ておくんなまし。

じゃ、コレをちょっとご覧ください。
最近発見したライブ動画。2015年イタリアでのステージ。
MOAちゃんの至近距離から撮影された、それはそれは有り難ーい動画。
演ずるは「BABYMETAL DEATH」
https://www.youtube.com/watch?v=BracllrhZkY

2016_0807_06.jpg
この曲は垂直キツネ・ジャンプなどの単調な動きが多い。

しかし、この動画の4:30過ぎから突如・・・・
アクセルを踏み込んだままポンとクラッチをつないだように急発進!
ため込んだエネルギーが噴出、炸裂する。
いきなりなんでビックリする。MOAちゃんたら~♪
2016_0807_07.jpg

このあと数秒間のアクション・・・これを単に「ダンス」と呼んでいいのか?
前衛舞踏とかなんとかの世界に近いんじゃないだろうか。ある種の狂気をはらんだ爆発力。
2016_0807_08.jpg
カメラアングルの関係で反対サイドのYUIちゃんがほとんど見えませんが、同様に炸裂しているはず。

だから何? 
えー、だからYUI & MOA は風神&雷神のごときパワーがあるって云いたいワケであります。
メイン・ボーカリストの添え物的なサポート・ダンサーではない。
両サイドにYUI & MOA、センターにSUが立つ。鉄壁のトライアングル。
何物も侵すことができない結界。

****************************

多くの方が言っておられますが、公式DVDの映像編集はヒドイと思います。
もっと見たいというファンの飢餓感をあおってライブに足を運ばせる戦略だと思われますが、
良い瞬間で画面を切り替えてしまう編集がされていて残念です。
「BABYMETAL DEATH」で、こんなスゴイことをやってるなんて、最近まで知りませんでした。

**********************

ところで今日は暑かった。
秋田県横手市、最高気温37.6℃

じりじりじりじりじりじり みーんみーん じりじりじり
2016_0807_09.jpg

明日は今日よりも涼しい予定。 35℃だってよー^^


  1. 2016/08/07(日) 21:34:10|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二人の天才 中元すず香 & 金澤翔子

今日8月6日は広島に原爆が落とされた日。
BABYMETALのSU-METAL/中元すず香さんは広島生まれ。
今日が何の日かは強く意識されているようです。

本日Rock In Japanに出演したBABYMETAL、早い時間帯にもかかわらず大盛況。
平和な光景ですね。 ステージ前では砂埃が舞う。 むふふ、やっとりますねー♪モッシュッシュー^^


**************

車で15分ぐらいの隣町で、書家・金澤翔子さんの作品が展示されていたので見に行ってきました。
ダウン症の女性書家です。
2016_0806_07.jpg
先天的に何かが欠落していた・・・悲しい事です。
しかし、“邪念が無い” という宝物を授かったようにワタクシには感じられました。
障害がカワイソウ、というバイアスを入れないように、
生い立ちや苦労話などの解説文をなるべく読まないようにしました。 作品を見て感じるために。

破壊力ありました^^ 圧倒されます。
2016_0806_02.jpg

なかでもパワフルなのがこれ。
2016_0806_03.jpg

「魂魄」----こんぱく という言葉の意味は
ワタクシごときが迂闊に解説すると安っぽくなるので、各自お調べください。
ま、魂のことであるのは日本人ならわかりますよね。

*****************

魂。
以前にも書きましたが、再び。

2014年、初のヨーロッパツアーに出たBABYMETAL。
その初日はパリ。
このとき16歳の中元すず香さんが歌った「AKATSUKI」 ---ワタクシこれには完全にノックアウトされました。
初日ということで気合が入ったのでしょうか。 「ライブは戦いだ」と公言している彼女、まさに勝負。
https://www.youtube.com/watch?v=dWU_bTQWwsE&index=19&list=RDNfFnJGTfGQQ

2016_0806_04.jpg
3分50秒付近から目がイっちゃってます。トランス状態かもしれません。

これは魂の歌唱です。命が燃える熱を光を発しています。
パリっ子たちも日本語は分からずともこの気迫は感じたはず。
単なる歌唱力とか、そういう言葉で説明できる範囲を越えている。名演としか言いようがない。
2016_0806_05.jpg


書家の金澤翔子さん、ボーカリスト中元すず香さん。
このお二人を天才と云わずして、何と云いましょう。
2016_0806_06.jpg

お二人の発言から垣間見える共通点は、「みんなに喜んでもらうと、とてもうれしい」。
突き詰めると、そのことしか考えておられないのではないだろうか?
技術的なことは単なる手段なのでしょう。

***********************

平和なニッポン。
平和でなければ、こういう天才達の作品に感動する余裕すらない。

平和の祈り

簡単な言葉だけれども重い。


  1. 2016/08/06(土) 22:19:53|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コンビニ弁当で撮影練習

本日の昼食はチキンカツ弁当。
レンズはTS-E90mmを使用。 ストロボ3灯。


上の写真を拡大。
ツヤツヤ感が足りなかったので、ソースを追加しました。
2016_0805_02.jpg
この写真はTS-Eレンズを上方チルトしてピントが浅くなるようにして撮りました。

逆に下方チルトすると、手前から奥までピントを合わせることができます。
絞り値F4.0  
2016_0805_03.jpg


これはトリミングなしの撮ったまま。
ピント面を斜めに傾けて撮りました。
2016_0805_04.jpg

こういうことです。紫色の面がピント面。
2016_0805_05.jpg

上方チルト、さらにマウント部から回転(レボルブ)
2016_0805_06.jpg


2016_0805_07.jpg
2016_0805_08.jpg


  1. 2016/08/05(金) 22:01:26|
  2. 料理の撮影
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

働くオジサン

エアコン室外機の修理中。 気さくなオジサンである。


それは何すか? そこにネジを入れてるってことは磁石?
2016_0804_02.jpg

「んだ。 百均、んーと・・・マグネット・トレーっちゅうやつだ」

そうか、いいことを教えてもらった。
実はワタクシ、職人の仕事を見るのが好きなんですよ。プロが使う道具とかね、興味しんしん。

基盤の交換。 これはラジエーター?
2016_0804_03.jpg

チューブからにゅるにゅるっとペーストを出す。
2016_0804_04.jpg
ははーん、熱伝道性のペーストだな。それでラジエーターがついてるんだな。
「んだっす」

作業しながらずーっと話し続け。

---技術的にナンギなことも多かろうが、ワケわからん客が大変じゃないか?

「んだっす。東京で仕事してたときは大変だった。
“ここに座りなさいっ”って座らされて2時間・・・とか^^
床にマッチの頭ぐらいの小さいキズを付けた・・・フローリングを全部張り替えろ・・・とかね。
それは保険で対応した。

ま、東北じゃー そーゆーことは無いね。
東京はすごいよ。金をフンだくる魂胆まるだしのヘンな客もいるからね。

洗濯機の修理にいったときは
“なんで壊れるんですかっ! アタクシ仕事を休んで自宅に居るんだから休業分の賃金を保証しなさいっ!キーっ!”
とかね。

よし、できた。電源入れてみて下さい。 パンパン(祈)・・・動きますように。
・・・・・だめか・・・コンプレッサーが逝きましたねー。 買い替えの方がお得かも。」

がっくり。

「ん、まてよ・・・もしや・・・気になる」

再びフタを開けて・・・
「あー、これか(笑) このコード差し込むのを忘れてましたわー^^」 

ゆるゆる~っとエアコン復活^^;) 大出費にならずに修理できました。
作業後も、車に積み込んだ工具などを見せてもらい、話が弾む。
「いやー、しゃべりやすいお客さんで助かりましたわ^^」
いえいえ、こちらこそ。どもども。

********************

午後、散歩。 崖になにやらうごめく人影が。
2016_0804_05.jpg

落石フェンスを設置中らしい。
2016_0804_06.jpg

こりゃたいへんな仕事だ。
2016_0804_07.jpg
働くオジサンたち。 ラクな仕事は無い。

ポケGOで遊ぶ子供。
2016_0804_08.jpg
今だけの猶予期間だぞ。
勉強しろよ。 
社会に出たらコミュニケーション能力が大切だぞ。
そこんところは誰も教えてくれないぞ。

***********************

ワタクシのコミュニケーション能力の成果。
2016_0804_09.jpg

エアコン修理エンジニアが「これ置いていきますわー」。
マグネット・トレーをもらった♪

「おねだり大作戦」を発動したわけではない。 

2016_0804_10.jpg





  1. 2016/08/04(木) 21:41:30|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セカオワを聴いてみた

BABYMETALの場合、BABYMETALそのものよりも熱狂的な中年ファンの存在が「キモイ!」といわれてるようで^^
ま、それはいいとして。

BABYMETALに楽曲を提供しているのはアニメやゲーム・ミュージックを手掛けるクリエーター達であることを知り
目からウロコやらキナコやらがボロボロであります。
ワタクシの食わず嫌いで見落としている才能が他にも存在するのかも?

ちょっと本気で聴いてみました。
今回は「世界の終わり」 通称セカオワ。

“セカオワ” “キモ” と入力して検索してみると・・・まあ出てくる出てくる。
見た目のキモさは・・・うーむ、分からんでもない。
こういう風に髪で顔を隠しているのは「コンプレックあり&ナルシスト」のサインだとワタクシは思っとります。
若さゆえ、でもありましょう。 いいよ、若いから。  


で、YOU-TUBEでセカオワを聴いて(観て)みた。
ふむふむ、なかなか・・・悪くない。 いや、これは良い。
どなたかが編集した動画のようです。

https://www.youtube.com/watch?v=e42EJxFZMNY

2016_0803S_02.jpg
この透明感、中性的な声・・・・これを聴きながら「エンヤ」 とか
サイモンとガーファンクルの「サウンド・オブ・サイレンス」という言葉がふと頭をよぎる。
おおお、歌詞の中に「Sound Of Silence」という言葉が出てきたではないか!

うーむ、これは凡人ではないな。光るモノがあるのは認める。

*****************
セカオワに対してアンチの書き込みは沢山あるけれども、なにもそこまで叩かなくても・・・と思う。
最低なのを見つけた。これ書いたやつこそ「ゲスの極み」である。

http://ripy-jm.com/news/pickup921_sekainoowari_criticism_fukasesaori.html

2016_0803S_03.jpg

なになに

--- 彼らの音楽はお茶の間に自然に流動的に発信されている。お茶の間から彼らの曲と姿が流れてきたとき、
   トランシーバーと旗を持ち、緑のコートを着て、
   ボーカルFukaseが中性的でどこか幼さのある歌声で「ドラゴンナイト」と歌う姿を見て
   「恥ずかしい」「気持ち悪い」という気持ちになった大人は多いだろう。
   現実の生活からまるで離れたような姿と歌詞に対して、
   自然と気持ち悪いという感情が生まれてしまっているのではないだろうか。
   現実の生活が音楽やクリエイティブなところからかけ離れているほど、そういう気持ちが強くなるはずだ。
2016_0803S_04.jpg


つまりこのゲス記事野郎は、ファンタジーを理解する頭がない、ということを白状しているわけだ。
現実の生活に即した自分の狭い世界観の範囲内でしか物事を理解できないっつーことね。

あーあ、これ仕事で書いてんのか? だとしたら恥ずかしー。 こいつは あ・た・ま・わ・る・い。
(ワタクシ、セカオワを擁護しようとしているのではありません。誤解の無きように^^)

********************

セカオワの深瀬さんの発言も叩かれてますね。
「いまどきギター使ってんの? って思う」
うーむ、言い方が ちと上から目線でしたな。 しかしワタクシはこれには同意する。
彼が言ってるのはギターテクニックを売りにしたところで、
それが楽曲の良さとはイコールではないってことだと思います。

ワタクシ、ギターを弾くのでわかります。
ハイテク・ギタリストの演奏は「俺様の超絶ギターを聴けっ!」という風になりがち。
曲の良し悪しとは別問題。 たとえばイングヴェイ・マルちゃん。

名曲オンパレードのビートルズの場合、テクニシャンは一人もいない。
自分たちが表現したいことを表現できるだけの演奏ができればいいのだ。

それと、もうひとつ。
ロックバンド的な形態では、ギターを使うのは常道ではあります。ギターは大変魅力的な楽器です。
しかし、ギターという楽器の特性によって、ある種の制限が掛かるのだ。

だから、ギターにこだわらずに他の楽器を使ってもいいじゃん。 という意見表明だとワタクシは解釈した。
ロックバンド=ギターバンドの方式を発明したのはビートルズ、1961年デビュー。 もう古い形態なのだ。
しかも、「ライブ演奏するギターバンド方式」 をあっさりやめてしまったのもビートルズ。

諸説ありますが

 ・スタジオでの多重録音テクニックを駆使しはじめると、
  その方が飛躍的に表現の自由度が高まってしまった。 作曲・録音したのはいいが、ライブで再現不能。
 ・どこに行ってもモミクチャにされるだけで、まともなライブ演奏ができない。
 ・大観衆を相手に十分な音量で演奏を聴かせることが可能な音響設備(PA)がない。

なので1966年、日本武道館コンサートあたりを境にライブ活動を停止、
以後はスタジオ・アーティストになって名曲を量産しました。

話が横道に逸れたか?
つまり、セカオワは
ロックバンドかくあるべしという固定概念からは距離を置いてるんだよーってことでしょう。

「歌詞がキモイ」 言われてますねー。
「現実にはありえない歌詞」・・・だーかーらー、ファンタジーだってば^^
たとえばビートルズの場合は・・・・やめた。 

深瀬氏は「だれからも好かれるように人懐っこい感じにしようと思った」のような発言もしています。
過去の精神の病だのリンチされただのの経験を、そのまま楽曲で表現したってウケないと判断したのかな。

「歌が下手」 そうですかねー? ワタクシは下手とは思いません。
どんだけ上手かったらいいんでしょうか?
楽器の演奏技術と同じく、歌唱力があればいいってもんじゃーない。
セカオワの世界観を歌うにはとてもマッチしていると思うんだがね。声の質も。

ワタクシ、どの曲か忘れてしまいましたが「あっ、上手いっ!」って感じた瞬間がありましたよ。

「現実感が無い」 ・・・いやー、だってソレは狙ってないでしょうよ。
逆に、チマタには生活感べったりの曲が多くてワタクシはうんざりしてるんですけど。
心の痛みをファンタジーというオブラートでくるんだ曲調がこのバンドのカラーでしょう。

暗~い・怖~い曲よりも、ファンタジックに優しい曲調のほうが一般には好まれるでしょう。とくに女子には。
思ったとおりに作ったのか、営業戦略としてそうしたのかは不明。
でもこのヒト、音楽的センスは良いしアタマも良い人だと思います。
2016_0803S_05.jpg
2013年に公開された動画が一億回も再生されている。
アンチも多いがファンも多いじゃないか。 いいことじゃないか。

*****************
エラそうに書いてみました。
結論は、セカオワは予想外に良い。
彼らが表現したい世界観はわかる。才能あるとおもう。
しかしワタクシはおじさんだから・・・この優しい世界が・・・うーむ、物足りんのだよ。 深みが・・・ね。
ファンのみなさん、すいませんね^^

心の病系統だったら過去の巨人たちがズラズラといるもんで。
ピンク・フロイド、キング・クリムゾン。
あー、それからピーター・ガブリエルを忘れちゃいかん。

ピ-ター・ガブリエルさんはスゴイよ。
曲のテーマが、疎外・孤独・記憶喪失・被害妄想・自分をコントロールできないetc.
しかもそれぞれが素晴らしい楽曲として成立しているのだからワタクシ的には別格扱いのアーティスト。

セカオワの彼が「トランシーバーに向かって歌うという演出がキモい」って叩かれてますが、
ピーター・ガブリエル師は電話に向かって歌っとります。電話ボックスの中で。
Come Talk To Me 「ここに来て私と話をしてくれ」って歌ってます。 他の曲にも「電話」がよく出てきます。

https://www.youtube.com/watch?v=EyfURV22tzU

力強く美しい曲、しかも病んでます。 ワールドクラスの寂しがりやさんです^^
2016_0803S_06.jpg


あー、こんなに書いたら疲れたぞ。
BABYMETALでも聴くか。 ウキウキ・ミッドナイト ですかね♪

キンキラリーン☆











  1. 2016/08/03(水) 22:53:42|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BABYMETAL/世界征服

♪ぱっつんぱっつん前髪ぱっつんキューティー・スタイル


やっぱ一直線なら一等賞よ チョーすごーい!

えー、{ドキドキモーニング}という名の馬が勝った! というニュースでしたっ。
2016_0802_03.jpg

ゴール直前で首を振るクセがある「へどばんぎゃー」という馬がいたりするとオモシロイのだが^^


*****************

ワタクシ、昭和のロックおじさんは
アイドル、アニメ、ゲーム等に一切興味ナシ。
したがってそれらに付随する音楽にも興味なーし。(正直に言うとやや見下しておりました)
スーパー・マリオの音楽は例外、あれはすごいと思います。

BABYMETALに一撃をうけたのは「ヘドバンギャー」と「メギツネ」が最初だったと思います。
1stアルバムを聴くと「ドキドキ・モーニング」は、いかにもアイドルっぽいので敬遠しておりました。

ところがライブ映像を観ると・・・・おおおおスゲー、かっこいいいいい!
これは2014年、ロンドンのライブ。
2016_0802_05.jpg

2016_0802_04.jpg

そうか、レコーディングした時点ではほんとに子供だったんだ。
2014年になるとSUの声に迫力がある。身長が伸びたYUI & MOAのダンスも強烈にパワフル。

タトゥー入りの筋肉メタル白人がヘドバンする姿なんぞ見飽きている。
スーパー・キュートなジャパニーズ・ガールのツインテールがひらり宙に舞う絵柄のなんとステキなことよ♡
2016_0802_06.jpg
すげー、かっこいい、Kawaii、波状攻撃。 めくるめく BABY・ワンダー・METAL・ランド。


いやー、この曲はスゴイっすわ。作詞・作曲者に拍手を!
アイドル系統に楽曲を提供している方ではなかったかな?
ただし、BABYMETAL(神バンドを含めて)だから可能なパフォーマンスであるがゆえのスゴさなのだ。
相乗効果とはまさにこのことなり。 楽曲の持つポテンシャルを生かすも殺すも演者しだい。

日本語の早口ラップでロンドンが燃える。 ロンドン橋も落ちるわい。
2016_0802_07.jpg

********************************

下はTVからとった画像のようです。
2013年のハッピーな目標は世界征服!
マジに受け取る人はほとんど居なかったでしょう。
2016_0802_09.jpg
この時代の映像を見ると
「メタル? すごいねー、かわいいねー、がんばってねー♡」 みたいなイジられかたでしたね。


BABYMETAL関連ニュースのサイトをチェックするのが日課になっているのですが、
さきほど、そのサイトを見に行ったら新たな情報が・・・
こ これは?
思わず「わはは」と笑ってしまった!
2016_0802_08.jpg

来日記念盤

そうかー、言っちゃったね。
「BABYMETALプロジェクトは本気である」
ということの意思表明でありジョークでもある、とワタクシは受け止めた。

すばらしい。
ますます他のバンド(アーティスト、ユニット、呼び名はどうでもよろし)に興味が無くなってきた。


  1. 2016/08/02(火) 22:54:36|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デザート撮影

デザートの撮影をしました。 ダミーを並べて再現してみます。
中央のケーキ前面が暗いですね。



クリップオンの光をレフにバウンスして補助光を当てました。
2016_0801_01.jpg

湾曲した器なので、光を当てる角度が制限されます。
2016_0801_02.jpg

おまけに
右側に白い被写体があって、これがですね・・・あっさりと白トビするのですよ。
クリップオンの補助光を広範囲に当てないようにしてみました。
2016_0801_03.jpg
黒い紙筒スヌートでピンスポット的に光を当てる作戦も考えましたが、
わざとらしくなってしまう可能性あり・・・と判断して、今回はレフ・バウンス方式を採用しました。

これが本物。水羊羹です。
左:暗い。  右:補助光で明るくなった。
2016_0801_04.jpg
表面が乾き気味に見えるようではNGなので、指に水をつけてペタペタ。 加減が難しい。 

***************

雷ゴロゴロ。 電源が2回落ちた^^
幸いPCトラブル無し。

ピカゴロが遠ざかったようなので、ブログ書きました。
すごい湿気^^;)



  1. 2016/08/01(月) 22:01:34|
  2. 料理の撮影
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

pink

Author:pink
秋田県横手市KUBRICK
パパは写真撮ります。
商品撮影、時々色々撮影!
ママはパン焼きます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (102)
物撮り (310)
スナップ (194)
天然酵母パン (4)
ドライイーストのパン (5)
建築撮影 (1)
ハードウェア (2)
ロケ (34)
料理の撮影 (119)
機材 (129)
スタジオ・人物 (30)
マクロ (12)
実験・シミュレーション (75)
画像処理 (5)
音楽 (117)
本 (14)
ギター (37)
日記 (376)
工作 (20)
スポーツ (8)
オーディオ (26)
撮影 (8)
集合写真 (1)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR