パパフォト&ママパン

塀までひとっとび

言葉あそびから作られたと思われるBABYMETALの「4の歌」を聴いていて、ふとこれを思い出しました。


1974年発表、サディスティック・ミカバンドの「黒船」、名盤です。
ワタクシ個人としては日本ロック界における金字塔、奇跡の一枚だと思います。

若き日の高中正義と のちにYMOに参加する高橋ユキヒロが在籍。
二人とも非凡さが光ってます。 このアルバムでの演奏が一番好きです。
2016_0430_02.jpg

このアルバムに収録されている「塀までひとっとび」。
日本語の言葉遊び・語呂合わせを16ビートに乗せた傑作です。最高のジャパニーズ・ファンク。
雰囲気は、えー・・・スライまたは、グラハム・セントラルステーションなんかのドンズバ70年代黒人ファンクに近いか。
実は学生時代にバンドやっとりまして、この曲も演奏しました。 A9thで延々と♪ 思い入れタップリ♡
“本物”の黒人ファンクより、ワタクシはこっちの方が好きであります。 ユキヒロ氏のドラムが・・・^^
これを演るためにワウ・ペダルも買ったのだった。 懐かしい。

https://www.youtube.com/watch?v=92tgX55oj7c&list=RD92tgX55oj7c

映像はツギハギ編集ですが、音源はLPやCDに収録されているもの。 UP主さま、ありがとうございます。
2016_0430_06.jpg

歌詞はこうです。
2016_0430_03.jpg
「湯呑ーみ」がYou Know me に聞こえる。

ワタクシが気に入ったポイントは「ガタガタごねても」のところ。
均等に八分音符に乗せるとノリが悪い。“ガタガタ” の最後の”タ”を抜いてしまった。 
ここのシンコペーションが素晴らしい。(コトバのシンコペーションと言うべきか?)
2016_0430_04.jpg
次の行の「まだまだ」も一文字抜いて→「まだまへっちゃらけ」。

歌詞はその場の思い付きかも。 いかにリズムを載せるか? グルーブさせるか? そこがポイントの曲です。
コトバの意味的な起承転結を整えないように、イメージが飛躍するように考えたのかもね。
誰かに歌詞の意味は?と聞かれたら 「意味? さーてね^^」なんてニヤリとする。 これ作るの楽しかっただろうなー。 

当時「日本語のロックは成立するか?」などという論議がありました。 それに対する回答だったのかもしれません。

「暮らしの知恵の 抜き書きなんぞ」 なんじゃこれ?
たぶんこれだ。 昔の、今で云う生活情報誌「暮らしの知恵」。 「暮らしの手帖」ってのもあったなー。
2016_0430_07.jpg
和洋折衷、日本語による日本のロック、ということで思い出したのでありました。
言葉遊び、非日常性というのもBABYMETALとの共通点。
“キミとボクの二者の世界しかないラブソング” が無いところも共通。 きゃりーぱみゅぱみゅも、そこは同じ。

また、このアルバムでの高橋ユキヒロのドラム・プレイは彼のベスト・プレイだと思います。
特にスネアの音色がたまらん! フラムを使わずに押さえつけるタイプのリムショットが素晴らしい。
あー、ユキヒロ氏のドラム・プレイについてはいずれまた、あらためて。

曲は素晴らしいのですが、ライブでのアピール力はたいしたことなかったでしょう。ハデな人達じゃないので。
ロキシーミュージックの前座として演奏、イギリスで好評を博したらしいです。


***************

テクノロジーの進歩、演奏技術の向上、いろんな事が可能になった21世紀。

現在驀進中のBABYMETAL、「4の歌」。
BABYMETALはメタルか?メタルとは認めない!・・・なんて怒っても、そりゃ怒るだけムダですわねー♪

ライブでは体を使っての表現「よん♡」 、言葉遊びに加えてビジュアルでも遊ぶ。
いまのところBABYMETALがジャンルを超えた最強のエンターテイメント。 ライブの楽しさと強さは群を抜いている。
2016_0430_08.jpg
誰かが発見してネット上にUPした有名な画像を拝借しました。







スポンサーサイト
  1. 2016/04/30(土) 22:57:34|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キル・ザ・キング / イジメ、ダメ、ゼッタイ

リッチー・ブラックモア率いる RAINBOW の代表曲 「Kill The KING」 お懐かしゅう♪
https://www.youtube.com/watch?v=LkSHHK7WlAw

2016_0429_07.jpg


ハイスピードで、メロディ・ラインのハッキリとした名曲です。
ジャンル分けするならば、ハードロックでしょう。
のちにハードロックから分化・進化していったヘビーメタルの原型の一種であると思います。この曲は。

で、歌詞は 「危険だ、危険だ、・・・中略・・・王を殺せ、首を切り落としてしまえ!」
ムチャクチャな暴君の圧政に苦しむ庶民が反旗を翻すの図。中世の物語に題材を得たのでしょうか。 
攻撃的な歌詞であります。 演奏も(当時としては)攻撃的。 現在のヘビーメタルも一般にそうでしょう。

********

話は飛びます。
「ボウリング・イン・コロンバイン」というドキュメンタリー映画がありました。社会派のマイケル・ムーア監督。
以下Wikiから引用

---コロンバイン高校銃乱射事件の被害者、犯人が心酔していた歌手のマリリン・マンソンや
全米ライフル協会(NRA)会長のチャールトン・ヘストン、『サウスパーク』の制作者マット・ストーン、
清教徒のアメリカ大陸移住から現在までの銃社会の歴史検証や、コロンバイン市民らへのインタビュー。

そして、アメリカの隣国で隠れた銃器大国のカナダ、日本やイギリスなどの他の先進国との比較から、
事件の背景と銃社会アメリカのいびつで異常な姿をあぶり出してゆく。

引用終わり。

ワタクシの記憶をたぐりよせると、(記憶なので正確ではあーりません^^)
Deth で Hell かつ F@ck な歌を歌うマリリン・マンソンがマイケル・ムーア監督のインタビューを受けます。

-----お前が過激な歌をうたうから、それを聴いた若者がこのような事件を起こしたんじゃないか? 
    その影響の責任を感じないかという声が上がっている。 どう思う?

マリリン・マンソンの返答
   「あー、たしかにオレは反社会的・反宗教的で暴力的な歌を歌ってるよ。
    だがな、それはある種のファンタジーだ。 エンターテイメントの一環だ。
    俺の歌を聴いて、それと現実を混同するバカがいたとしたら、それは家庭の問題じゃないかね?」

   (追記: 「問題は、誰も彼の話を聞いてやらなかったことなんだ」 という発言だったかもしれません)

**********************

イジメはアメリカでもかなり問題になっているようです。
イジメやめよう! の啓発動画がたくさんあります。
2016_0429_01.jpg
Bullying は 牡牛の"Bull"からの派生語で 横暴、弱いものイジメ を意味します。
英語に堪能な方のブログで拝見しましたが "Bullying" は 非常に暴力的なニュアンスのある強い言葉だそうです。

********

前振りが長いですね^^^

BABYMETALが歌う「イジメ、ダメ、ゼッタイ」
https://www.youtube.com/watch?v=Ro-_cbfdrYE
2014年、イギリスでのライブ映像。
悲しげな表情で導入部を「るるるー」と歌うSUちゃん。 曲調は静かです。
2016_0429_02.jpg
どうしてそんなことするの・・・・と訴えるような目つき。萌え^^

そして、戦う表情へと豹変する寸前・・・この直後の変わりようが・・・惚れますよ♡ ゼヒ動画をごらんあそばせ。
2016_0429_03.jpg

ハイスピードでハードな演奏が始まると完全に戦士の顔。 もう一度、萌えーーーー^^
2016_0429_04.jpg

両サイドにいるMOAとYUIも、他の曲では天使のように愛らしい笑顔なのに、この時は険しい表情です。
初めてこの動画を見たときは、疲れてるんだろうか? と保護者目線全開で心配しました。
あとで気が付きましたが、「イジメ、ダメ、ゼッタイ」と訴えているのですね。
いわゆる振付の範疇を超えてます。すばらしい。

いかにBABYMETALが画期的か?
気に入らないヤツはブン殴ってしまえ! 敵を叩き潰せ! がヘビーメタルな歌の方法論というか、お約束。
そこへ「イジメ、ダメ、 君の泣き顔はもう見たくない、 君を守るから」 
そりゃメタル的にはオキテ破りでしょー、まずいよーとワタクシ思いました。

ところが、曲の前半を歌い終えたSUちゃん、
ステージ上から客席の左右を見渡して勝利を確信したかのようなこの表情。 眼が強い!
2016_0429_05.jpg

演出の一部であり、演技だ、と言ってしまえばそれまでですが。 なにせこのときSUちゃんは16歳と7ヵ月の少女です。
この曲の歌詞を何か月もかけて読み込み、自分の中に取り込むというプロセスを踏んだらしい。
ただオトナの言うがままに動いているだけではないようです。
「成りきる」「役が憑依する」とも評価されてます。たいしたもんだ。

もはや海外でも「SU is Metal Queen」 国内では「SU菩薩論」 とかね、いろいろ高い評価がでてきてます。

「ライブはお客さんとの闘いであり、自分自身との闘いでもある」と公言しているSUちゃん。
2014年、イギリスの大観衆に対して勝利をおさめた模様。やんややんや♪
2016_0429_06.jpg

ある外国のファンがコメントしてました。
「最後に彼女たちが可愛い声で See You ! って言ってステージから去るところの小生意気な感じがとても好きなんだ♡」
同感!
2016_0429_08.jpg




  1. 2016/04/29(金) 23:49:49|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

歌詞を聴く?

歌モノの音楽を聴くときに、歌詞を聴いている人と、そうでない人は
割と明確に分かれているんじゃないだろうか?  と長いあいだ疑問に感じておりました。

それが確信に変わったのは今から数年前、オヤジ5人ぐらいで飲んでいたときの事。
音楽好きの連中ばっかりだったので
自然に“ビートルズはやっぱりスバラシイ”方向へ会話が進行。 ええ ええ 古い人間ですから。


そのうち一人が「俺、ビートルズは好きじゃない」と発言。

---なぜに?

「英語だから何言っているか分からん」

うひゃー、そうなの? ワタクシ衝撃をうけました。
そうか、やっぱりそうかー。 彼は歌詞を、意味を聴いているのだ。
洋楽聴かない派の方々はみんなそうなの?

******************************************

ワタクシのビートルズ初体験は中学二年生のころ。
同級生のフルカワサエコさん(クラシック・ギター部所属) がレコードを貸してくれました。
それからというもの、どっぷりと浸るようにビートルズを聴きました。至福のひと時でありました。
中二だからもちろん英語の歌の歌詞なんか聞き取れない。意味はわからない。
にもかかわらず・・・

[Come together]
  サビの"Come together" ・・・ソコしか分からんが、なにこのカッコよさ。
  恋愛の歌じゃないのは感じ取れる。 斜に構えた不良アニキっぽい雰囲気にシビレル。

[Lucy in the sky with diamond]
  ルーシーがダイヤと一緒に空の中?????
  まったく意味がわからんけれども、言いようのない浮遊感と幸せな感じ。

[I am the warlus]
  私はセイウチ・・・なんじゃこりゃ? タイトルからして意味不明。 日本語訳にしても意味不明なラビリンス。
  説明不能ですが、なぜか好んで聴いておりました。 どこかに迷い込んでしまったような不思議な感覚。

*************************************

海外で大人気のBABYMETAL。日本語の歌なのに、ナゼ?
これが「現象」としてとても興味深いのです。

「海外での評価」がネットでバラまかれているので拾ってみました。

誰かが「英語で歌ってほしい」とでもコメントしたのでしょうか、それに対する反応が大変興味ぶかい。
メキシコの方々のようです。

  ●日本語で歌うというところも彼女たちの魔法の一部だ。今までのスタイルを変えないでくれ。

  ●日本語の歌の中に時々英語の歌詞を入れるぐらいだったらいい。
    しかし、もっと多くの人に知ってもらうために母国語を捨てるべきではない。
    ここまで来るのに英語の歌は必要ではなかったのだから。

  ●英語の歌詞だったら、日本語が分からない私でもすぐに内容を把握できるだろう。
   この点が重要で、私は歌詞が理解できないことが好きなのだ。
   彼女たちが歌っていることを、自分の記憶と照らし合わせて考える。現在のこういう感じがとても好きなんだ。

最後のコメントなんか、ビートルズを発見した若き日のワタクシとまるで同じではないか!
最初はユックリ・・・・ためてためてためて・・・・・・・・
ダン、ダン、ダンッ! 「ルッシーインザスカアアアイウィズダアアイアモンッ♪」 ルーシー飛んだっ!
ああ、いいなあ・・・・もう一回聴こう♪  ってな感じで頭の中にイメージを作るのが楽しかったのだ。 

これなんですよ。 会えなくてせつなくてとか、そんな作文みたいな歌詞は要らないのだ。
音楽の魔法なのだ。

BABYMETAL メキシコでのライブ映像、「メギツネ」。
日本人なら誰でも一聴してそれとわかる、まさに「よさこい」ですね。
https://www.youtube.com/watch?v=tpxfCgss-Z0
2016_0428_03.jpg

客席の南米人が歌う声が聞こえますねー。

「それそれそれそれっ!」
「チキチキわっしょい!」
「いにしーえーのー 乙女たちよー ♪」

国籍や人種が違えども 祭りだワッショイ ・・・て感覚は共通かもしれない。 
いや日本の祭りがモチーフとは判断できんだろうが、祭り的な楽しさは同じだワッショイ!
とても面白い、興味深い。

BABYMETAL=平和の使者である、とするワタクシの考察はさらに強化されていくのですた。
日本にはBABYMETALがあるから核兵器は要らないのだっ!

Abbey Roadも良い。   Road To Resistanceも良い!
2016_0428_02.jpg



  1. 2016/04/28(木) 23:14:38|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダメ、ゼッタイ!

これは名作です。
ジャズ・ピアニスト山下洋輔の「ピアニストを笑え」学生時代に読んで衝撃を受けた記憶あり。再読です。


ヨーロッパの各地で演奏して廻ったときの、山下トリオのドタバタ・ツアー顛末記です。時代は1960年代後期。
今日、ちょっとヒマをつぶす必要があってこの本を読んでいたら、こんな場面がでてきました。
現地案内人のホルスト氏が山下らに、「ハッシシ、マリファナはやっては駄目だ、やらないと約束してくれ」と言う場面がありました。
2016_0427_02.jpg
ま、とにかくこれは笑えます。 ワタクシ、ジャズに関しては門外漢なのですが、破壊的におもしろい本です。
この本についてはいずれまた。

****

で、こんどはスノボ選手がマリファナやっちまったという報道。
ダメだっちゅうのに。 パーティーですすめられて・・・・あーあ。
そうゆう誘惑はあるんだろうが、ダメダメ、絶対!

****

BABYMETALの曲で「イジメ、ダメ、ゼッタイ」 という曲名を見たときは
えー?! なんちゅうタイトル・・・・お子ちゃま路線か? と思いきや・・・
2014年のイギリスでブチかましておりました。

https://www.youtube.com/watch?v=Ro-_cbfdrYE
2016_0427_03.jpg
これはオフィシャル動画なので、音質・画質良し。 

アニメの美少女戦士が現実の存在となって降臨したかのような場面。 SUが 「ライブは戦いだ」 と発言してる。本当だ。 
とにかくこの娘たちはカッコイイ。 絵になる。 振付けが天才的だし、実際にやってのける三人娘も天才的。
2016_0427_04.jpg

30分ぐらいしかなかったので、演奏は5曲程度だったらしい。そのわずかな時間で、この大観衆を制圧してしまったのだ。
出番は2番目、昼の12時からのステージでこんなに客が埋まったのは見たことがない・・・と現地スタッフの弁。
2016_0427_05.jpg
「ジューダス・プリーストの楽屋に行ったときもロブ・ハルフォードさんが「待ってたよ」って言ってくださったり。
メタリカのカーク・ハメットさんにも何度もお会いしてるんですけど、すごく優しいんですよ。
嫌な顔をする方は誰もいなくて、あたたかく受け入れてくれる。それがすごく嬉しいですね。」

わはは あっぱれあっぱれ♡
大御所の “本物” たちは 「お前たちは まがい物だ」なんて偏狭なコトは言わないだろうね。


ところで
CDに収録されている「ド・キ・ド・キ☆モーニング」の歌声がやけに子供っぽいのでチョチョイと検索したら出てきました。
2010年にTVで紹介された「ド・キ・ド・キ☆モーニング」のレコーディングとダンス練習風景。
https://www.youtube.com/watch?v=9bB5EFrbydw
2016_0427_06.jpg
ほんとにコドモだ! この4年後に、上でご紹介したUKライブを戦い抜いたのだ。 痛快極まりない♪

「金魚が錦鯉・・を通り越して、昇り龍に変身していくプロセスを見ているようだ」とのコメントを拝見したことがありますが、
まさしくその通り!

*********

もうすぐアメリカとヨーロッパ・ツアーがスタートする。
BABYMETALの周辺にいる優しいオトナの皆さん、どうか彼女らを守ってください。お願いします。
全国の父兄が同じ思いでありましょう。







  1. 2016/04/27(水) 22:52:23|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

世も末

むかしむかし、ビートルズが来日し武道館でコンサートを行いました。


当時、「時事放談」という番組がありました。 そういう番組があったのはうっすらと記憶にあります。
ジジイが勝手なことを言い放つ番組だという印象でした。(ワタクシ小学生の頃の記憶なので1966年より後のこと)
2016_0426_02.jpg

で、ビートルズに関してジジイたちが言い放った内容がケッサクであります。(ワタクシ、番組は見てない)

   「武道の殿堂である神聖なる武道館を、訳の解らん奴等に貸してたまるか!」
   「ビートルズが乞食芸人なのは、騒いでいる気違い少女供を見れば一目瞭然」
   「塵芥ための夢の島でやれ!」などと発言した

乞食芸人とキチガイ少女・・・^^

**************************

えー、あとはですね、
クイーンがデビュー・アルバムを出したときにイギリスの評論家あるいは新聞記者が
クソミソにこき下ろしたというエピソードがあります。
「もしもあんなのがヒットしたら、俺は頭にションベン桶をかぶって外を歩いてやるよ!」
だそうです。 チャンチャン♪

****************************

そして、つい最近ピーター・バラカンがネタを提供してくれました。

東京MXTVの番組に出演したピーター・バラカン氏。
BABYMETALを紹介するコーナーで「世も末」なーんて言っちゃった。
トドメにツイッターで発言。
「あんなまがい物によって日本が評価されるなら本当に世も末だと思います」

ほほー、そうかね。ワタクシの意見はだな・・・
人種・宗教観・社会階層の違いによるモノの考え方の相違がほとんどない日本人にしか創れない
世界に誇るメイド・イン・ジャパン・プロジェクト、
ハイパー・ミクスチュア・ミュージックとハイパー・ダンスの核融合ユニット、
それがBABYMETALである。 どーだっ!

全国のBABYMETAL父兄から発せられたコメントも面白い。

「バラカン氏は・・・ツェッペリンでさえも生理的にムリ、嫌いだと発言してる人だから・・・まあ、ムリだろね」
「世の中には本物の皮をかぶった偽物と、まれではあるが偽物の皮をかぶった本物も存在する。さーて、どっちがどっちでしょう?」
「BABYMETALは一流プロによる、本物のイロモノ・プロジェクトでーす」
「まがい物? BABYMETALの楽曲には、いろんなパクリ、オマージュ、パロディがちりばめられてる。
 そのギミック感が楽しいんじゃないか。 俺なんか初めて聴いたときは笑いすぎて泣いたよ♪」

***********************

さて、5月から6月にかけてBABYMETALの北米及びヨーロッパツアーが開始されます。もうすぐです。
各地から賛辞が怒涛のごとく押し寄せるはず。
もうインターネットの時代だから、ギョーカイの人が発信する報道を待つ必要ないもんねー。

参考資料、2015年5月30日、ドイツのロック・フェスティバルに出演した際の動画。
https://www.youtube.com/watch?v=g5xSO5CVEME

Road To Resistance いう曲のなかで観客と一緒に歌う場面があります。
MOAちゃん、イヤーモニターを外して手で持ってます。
耳の形にピッタリ合わせて作るので、これを両耳に装着すると外の音はほとんど聞こえないらしい。
なので、ウチの娘のMOAちゃんはとてもいい子なので、イヤモニを外して観客の声を聞くのです。
2016_0426_03.jpg

そして、視線を合わせてニッコリ♡
2016_0426_04.jpg
この視線で直撃されたら間違いなくキュン死♡
「お客さんの目を見て、気持ちを伝えるように心がけてます」 
人種・年齢・性別問わず、これに耐えきれる人はいないだろう。 破壊力抜群、平和の使者だ。
アメリカでのコンサートにはディズニーも関心を寄せているような気もする。なんて想像したら楽しい♪

来月以降、北米・欧州各地から「オレも死んだー♡」とのコメントが多数発せられるのは目に見えている。
つまり、バラカン氏がいうところの「世も末」状態が、世界規模で拡がっていくことになる。
そして
“評論家ピーター・バラカン” の商品価値が通用する世は終わりに向かうのだ。
「俺の居場所が無くなる」という意味で発言したのか?

MOAちゃんの視線の先にバラカンを立たせてみたいもんだ。
「世も末だ。 胸の奥がキュンっとしたのは疲れが溜まってるせいだろう。病院で検査してもらおう。世も末だ。」

君が世は千代に八千代に





  1. 2016/04/26(火) 23:09:09|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブラックサンダー

ついにCDを調達。
現在進行形アーティストのCDを買ったのは、20年ぶりぐらいだろうか?

録音が数年前なので、声が子供っぽい。
曲によってはドラムが打ち込みですね。そこが不満といえば不満。細かい事を言えばね。

「悪夢の輪舞曲(ロンド)」、これは・・・どうやって歌いだすんだろう? 変拍子だ。
レコーディングは別として、ライブで歌うのは普通は無理だろう。 拍子が分からん、音程もわからん。
でもライブでも歌ってるし・・・うーむ。
たぶんイヤー・モニターから何らかのガイド音が聞こえているんだろう。そうとしか思えん。
こりゃすごい。

*******

ところで
妙なネーミングのお菓子を発見。 小さくてもおいしさイナズマ級! って書いてある。
2016_0425_02.jpg
2016_0425_03.jpg

切ってみた。
2016_0425_04.jpg
チョコで固めた“おこし”のようだ。 ははーん、それでサンダーね^^
これは一本取られましたな。

あたたたたーたたーたたた ずっきゅん♡
2016_0425_05.jpg
ギミチョコ♪

2016_0425_06.jpg

へどばんへどばん ばんばんばばん♡


  1. 2016/04/25(月) 20:59:36|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

中毒症状

”お気に入り”フォルダ、YOU-TUBE。 サブフォルダはアーティストごとに分類してあります。
クラシック・ロックばっかりでしたが、BABYMETALも追加


“BABYMETAL”フォルダの中はさらにライブ会場ごとに分類。
観客が撮影した動画が大量にUPされています。
2016_0424_02.jpg

メキシコ・シティでのライブが異様に熱い。
「♪おーれーおれおれおれー♪ 早く出てこーい」 お国柄でありますね。

BABYMETAL登場、定位置につく。
2016_0424_03.jpg

Road Of Resistance が始まった! 
この曲のスタートする場面が何回見ても鳥肌モノ。 馬で疾走する振付がシビレる♪
そして、メキシコの観客の爆発力がすさまじい。
2016_0424_04.jpg
https://www.youtube.com/watch?v=anIkjG5K7fQ



今月(2016年4月) アメリカのTV番組「レイト・ショウ」に出演したときの映像。
2016_0424_05.jpg
放映後の反響がすさまじかった模様。

YOU-TUBEに投稿されたコメントを見ると
「テレビで初めてBABYMETALを見た。 なんじゃこりゃ? 好きじゃないな、と思った。
 その後、YOU-TUBEで探して動画を見まくった。
 24時間後、考えが変わった。 もし娘が生まれたら “SU-METAL”と名付けることに決定!」

ワタクシの場合も同様。
だいぶ前に、今話題の・・・と紹介されていた「ギミチョコ」の動画をチラ見。
なんじゃこりゃ? ももクロのメタル風味?  そっ閉じ、でありました。

つい最近イギリス、ウェンブリー・アリーナで単独ライブ大成功・・・の報道を目にし、
ちょちょちょっ、それって話がデカイねー、 どれどれ・・・あらためてライブ映像をさがしてみたら
これがねー、もう全面降伏であります。

客層を調べてみた、というマメな方がいました。 結果は、40-50代のオッサンがかなり多いらしい。

あるライブ映像に投稿された英文コメントにこんなのがありました。
「かつて、ビートルズ、キッス、ディープ・パープル、アンスラックス、etcに出会ったときは
“ヤバっ、スゲー”と感動したもんだった。 BABYMETALを発見した今、同じ種類の感動がある」

オジサンは若くて可愛い女の子が好き・・そりゃそうですけど。それだけじゃないのだ。
オジサンたちはロック系の音楽の歴史を知ってるのだ。
いかにして変化・進化・発展してきたのか。
そして停滞し、袋小路に入ってしまった現在の音楽界の状況を残念だと思っているひとが大勢いるのだ。と思う。

そこをブチ破ったBABYMETAL、これは事件であります。もっと早く知りたかった。
2014年、イギリスでのライブでかなり自信をつけたようで、もはや完全プロフェッショナルです。
楽曲の良さ、バックバンドの演奏力、フロント三人娘の全力疾走パフォーマンス。
こんなにも全てが高い次元で融合したライブ・パフォーマンスは、他に例が無いのではなかろうか?

メキシコでのライブがすばらしかった「Road Of Resintance」は客席から撮った素人動画。
公式動画(2015年、日本でのライブ)の方は、キレイな映像と音声で素晴らしい出来です。


::::どうやら、パソコンのメモリーがキビシイらしい。止まりました^^
2016_0424_06.jpg


*********

どこかのロック/メタル系フェスティバルに参加した際に、バックバンド「神バンド」のドラマーが
「アイアンメイデンのドラマーに演奏を褒められた。スティックをもらって嬉しい。
亡き父もよろこんでいるだろう」
とツイートしたらしい。

神バンドのドラマーは、えーと、青山さん。 亡き父・・・青山・・・さては?
調べてみたら、スタジオミュージシャンで一流のドラマー、青山純さんの息子さんではないかっ!
感無量であります。

ついでにもうひとつ。
ワタクシ、初期のクイーンが大好きでありました。ギタリストのブライアン・メイに心酔しておりました。
上品なイギリス紳士の気配がただよう美男でした。
時を経て、かつての美男もお爺ちゃんになり、BABYMETALと記念写真! 
あのブライアン・メイとだぞ! 嗚呼、感無量、感涙。
2016_0424_07.jpg
がんばれBABYMETAL。
もはやアンタたちはオンリー・ワンだ。 誰も真似できない領域に入っちゃった♪







  1. 2016/04/24(日) 22:34:14|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三人衆

不愉快でありますね。


いいかげん静かにしていてもらうワケにはいかないですかね。
老害三人衆。 
2016_0422_02.jpg
プライバシーに配慮したわけではなく、気色悪いから目つぶし。

ついでに みのもんた・・・ あーどうでもいい。

こっちの三人衆でリフレッシュ♡
2016_0422_03.jpg

さっきMステーションに出てましたが、やっぱりTV放送用の短縮バージョン。

公式動画がえらいカッコイイので、ゼヒ!

https://www.youtube.com/watch?v=GvD3CHA48pA
2016_0422_04.jpg


早くもカバー・バージョンがUPされている。
どこのどなたか知らないが、素晴らしい!
https://www.youtube.com/watch?v=gSy6oTJ-rVs
2016_0422_05.jpg
このアンチャン・・・すげーな。 オリジナル・キー(G)のまま歌ってる。
こんなに歌えたら気分がよかろう。 聴いているだけでもスカッとした!


・・・スカっとしたから、伸ばし伸ばしにしていた「やるべき事」がサクサク片付く。
というわけでもない。 やれやれ。


  1. 2016/04/22(金) 21:46:50|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

和洋折衷

1970年代初頭、日本に 「フラワー・トラベリン・バンド」 という名のロックバンドがありましたとさ。

曲調が東洋的な要素も取り入れてあったそうです。

そのころ「日本語のロックは成立するか?」論争なども一部でありました。
「全部英語で歌え!」と指示したのは若き日の内田裕也だったそうな。


ボーカルが右端の人物。強烈なハイトーン・ボイスのジョー山中。
2016_0421_03.jpg

余談ですが、その後、彼が歌ったこの曲がヒットしましたね。憶えてますか?
2016_0421_04.jpg

話を戻す。
当時ワタクシはまだコドモだったので、フラワー・トラベリン・バンドの存在は知りませんでした。
それから数年後の1977年、日立のカラーテレビ「キドカラー」のテレビCMに衝撃を受けるのです。
2016_0421_01.jpg

歌舞伎の舞が演じられるバックに流れる曲がフラワー・トラベリン・バンドの「Make Up」という曲。
クラシックな70年代ハード・ロックです。
テレビCMが好評で、シングルカットされてレコードが再発売されたようですね。

「こ・・・これはカッコイイ!」 、なにやら説明のつかない強烈な印象受けた記憶があります。
今から約40年前、ロックと和テイストのコラボレーション初体験でした。
当時これを作ったCMディレクターが存在したことに感心する。

テレビCMの動画はYOU-TUBEで検索しても、権利関係の問題があるようで削除されています。残念!

歌舞伎は結構アバンギャルドかつロックだと思いませんか?
ヘビーメタルなんて音楽が出現するはるか前にヘッド・バンギンングしておったのだ。 
2016_0421_02.jpg
へどばんぎゃー! であります。

21世紀の現在、再びロックと和テイストの絶妙なるコラボを具現化したのが
BABYMETAL。 ビジュアルも旋律(音階)も、うまく和を取り入れてますね。
2016_0421_05.jpg
上の画像は「メギツネ」の公式ミュージック・ビデオから切り出したものでしょう。
和太鼓を組み合わせてドラムセットに仕立てているところなんぞ憎いねー^^
ビデオを見ればわかりますが、ツイン・バス仕様になっている。うれしい♪

バックの「神バンド」の面々による確かな演奏力に支えられ
フロントの三人娘のこの可愛さよ♡
2016_0421_07.jpg

若くて小っちゃいから体が軽い。飛ぶ!
これはレディ・ガガの前座をつとめたときの一場面のようです。
“ヘビーメタル”という確立された様式の範囲内では考えられない事態です。既成の枠をブチ破ってしまったBABYMETAL。
2016_0421_08.jpg

異質なものを融合させて別物に仕立て上げてしまうのは日本人の得意技ではあるまいか?
たとえば・・・
西洋のアイスクリームと日本の餅を融合させ、「雪見だいふく」を創ってしまう感覚。

本物の、王道のヘビメタとは・・・・いーや、そういうハナシはどうでもよくて、
BABYMETALは、フロント三人娘、バックのバンド、有能なクリエーター集団による総合プロダクト。
とてもよくできたエンターテイメント・パッケージである! とワタクシは断定する。
自分たちのマニアックな欲求を盛り込みつつ、
客が喜ぶように、つまり商業的に成立するように綿密な計算にもとづいて創っていると思います。

+****
ネットで見かけたある外国人の反応が面白い。
「スカート履いた可愛い女の子とヘビーメタル・・・・この組み合わせはクソであるはずなんだが・・・
 そうなってないんだなーこれが。 チキショー、やられたぜ! ノックアウトだっ!」

「俺の信奉するメタルがこんなに可愛いワケがない。 困った。 よし! おれもスカート履いて頭振り回してやる!」


******

YOU-TUBEに面白い画像がUPされてました。
あるロック・フェスティバルで観客が撮った写真のようです。

ステージ脇からメタルの王様・メタリカの演奏を見学して勉強中のBABYMETAL。体育座りしてる♡
2016_0421_09.jpg
「メタリカすごいねー」
「パワーがヤバイ」
「私たちも頑張ろうねっ!」 
なんて話をしてるんじゃろか?

同じステージ、別の時間帯の写真。
BABYMETALを見学中の王様メタリカ^^
2016_0421_10.jpg
 
メタリカ連中の会話はたぶんこうだ。

「センターの スー・メタルちゃんの・・・あの眼で睨まれたい。イジメ、ダメ! ゼッタイダメ!なんてね♡」

「寒い日にだなー、俺とユイ・メタルが二人だけで暖かい部屋に居る場面を想像しただけで幸せだ。
 雪が降ってきたね、なんて言ってだね・・・あとは沈黙・・・いいねー♪」

「俺はもうメタルやめる。毎日早起きしてモア・メタルと散歩するんだ。 別の人生があってもいいじゃないか。
 走れって命令されたらソイヤッ! 止まれって言われたら押忍! 日本語を教えてもらうんだ。 もっと野菜も食べよう。」

「さっ、あと30分で俺たちの出番だ。 仕事シゴト。」
「定年って無いしな。 自分で踏ん切り付けないとな」

廻る^廻るー 時代は廻る♪


 
 




  1. 2016/04/21(木) 23:01:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜咲く

本日午前の横手公演。まだ満開ではない。


観光客 From 香港。 この場からしばらく動かなかった。桜がお気に召したようで、よかったね^^
2016_0420_02.jpg

赤土公園。昔はその名の通り粘土質の赤土でした。
2016_0420_03.jpg

牛沼へ下りる。 釣り人達の会話が・・・・・ハングルに聞こえるが^^ 地元のオジサン達のようです。
2016_0420_05.jpg
2016_0420_06.jpg

***********************

ところで、つい数日前に知ったのだが
BABYMETALが
2016_0420_07.jpg

今月初め、ロンドンのウェンブリー・アリーナで単独コンサート決行。
12,000人集めちまった! 快挙。

2016_0420_08.jpg

「ヘドバンギャー」のビデオの出来が素晴らしい。 2012年にすでにコレが出来ていたとは・・・。
これぞ日本人の感性の為せるワザ。

♪伝説の黒髪を華麗に乱し 
  狂い咲くこの華は
  はかなく消える

へどばんへどばんへどばん♡ぎゃーーーーーーっ

「メギツネ」、「カラテ」も素晴らしい♡




  1. 2016/04/20(水) 19:54:54|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

夜桜心霊

夜9時過ぎに出動。
北国秋田の横手市でも桜が咲きました。


早い時間帯だとお城がライトアップされているかもしれないので、
わざわざ遅い時間になるのを待ったのであります。 
お城が妙に緑色っぽい光でライトアップされるので、それは好まんのです。
2016_0419_02.jpg
なので、ストロボ使用。
2016_0419_03.jpg

白熱灯とストロボ光がこんなに違う。フィルター持って来ればよかったか?
2016_0419_04.jpg


知り合いのカメラマン率いるアマチュア集団が撮影中。 マメですねー、などと世間話。
2016_0419_05.jpg

ワタクシは単独行動を好む。
試行錯誤するも、うーむ、なにせ暗すぎてなんともならん。


知り合いの色モノ集団と遭遇。 いろんなところでよく会いますねー。
姉御をパチリ。
2016_0419_06.jpg

「なんかねー、話題になるようなキメ写真がないのよねー。
 ・・・心霊写真とか。 あー、でもアンタ(霊を)呼べないよねー。」

----呼べないねー。 でも撮れるかもよ。
   マスター・・・ここに立って顔をここで固定・・・そうそう。
   他の方、こちら向きで、ハイハイ。
   撮りますよー。 

2016_0419_07.jpg

初の試み♪  もうちょっと精度を上げたいっすね^^


  1. 2016/04/19(火) 23:10:50|
  2. ロケ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時をかける少女

セッティングしてお待ち申し上げていたところへ「すみません・・・中止になりました」 
撮影ドタキャンの電話。嗚呼。
拍子抜けであります。

しょうがない。では新たにBOOK OFFで調達してきた本をご紹介しよう。
フォーサイスやクィネルなど国際謀略秘密兵器諜報員裏切り暗躍モノを立て続けに読んだので趣向を変える。
筒井康隆である。



Wikiから転載
----「時をかける少女」
   筒井の作品では珍しい、正統派少年少女向け小説である。
   発表から約50年たった現在でも広く親しまれており、何度も映像化されている。
   1965年、「中学三年コース」(学習研究社)の1965年11月号にて連載開始、
   「高一コース」(学習研究社)1966年5月号まで掲載。(全7回)--------------

そんなに古い作品とは! 文庫の初版は昭和51年(1975年)。
NHKテレビ・ドラマで「タイムトラベラー」として放映されたのが1972年・・・おぼろげに記憶があるぞ^^

その後、原田知世が主演した同名の映画がヒット、主題歌もヒットしたんじゃなかったかな?

中三コースに連載されたらしいが、おマセな小学校高学年から読めますねー。
さすがに“風呂屋の煙突”なんてのが出てくるので、時代を感じさせる。
イマドキの子供にはなんのことか分からないでしょう。

そこんところを割り引けば、これは名作といってもいいかもしれない。
タイムワープとテレポーテーションの概念が一般に広く知られるようになったキッカケではあるまいか。
時空を超える・・ってやつね。
ま、お子様むけの短編なので、ササーッと呼んでしまった。

で、次これ。
2016_0418_03.jpg


「家族八景」
2016_0418_02.jpg
こ・れ・は・ 
なかなかに強力であります。
30年以上前に読んでいるので、どれどれ、ふふーんと軽い気持ちで読み始め、一気に引き込まれた。
主人公の七瀬は18歳、住み込みお手伝いさんとして、いろんな家庭の内情を知ることになる。
内情・・・といっても特殊事情あり。 七瀬は超能力者、人の頭の中が見えるのだ。精神感応者(テレパス)なのだ。

ネタバレにはならないと思うので、ちらりとご紹介。
*******************************************

   新たに訪れた家庭の主婦の心にそっと探りを入れてみると、
   そこには意識のガラクタしかなかった。
   風呂場のタイルが落ちかけている。
   夕食は牛肉とピーマンの味噌炒め。炊飯器が故障している。・・・・・・

   その思考は家庭内から一歩も出ていなかった。 
   それは思考といえるかどうかも疑問だった。
   表面的に微笑んでいるものの、なんの意味もふくまれていなかった。
   無意識な親近感の表明ですらなかった。

一方、接待づけで深夜帰宅したダンナの頭の中をのぞいてみると

   仕事にまつわる事柄が大半だが、残りの半分は若い女のことで占められていた。

その若い女、ホステスの名が「節子」というあたりが昭和を感じさせる^^

そして七瀬は、放蕩バカ息子の心の中にあの、「節子」の顔を発見してしまったのだ。

******************************************************************

うひょー、やんややんや、筒井ワールドの面白さ。

一般に人は、常識・慣習・礼儀などで、ある程度本心を隠しているものだ。
他者との不要な摩擦を避けるための日常的な社会の知恵である。方便である。

筒井作品は、その本心を隠すためのオブラートやコーティングを全部引っぺがしてみせるのだ。
「ほーれ、センセっ、奥様っ、アンタほんとはエログロ変態だろ? 
カネの亡者だろ? 嫉妬、妄執のカタマリ、自分以外はゴミだと思ってるだろ?」
全部あからさまにしてしまう。

筒井はSF作家と自称したり他称されたりすることも多いのですが、
その作品は、いわゆるSFものとはちょっと違う。 
SF、ブラックなギャグ、人の心理の闇の部分を描いたホラー、ドタバタ・ナンセンスのミックスであります。

「家族八景」は、えー、そうだなー、
心理ホラーを描くために、テレパス(精神感応者)を主人公にしたというSF的発想がスバラシイ、と思う。
“SF”は手段なのだ。 この作品においては。

「家族八景」には 続編「七瀬ふたたび」、「エディプスの恋人」がある。
その続編のなかに異様に強烈に怖い場面があるのだ。 
その発想がスゴイ! と感動したのを思い出した。
(「家族八景」今読み終えた。 最後に恐怖の場面ありました・・続編の中ではなかった。 ^^あー怖かった)

すぐに検索してポチポチ・・・。
他にも思い出しちゃったので ついでに

「陰悩録」---読みながら身をよじるほど強烈にブラックです。ぐふふ^^
「農協月へ行く」---これもブラックジョーク満載、ドタバタ・ナンセンスなセンスが光る。
「笑うな」、「おれに関する噂」--- ヒネリにひねったエッセイ。

まとめて発注完了。

発注したあとで思い出した「俗物図鑑」は楽しみにとっておく。

*************************************

今日は拍子抜けついでに電話線も抜き!
2016_0418_04.jpg
自動送信と思われるゴミFAXがピーピーうるさいので線をしばらく抜いておく。
最近少なくなった「手形割引」「融資のご案内」その他売り込みFAX。
代わりにゴミ・メールが増えましたね。

先日遊びに来たNY娘のジャッキーは
「今どきアメリカじゃFAXマシーンは誰も持ってないよ。」
うーむ、そうじゃろうそうじゃろう。









  1. 2016/04/18(月) 21:31:11|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

備えあれば

これはヒドイ! 
夜中のあいだずっと揺れっぱなしではないか。 寝られるワケがない。
心理的・肉体的ダメージが蓄積するにちがいない。 なんとか耐えてください。


3.11東北大震災のあと、泥縄式に地震対策をしました。
2016_0417_02.jpg
いつも工作に使っているアルミ針金では強度が心配なので、いわゆる「番線」 鉄の針金を使用。
モクネジを受ける下地の木があるところを探りあてるのが大変だった。
カナヅチでコンコン叩いて音で判断しました。
石膏ボードにネジ込んでもスカスカなので、意味ないですからね。

背が高く、上の段まで重量物が載っている棚は不安なので。いちおうの対策をしておきました。。
2016_0417_03.jpg
これとて、仮に震度7が襲ってきたら、どうでしょう? 耐えきれるだろうか?

******************
さて、今日はやたら風が強いようだ。秋田県の北部ではJR線が一部運休しているようだ。

外に出てみると・・・・ありゃ
2016_0417_04.jpg
北西の風が吹いても倒れないようにブロックで囲っておいたのだが、
今日は風向きが違ったようだ。 ブロックを追加しておく。
最初から3方向を囲んでおけばいいのに^^

****************** 


3方向囲みセット。
明日の撮影の準備。おおまかなセットだけしておきました。
2016_0417_05.jpg


***************************************
ギャビン・ライアル著、“マクシム少佐のナントカ” を読んでいたのを途中でギブアップ。
どうもノリ切れん。

通好みでありましょうが、ギャビンさんの作品はワタクシそれほど相性が良くない。

がらりと趣向を変えてみる。 ひさしぶりにリアル店舗で調達してきました。
2016_0417_06.jpg
おもしろかったら紹介します。




 
  1. 2016/04/17(日) 21:22:50|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今そこにある危機

熊本の地震、震度のデカさと余震回数の多さには驚いた。 
お見舞い申し上げます、としか言いようが無い。 
被害の大きさに言葉を失ってしまう。
******************************************************

ところでワタクシの居所は秋田県の横手市というところ。実は断層がたくさんあるのだ。


正確性は欠くが、航空写真に重ねてみると・・・
奥羽山脈を挟んで 左・秋田県横手市、 右が岩手県北上市。
上端・中央に田沢湖が見えます。 下端は湯沢市の市街地付近です。
2016_0416_01.jpg

さらに拡大、盆地である横手市街地は、すぐそばの山裾が断層銀座であります。
ワタクシの家は青い矢印のところ。 やれやれ。
2016_0416_02.jpg
いまのところ断層が活性化している兆候は無いようです。
しかし歴史的には・・・

以下 Wikiから転載
************************************************************
陸羽地震(りくうじしん)は、
1896年(明治29年)8月31日午後5時06分27秒に、秋田県と岩手県の県境にある
真昼山地の直下(北緯39.5度、東経140.7度)で発生した逆断層型の内陸直下型地震(大陸プレート内地震)である。

マグニチュード(M)は7.2、2008年(平成20年)の岩手・宮城内陸地震と並ぶ
東北地方最大規模の直下型地震。
震源は10kmより浅く、震源地付近で震度6、
一部では震度7の揺れがあったと推定されている。
被害は、横手盆地の内部と東側の山地に集中し、
仙北郡の千屋・長信田・畑屋・飯詰・六郷などの集落では、
全戸数の7割以上が全半壊した。

全体では、死者209人、負傷者779人、家屋全壊5792戸、半壊3045戸、山崩れ9899箇所に及ぶ。
*******************************************************************************


・・・ということなので。いやはや、なんとも。 
この地方の住民にとっては
「地震プラス屋根の上に積もった雪の重量」
が、いちばん恐ろしい。

ま、日本中どこへ行っても断層だらけ。 やむなし。

ちなみに、小学生のころ自転車で山道をしばらく走って
「滝ノ沢」というところへ時々遊びに行ったもんでした。
小さな滝があり、サワガニを獲ったりしたもんです。 高さ5m(もうちょっと高いような気がするが・・・)
2016_0416_03.jpg
実はこの滝、というか小規模な断崖ですが、大昔にズレた断層らしいです。
やれやれ。

********************************************************

さて、床のキズを補修すべし、という指令が下った。 作業開始。
埋める前に、ササクレたところを切り取る。
2016_0416_04.jpg

ははーん、ここが最深部ですな。
2016_0416_05.jpg

金太郎飴のようなエポキシ・パテ。
2016_0416_06.jpg

ぐにゅぐにゅ練り合わせて主剤・硬化剤を混ぜ合わせる。
ビニール手袋が付属していたが作業性が悪いので使わない。
この手の作業で皮膚に問題があったためしがないので、楽観する。
2016_0416_07.jpg

穴にねじ込むように、押し込むように。
2016_0416_08.jpg

プラ板を水で濡らして、余分なパテをこそげ取る。
ちなみに、プラ板はCDケースから切り出したもの。
2016_0416_09.jpg

よーし、10分で硬化する。 24時間後に紙やすりで仕上げる・・・・不要かも?
2016_0416_10.jpg

なんで床に穴が開いた?
・・・・「包丁落とした・・・」

うへー、キチガ●に刃物・・・・いや、そういう意味じゃなく・・・・
口は災いのモト。

地震も怖いが日常に潜むキケン「今そこにある危機」にもご用心。
2016_0416_11.jpg






  1. 2016/04/16(土) 20:48:31|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

電子レンジを耳コピー/写真は目コピー

昨日書きました、電子レンジの「出来ましたメロディー」を耳コピーの件。
どうもすっきりせん。完コピではない。 うーむ。

まあ、場面を想像してみてください。
ギターを肩に掛け、電子レンジの前で耳コピーしている姿を♪
最低10秒間レンジを作動させないとメロディーが鳴らないのだ。 作業効率悪し。 
おまけに途中で止められないのでヒジョーにやりにくい。

手元に録音できる機材は無いので困った困った・・・・。
おっと、カメラで動画が撮れる・・・音声も録れるハズ。 いまになって気づいた。

はい、録りましたよー♪ 再生途中で止められるし、何度も繰り返して聴ける。いいぞ。

違うところにヘッドホンのプラグを挿しこんでしまった模様。
カメラ本体から盛大に「ピロロ~♪」っと音が鳴っているのに気づかず。

家内が不審者を見るような目で「何やってんのー?」と見に来た。
すまんすまん。結構大きい音だ。  あとで笑われましたが^^

スタジオ・ミュージシャンみたいじゃろ?
2016_0415_04.jpg

よし、今度こそ完璧だっ!
実音は2オクターブ上です。 めんどくさいので下のように表記しました。
2016_0415_05.jpg

たったこれだけのメロディーでも、誰かが“作曲”したのだ。
考えられるパターンは

  ①開発エンジニアの奥さんの友人の隣の家がピアノ教室。
   そこの先生に依頼した。 謝礼は電子レンジ現物支給。

  ②当時、業界で話題になっていた新進気鋭の作曲家サムラゴーチ先生に依頼した。
   法外な料金をブったくられたが、天下の日立だから、まあなんとか開発費に潜り込ませて知らんぷりした。

どうでしょう? 
才能あるエンジニアの中には、これぐらいチョチョイと作ってしまう人がいても不思議じゃないですけどね。

以上、耳コピーの件は終わり。
*****************************

写真の場合は、ジーっと観察して“目コピー”します。

例えばこれ。ガソリン代請求書がはいっている封筒。
さわやかなコスモ娘の写真。天気の良い野外で撮った写真のように見えませんか?
赤矢印の方向(モデルさんの真上より少し後ろ)から日光が当たっているようです。
2016_0415_01.jpg

しかし
上方・やや背後からの日光ならば、キャップの影が顔に掛かります。
このように。
2016_0415_06.jpg

コスモ娘の顔にはキャップの影が掛かっていません。 オデコまできれいに写っています。
モデルさんの黒目に写り込んだ光を観察します。
2016_0415_02.jpg
これはスタジオで撮った写真でしょう。
①はまちがいなくストロボ。 傘? わかりませんがある程度大きい光源です。
②③は①より弱いけれども面積は大きい。 レフかもしれません。 粗い印刷なので詳しくは分かりません。
下唇にもハイライトがありますね。(青矢印)  別の光源だろうか?



ではどのようにライティングするのか・・・・考えて真似してみるのです。
目コピーです。


楽器の演奏、写真の撮り方、etc. すべては模倣から。








  1. 2016/04/15(金) 22:30:49|
  2. ギター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天国への階段 盗作疑惑

よっと・・・・あら、ハレましたね。


これでどうよ?
2016_0414_02.jpg
名曲「天国への階段」に盗作疑惑が持ち上がり、という報道がありましたねー。

まあ、似てるっちゃあ似てるけど・・・。
イントロの、ベース音が半音ずつ下がっていくアレは、よくある、ありふれたパターンなのだが。
いまさら何をって感じ。
成功報酬を当て込んだ弁護士の作戦でしょう。 負けても労力に見合う対価を要求するだろうし。

ちまたに溢れるもっと露骨なパクリ曲はどうなのだ?
サザエさんのエンディング曲の元ネタは・・・これけっこう笑えますよ。 検索してみてください。

ワタクシが一番好き(?)なのは
ドリカムの「LOVE LOVE LOVE」と、アルバート・ハモンドの「落ち葉のコンチェルト」 。
これは似てるのどうのじゃなくて、そのもの♪ 
「LOVE LOVE LOVE」を初めて聞いたときにビックリしたもんです。

******************

昭和のギター少年たち、みんな「天国・・」を練習しましたね。懐かしいですね。

今日はヒマだったので 「天国への階段 耳コピー」で検索してみました。

やほー知恵袋に ありましたありました、想定以上に破壊力がある質問が。
あんまり面白いので以下に全文をコピーして貼っときます。
*************************************************

Q君(仮名)の質問

  天国への階段を耳コピした人は何万人と居ますが、
  どうしてみんなこの曲をコピーしたんですか?

  それと、自分も弾けるようになりたいんですが、
  どうすれば手順よくコピーできますか?
  ペンタトニックスケールを覚えてれば大丈夫でしょうか?

  他にも、どんなことでも、いいので教えてください

*************************************************

こりゃスゴイ! 答えようがない。
おそらく質問者のQ君は
多くの人が「良い」と認識しているものに、自分自身を適合させておかないと不安なのだ。
まずはやってみる・・・というアクションを起こさないのは、
「この曲好きっ! 俺も弾きたいっ!」という強い欲求がないからなのでしょう。
手っ取り早い近道を知りたいのだね。 あまり努力したくないのだ。 たぶん。


いやーなんとも・・・。
耳と目と手があるんだから、なんとかすればいいのに。
これを耳コピーした数万人のヒトビトのほとんどが自力で習得したんだとおもいますけどねー^^

************************************************

よし、久しぶりに耳コピーしてみるかっ。
本日のお題は
2016_0414_03.jpg

「HITACHI MRO-CF6」 我が家の電子レンジであります。

毎日聞く、馴染みのあるメロディ。 出来たよーのお知らせ音です。

最初と最後の音が同じだ・・・・これがコードのルート音に違いない。
その音を聴き取り、鼻歌っぽく 「♪ンーーーーー」って言いながら、音程をキープして
急いで靴を履く。
2016_0414_04.jpg

急げっ  「♪ンーーーーー」 
2016_0414_05.jpg

「♪ンーーーー」
2016_0414_06.jpg

長年の経験の賜物、あまり迷わずに大体のポジションをすぐに探り当てることが出来る^^

・・・・・できた(たぶん)。

ぜんぶ8分音符で さん ハイっ 「ソシレシミシドレドシラレソ♪」
Key=Gメジャーだ。 
2016_0414_07.jpg
最高音は一弦開放の2オクターブ上のE(ミ)。
愛器IBANEZは24フレット仕様。 初めて役立った♪

*****************************************

老婆心ながら、全国のQ君にメッセージを・・・。

「一音ずつ聴き取る集中力と、それを持続させる根気が必要です。
“天国への階段”のギター・ソロをコピーすればペンタトニック・スケールの概略がわかってきます。
ま、ペンタトニック以外のF音も使ってますけど。 細かい事を言えば。
がんばってねー。」 

たぶんQ君の返事はこうだ。

 「集中力と根気・・・わかりました。
  で、集中力と根気を身に着けるための、
  なんか手っ取り早いコツはありますかー? 教えてください」


ちゃんちゃん♪







  1. 2016/04/14(木) 22:29:34|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

昨日は予習、今日は実習

昨日“予習”しておいた人物撮影、今日は実習であります。
証明写真のような半身像、背景を白とばし。
メインライトは、いわゆる「レンブラント・ライティング」の位置にある②。
髪の毛をキレイに写すために左上・後方からグリッド付き③。

キャッチライトをやや大きく入れたかったので、①をやや被写体に近づけました。
その結果、①の光がレンズに入ってくる懸念あり。 
黒い紙を吊ってカットしました。予防措置です。


さて、テストショット。
①②が大きめの面光源なので瞳に反射するキャッチライトは想定どおり。よしよし。
だが・・・鼻がテカりましたねー^^
2016_0413_01.jpg

これは左後方からの③の光が鼻先を直撃したため。
③を移動したら鼻のテカリは無くなりました。
2016_0413_04.jpg

カメラ側から見た図。
背景を白とばしするために⑤を背景に向けて照射。
しかし背景から返ってくる光が被写体の顔側面に悪さをしたので、右の大きい黒板でカットしました。
2016_0413_02.jpg

被写体の位置からカメラ方向を見た図。
傘とディフューザーで面光源を作りました。
2016_0413_03.jpg

カメラ側からの①②および背景とばし用⑤だけでもなんとか撮れるのですが、
③④など、後方からの光があると髪の毛のツヤツヤ感が表現できます。
あー、それから肩のあたりも黒っぽくつぶれずにキレイに写ります。生地の質感なんかもわかります。 
2016_0413_05.jpg

今回は必要以上にレフで光を廻しすぎないように注意しました。
被写体は若いイケメンです。
眼の下のたるみやシワなどが無いので、アゴ受けのレフも無し。

いろいろ勉強になりました。
ありがとうございました。











  1. 2016/04/13(水) 22:20:47|
  2. スタジオ・人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

予習・復習


まずは予習。
明日の撮影のためライティングを検討中です。


髪を追加して・・・うーむ、いまどきのゲスな若者風?
2016_0412_02.jpg
この時点では手前のライトは2灯、および背景飛ばしに1灯。

ストロボ追加、右上方・被写体よりも後ろから。
2016_0412_03.jpg

もう一発、左上方・これも後ろから。グリッド付き。
2016_0412_04.jpg

2016_0412_05.jpg

****************

そして復習。
先日の料理撮影の記録です。
データはいつでもパソコンで参照できますが、やっぱりアナログな手書きノートも重宝します。
反省点などを書き込んでおきます。
2016_0412_06.jpg
実はワタクシ、このノートをよくトイレに持ち込むのであります。

予習、授業や実技、復習。
学校の勉強とかわりません。


  1. 2016/04/12(火) 22:10:15|
  2. スタジオ・人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒロシマとツェッペリン

梅は咲いたか? 桜はマダかいな~♪  っと。
秋田県横手市の公園の模様。昨日の写真です。
平和であります。


平和、ほほー
偉い方々が広島平和公園を訪れたという報道。
2016_0411_02.jpg
ま、悪い事じゃないが、政治的パフォーマンスに過ぎない。

核保有国同士のナニではなくて、テロリストに核が利用されるのが最も恐ろしいのではあるまいか?
いずれにしろ
仮に核兵器を廃絶しても、最強の軍備を誇るアメリカの優位はゆるがない。
たとえばレールガン。 電磁力を利用したウルトラハイスピード発射装置。
2016_0411_03.jpg

他にも、名前を忘れたが、
アメリカはいろんなモノを構想・開発しとるようだ。
衛星軌道に乗せたチタン合金のカタマリ(槍のような? 円錐形のような?)を
地上の標的に向けて落下させると、マッハ10を超えるスピードになる。
想像を絶する破壊力。 これを迎撃するシステムは存在しない。 うへー!

世界最強・最凶なのはどこの国?
平和を維持するための抑止力 という強者の論理。 一理あるのは認める。

**************************************************************

で、広島を訪れた米国務長官は「謝ったりはしないもんねー」 と言っておるそうな。
そりゃそうだろう。 いいよ、大目に見てやる。
個人として感じることがあったにせよ、公人の発言の場合は事情が違うだろう。
国際政治や外交の世界では、うかつに「ゴメンナサイ」なんて口が裂けても言えないのだ。

さて今は昔、1971年9月、ロックバンドの帝王レッド・ツェッペリンが来日。
東京、大阪以外にもメンバーのたっての希望で広島公演が実現しました。
チャリティ・コンサートを開催し、収益金700万円を広島市に寄付したそうです。
2016_0411_04.jpg

ボーカルのロバート・プラントの発言・・・
  「このような事実を知って衝撃を受けた。こんなにムダで悲しい事は無い。
   原爆投下の時点では我々は生まれていなかったのだが、 
   これは誰が悪いとかいうことじゃなく、我々人類のうちの誰かが犯した過ちである。
   誰かが謝罪しなければイカン! と思った。」

嗚呼・・・当時の彼らは20代前半、若造であります。



数年前に来日したジミー・ペイジ翁が、NHKテレビで喋っていたような記憶がありますが

 「まだ正式発表前の“天国への階段” を1971年の日本公演で演奏した。
 日本の観客は息をひそめるように真剣に聴いてくれた。 観客の反応を見て、この曲の成功を確信した。」 

広島県立体育館でのコンサートに居合わせた人達がうらやましい。
今から40年以上前にアレを・・・ナマで体験したら・・
巨人に電柱でブン殴られたような衝撃だったのではないだろうか?
*****

以下、Wikiから転載した当時の日本のヒット曲

集計会社 オリコン

※1970年12月7日付 - 1971年11月29日付
1位 小柳ルミ子:「わたしの城下町」
2位 加藤登紀子:「知床旅情」
3位 尾崎紀世彦:「また逢う日まで」
4位 鶴田浩二:「傷だらけの人生」
5位 ヘドバとダビデ:「ナオミの夢」
6位 五木ひろし:「よこはま・たそがれ」
7位 はしだのりひことクライマックス:「花嫁」
8位 湯原昌幸:「雨のバラード」
9位 森進一:「望郷」
10位 堺正章:「さらば恋人」
11位 南沙織:「17才」

この時代に「移民の歌」なんか目の前で演られちゃったりしたら、その体験は一生の宝ですね。

その2ヵ月後の1971年11月、
歴史に残る名盤「Ⅳ」がリリースされます。名曲「天国への階段」が収録されています。

2016_0411_05.jpg

天国への階段--Stairway to Heaven
寓話的な、いろんな解釈ができる歌詞です
金ピカなものはなんでも黄金だと思い込んでしまう女のヒトの歌。
彼女は天国への階段さえもカネで買おうとするのだ。

なにやら思わせぶりな歌詞。 ストレートなメッセージ・ソングじゃないところが良し。
*****************************************************************
いやー、帝王ツェッペリン。 いまさらながら。


2016_0411_06.jpg

横手市の桜はもうちょっとあとみたいです。
平和なのはいいけど、雪が降ってますー^^ 寒いのはもうカンベン^^
2016_0411_07.jpg



  1. 2016/04/11(月) 21:06:45|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日は合唱の練習を撮影。
ストロボ無し、望遠ズームの150mm付近、F3.2で撮影。
2016_0410_01.jpg
天井に蛍光灯は点いているものの弱いので、ほぼ自然光のみで撮った写真です。
あたりまえですが自然な光でキレイです。

しかーし、集合写真となると事情は違う。ストロボ必須であります。
ところが・・・
ここは古い建物で天井が低い。
おまけにデカイ梁がデーンと出っ張っている。これがジャマなのだ。
2016_0410_02.jpg
前回(1年前)の撮影時はセンターから、ややV字に開くように2灯をセットしました。
やっぱりねー、光が廻りにくくて左右両端と後列がキビシかったのですよ。

今回は、より均等に明るくすべく傘使用。 被写体(人物の集合)の背後にも2灯立てて天井バウンスしました。

横から見た図。
背後のストロボには黒い紙をつけて、直射光がレンズに向かってこないようにしました。
2016_0410_03.jpg

真上から見た図
2016_0410_04.jpg


さて、いかに?
2016_0410_05.jpg
ふむふむ、まあまあです。

楽しげに 「わっ」 と言ってるような表情の写真が必要なので、
「キムラタクヤっ」 とか 「ニシキノアキラっ」などと言ってもらい、そこをパチリ・・・の作戦。
錦野・・・古い?  被写体の方々は昭和の先輩たちだから これでいいのだ。 そうなのだ。
子供たちは怪訝な顔をしておるぞ^^

今回の写真は、ポスター等にも使用します。
全体集合のほかに、4ブロックぐらいに分けて撮影もしました。
切り抜き、眼つむり写真を差し替え・・・・などの作業を経て印刷物のネタとして使います。

*****
レンズを向けると逃げるが・・・
2016_0410_07.jpg

「撮るなーっ」って言いながらわざわざ寄ってくるH2号。 
2016_0410_06.jpg

*****

使用機材。 傘2本、スタンド4本。 
600EX-RTを3台。
nissin Di866MarkⅡを2台。こいつは他のストロボ光を感知して発光する“単独スレーブ”として使えるので便利です。
当然600EX-RTで制御はできないですが。
2016_0410_09.jpg

落下防止策を講じておくと安心です。
2016_0410_10.jpg
600EX-RTのスレーブ側ストロボには「B」「C」と書いたテープを貼っておきます。
どっちがどっちか分からなくなるので。

ママの歌声を聴きながら寝るコドモ。 平和だ。
2016_0410_08.jpg



  1. 2016/04/10(日) 21:56:12|
  2. ロケ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

出張・料理撮影

さーて本日は朝7時に現場到着。撮影開始予定時刻は9時。
***
セッティング完了。
まずは左①のみ点灯してみる。 ふむ。


①②③④⑤を点灯。 これぐらいだべか?
この時点ではホワイトバランスが合っていません。かなり青いですね。
2016_0408_06.jpg

露出計やらグレーカードやらを使って発光量を決める。
ホワイトバランスを設定してOK。 あとは実際に撮影する料理待ち。

撮影セット俯瞰図。  コの字型に3方囲みセッティング。 
②と④には黒い紙を丸めた簡易スヌートを装着。 これ、かなり重要なライトです。
2016_0408_01.jpg
昨日準備したフラッグフレームは結局のところ使いませんでした^^

セット右側の図。
前後位置や高さは頻繁に変えます。
2016_0408_03.jpg
光沢のある黒いお椀のフタなどには、はっきりと光源(④も⑤も) が写り込むので、ウルサイといえばウルサイ。
しかし食材のシズル感の演出を優先する、という考え方です。
・・・っていうか、依頼者側の要求にお応えするため、試行錯誤の末こうなったのであります。

比較写真。
試しに奥のスヌート付き2灯、②と④を消灯すると、下の写真の下段のようになりました。
2016_0408_09.jpg

②と④の光が無いと、ナマモノの活き活き感が減じます。
右端のイクラなんか違いが顕著です。 あー、左から3っつ目のマグロもそうですね。

大部分の光が半逆光なので、器の前面が暗くなりがちです。
下の写真の赤矢印の方向の低い位置からクリップオンで光を当てます。
ディフューザー越し、または小さいレフにバウンスします。
黒い紙などで余計な光をカットして、なるべく食材に影響がおよばないように注意します。 
2016_0408_08.jpg

今日は点数が多くて大変でした。 
トドメに一発。
グツグツと煮え立つヤツをグーっと寄って・・・マクロレンズで・・・嗚呼、難しい。
湯気が写りすぎるー^^





  1. 2016/04/08(金) 21:26:16|
  2. 料理の撮影
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明日の準備中

左から大きな光源で光を当てると


このようになります。 (右手前に白レフあり)
2016_0407_02.jpg

ところが、高さのあるモノが左に配置されると、左からの光をさえぎってしまいます。 よくあることです。
2016_0407_03.jpg

右後方に一灯追加。 ストロボには黒い紙を丸めた簡易スヌートを装着。
少しディフューズするためにフラッグフレーム(?)を置きます。
2016_0407_05.jpg
2016_0407_04.jpg

(仮称)フラッグフレームは、ダンボールの枠にトレペを張ったもの。
枠の一辺にアルミ針金を仕込みました。 枠を湾曲して自立させる作戦。
2016_0407_06.jpg


こうなりました。
2016_0407_07.jpg

うーむ。
フラッグフレーム無しで直撃すると・・・
2016_0407_08.jpg
メリハリがあって、これもまた良し。

実際は4~5灯使用するので、事態は複雑です。
皿数の多い物、単品、色々なので、臨機応変に対応します。 いや、できるように努力します^^

チョコパフェ単品・・・なんてときはセット全体を縮小したいのが本音であります。
しかし、時間の制限があるので実際問題として、それは不可能。
***
***
明日は朝早くから出動するので早く寝ます。

寝れるかなー・・・? ^^


  1. 2016/04/07(木) 20:29:28|
  2. 料理の撮影
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高校入学

今日は息子が高校に入学の日。

自然光で撮るのは良いトレーニングになる。
ストロボ使用。
鼻の頭だけに直射日光が当たっている。そこだけが白トビしやすいので注意が必要。

順光側。ストロボ使用。
2016_0406_02.jpg


上とは時間帯が違うが逆光側。 これもストロボ使用。ゴースト出てますね。
すこし角度がズレると、さらにハレーションを起こして画面全体が白くなります。(なりましたっ)
2016_0406_03.jpg


新入生入場の場面をAIサーボで追うも歩留まり悪し。
ピントが甘いショットが多かった。 いかんいかん。
2016_0406_04.jpg

がんばってくれたまえっ。
美人の先輩もいることだし♡
2016_0406_09.jpg

人生最良の時だ。
この世の不条理に苦悩するのはまだまだ先のことだ。
***
***
不条理といえば・・・
「キャッチ=22」 を読了! 

これはまぎれもない傑作。
2016_0406_06.jpg
(上の写真はTS-E45mm使用。 上方ティルトしてピント面をコントロール。大きくボカしました。)


---気が狂ったら任務を免除される。 ただし申請が必要。
  しかし
  「おいら気が狂ったので免除してくださいっ!」
  と自分で判断し申請できるならば、精神状態は正常である。
  気が狂ったとは認定できないので任務を免除することは不可。

・・・軍規22項、みごとな落とし穴(キャッチ)である。

いわゆる戦争小説とは違います。 派手なアクションや戦闘場面を描いたものではありません。
全員キチガイです。 が、オドロオドロ系の不気味な文体ではないし、全編通してユーモアが感じられます。
ワタクシ、ビートルズの「I AM THE WALRUS」を連想したりしました。 

巻末の解説によると、アメリカでは
 
---シェイクスピア『ロミオとジュリエット』
  サリンジャー 『ライ麦畑でつかまえて』
  オーウェル『1984』
  などと並んで、高校の課題図書リストの常連であり“クラシック”として位置付けられている。

一千万部以上を売り上げた・・・すげー。

1961年に発表された古い作品です。 
にっちもさっちもいかない矛盾した状況を
アメリカでは 「キャッチ=22 だね」 などと、言い表したりするそうです。

この小説は、ワタクシ30年以上前にいちど読んでいるはず。
しばらく時間をおいて、さらに再読する予感がする。
ヒジョーにおもしろい。
2016_0406_07.jpg

窓の裏からもストロボ。
2016_0406_08.jpg



****
次は
フレデリック・フォーサイスの短編集「帝王」を読んでます。
これまた良くできている。 

フォーサイスといえば「長編の名手・重厚長大」というイメージがありますが、
小づくりな短編もナカナカどうして、面白い。






  1. 2016/04/06(水) 21:46:59|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

親子それぞれ準備中

息子は明日から高校生。 
冬の間乗っていなかった自転車の掃除中。 
「すげー楽しー♪」 とか言いながら、細かいところは綿棒まで使っとる。

2016_0405_01.jpg

で、ワタクシは料理撮影のライティング練習中。
2016_0405_03.jpg

BGMはアースのベスト盤。
2016_0405_04.jpg

後方(赤矢印部分)が明るすぎてウルサイか?
2016_0405_05.jpg

これでどうよ? 黒い紙一枚でこの違い。面白い。
2016_0405_06.jpg
ま、この部分は
Webや印刷物などに掲載される時点では裁ち落とされている場合がほとんどなのですが。


天トレを張らず。 3方囲みセットの検討中。 さーて。
2016_0405_07.jpg

近日中に撮影の予定あり。
完全に出たとこ勝負では心もとないので、ある程度のメドをつけてメモっておきました。
2016_0405_08.jpg
もう夕方・・・・

ではなくて、

ころがしてあったストロボを発光させたのでした。
2016_0405_09.jpg


  1. 2016/04/05(火) 21:08:05|
  2. 実験・シミュレーション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ライトスタンド

よいしょ、ストロボの高さを上げよう。


抜けちゃダメでしょー、 フレディマーキュリーじゃあるまいし。
2016_0404_03.jpg

こいつはマズイ。 うっかりストロボを落下させたら大変だ。
撮影セットの設営にも使うので、うーむ、やっぱりマズイ。 予備用に格下げだ。 
2016_0404_04.jpg

速いもんで、昨日の夕方ポチっと発注したスタンドが本日午後到着しました。
イギン・コマースの402番、ミッド・スタンド。 すでにシールが剥がれかけているのはご愛敬^^
2016_0404_10.jpg
ヨドバシで買ったのですが、サイトに表示されるメーカーの区分は「サンテック」
その正体はイギン・コマースのシールが貼られた製品。
製造会社と販売会社・・・どっちがどっちなのかワカリマセン。

同じものを数年間使っているので、まあ、感触は分かる。
同等の他社製品と比較検討するのも面倒なので、迷わず発注したのであります。
選択理由は高さ。 280cmぐらいまで伸ばせる。

ちなみに当方の作業場の天井高が280cm。 届く。
2016_0404_05.jpg
ちなみにヨドのページに掲載されている
「サンテック SUNTEC 402」 の商品スペックによると サイズ・90~282cm

実際に届いた商品「イギン・コマース IC402 Mid Stand」の箱には 90-310cm と書いてある。^^


締め付け部、貧弱ではない。 合格点。
2016_0404_06.jpg
エアークッション仕様。内部にゴムパッキンが仕込んであるはず。
ネジを緩めても、ストンと落ちません。
手でギューっと押し下げると「プシュー」と空気が抜ける音がします。 



横穴あり。 トレペを吊り下げる横棒を挿し込んだりするので、横穴は必須です。
2016_0404_07.jpg

セッティング図。 
撮影時にはストロボはもっと離し、高くしてます。 ①②とも下向きに約45度で照射。
ブログに掲載するため、近い位置にまとめて置きました。 イメージはわかりますよね?
2016_0404_08.jpg
モノブロック①② どちらも傘を半開きで。
クリップオン③は、横穴の写真のために使用。

***
***
本日のBGMはピンクフロイド、 Wish You Were Here
2016_0404_09.jpg
撮影し終わったら、同時にCDも終了。
もともとはアナログLPなので演奏時間が44分。

45分ぐらいってのは、集中力を持続するちょうどいい区切りです。





  1. 2016/04/04(月) 22:42:08|
  2. 機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

臨機応変トレーニング

まずは工作から開始。 鼻です。


左右均等ライティングすると、影が二つ出ます。
下の写真は、その極端な例。 傘無し直射。 このような状態で撮るとヒジョーに人相が悪い顔に写ります。
2016_0403_02.jpg

集合写真を撮影する場合、センターから一発当てるだけでは隅っこの人が暗くなる場合があります。
で、2灯で左右均等ライティングするとどうなるか、テストします。
2016_0403_04.jpg


結果は?
右側と左側では影が違う方向に出ています。
センター付近の人物は、いやなダブルシャドウにはなっていないようなので、
まあまあOKでしょう。 人相が悪いのは現在の心理状態とDNAの成せるワザ。ライティングのせいではない。
2016_0403_03.jpg

撮影する人数が多い場合は、
センターのストロボを強く発光、左右から1灯ずつ弱く発光、
合計3灯で、全員がほぼ均等な明るさになるようにする場合もあるようです。

ワタクシも3灯で撮影したことがあります。
でたとこ勝負でセッティングして、そこそこキレイに撮れましたが、冷や汗もんでしたわい^^

集合写真はヒジョーに難しい。

  ・人数は?  何列?
  ・撮影場所の天井は白い? 低い? 高い? 
  ・壁ぎりぎりいっぱいに人が並んじゃう?
  ・片側が大きい窓、外光の影響が大?  えーっ!?

ケースバイケースの最たるモノであります。


***
***
こんどは「型モノ」を想定。 トップライトが無い・・・という状況。
2016_0403_06.jpg
モノブロック①対②の発光量は1:2ぐらいだったかな。 
(距離が均等じゃないので、被写体に到達する光の強さは1:2ではありません。)
クリップオン③は背景に向けて照射。
クリップオン④は半開きの傘を装着、被写体より後ろの高い位置から照射。これでは光量が足りないが。

さて? (画面右側に変な黒丸がならんでいますが、無視してくださーい。PhotoShop作業上のミスです)
2016_0403_05.jpg

***
***
んじゃ次は外で。 あー・・・曇りですね。 パッとしませんね。
やっと春。家内が園芸開始したところを無許可で撮影。顔をボカすという条件つきで掲載いたします。
2016_0403_08.jpg

改善策。 被写体の左後方、斜め上からクリップオンでストロボ光を当てます。
被写体とストロボの距離は目測で約3m。
2016_0403_09.jpg
曇天の自然光だけで撮るよりは、こっちのほうが良し。

***
***
ストロボの位置を高くしようとしてスタンドを伸ばしたら・・・・抜けた!
締め付け部分のネジを六角レンチで緩めて、パイプを引っこ抜いてみる。
右は正常な方。 左は何らかのパーツが脱落しているようだ。
2016_0403_10.jpg

スタンドの中からカラカラーンと出てきた破片。 こいつか。
2016_0403_11.jpg

2016_0403_12.jpg
左に見える透過型の白傘がちょうど良い角度にセットできなかったので、

ゴムベルトで括り付けました。
2016_0403_13.jpg

****
臨機応変にセッティングする練習でありました。
流れは・・・

   集合写真(例えば、親族ご一同様)
   型物・記念写真(例えば、新郎新婦)
   外でスナップ(例えば新婦)
   物撮り(例えば結婚指輪等の記念の品)

使用機材は
   カメラ2台、
   レンズ3本、
   モノブロック・ストロボ2本
   クリップオン・ストロボ3本

それぞれの場面でベストを追及するならば、もっともっと機材と時間が必要。
妥協点をさぐるシミュレーションでもあります。
(披露宴スナップも撮影ということになると、けっこうな体力も必要)












  1. 2016/04/03(日) 16:37:58|
  2. 実験・シミュレーション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

現場研修

今日は現場研修でした。  ワタクシ、撮影はしませんでした。 段取りの勉強です。

えー、ジェネをセットしてケーブル類を接続し・・・


モノブロックしか使った事がないので、メモっておきました。
2016_0402_02.jpg


めでたい型物の撮影です。
2016_0402_03.jpg

撮影を任せられたとしたら・・・
ストロボ、カメラ、レンズ等、ハードウェア的にはそんなに心配ない。
まあ、なんとか撮れる。

しかし問題はソコじゃない。

着物の形を整えたり・・・
2016_0402_04.jpg

ささっと多人数(相手はお客サマ!)に指示して、きれいな並びを作る。
2016_0402_05.jpg
写される方の表情が硬くならないように、なごやかなトークをまじえつつ・・・。


ひな段や椅子のセット及び撤去、次の段取りへの素早い移行。 大変だ。

普段と違ってスーツを着てこういう緊張感の中に身を置くのも良いですね。





  1. 2016/04/02(土) 23:25:14|
  2. スタジオ・人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

現場研修/反復練習

さーてと、もう4月だ。 時の経つのが早すぎる、信じられん。
光陰矢の如し…イマドキのデジタルな社会では物事が変わっていくスピードが加速しているように感じる。

***

昨日、アメリカ娘のジャッキーと歌を歌って遊んだのですが、

コード進行も歌詞も全部覚えているはずの曲も、
いざ人前で演奏するとなると若干の緊張感はあるもんで、
やっぱり間違えるのですよ。 鼻歌程度なんですがね。

ギター初心者のみなさん、自宅で個人練習・・・大事です。
でも、人前で演奏するのはまったく別のことですから、ぜひチャレンジしてみてください。
必ず上達の一助になりますから。 意識が変わりますから。

ライブで上手くいかなかったのはナゼか? それを考えて個人練習/反復練習にフィードバックするのが大事です。

カメラ歴よりギター歴の方が圧倒的に長いので、そこらへんに関しては自信をもって言える。


それでですね・・・
ワタクシ、カメラは独学。 物撮りはソコソコに上達したのですが、基礎がなってない。
いわゆる”普通の写真屋”としての撮影に関しては、現場経験が少なすぎる。 つまり “ライブ経験” が足りない。

ありがたいことに、その機会が与えられました。 明日、朝から現場研修です。
2016_0401_03.jpg
 
本やネットの情報でも、かなりのことは勉強できますが、限界があります。
現場にはいろんな学びの要素があります。

なにかしら学んでくる予定。



  1. 2016/04/01(金) 22:15:05|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

pink

Author:pink
秋田県横手市KUBRICK
パパは写真撮ります。
商品撮影、時々色々撮影!
ママはパン焼きます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (102)
物撮り (310)
スナップ (194)
天然酵母パン (4)
ドライイーストのパン (5)
建築撮影 (1)
ハードウェア (2)
ロケ (34)
料理の撮影 (119)
機材 (129)
スタジオ・人物 (30)
マクロ (12)
実験・シミュレーション (75)
画像処理 (5)
音楽 (117)
本 (14)
ギター (37)
日記 (376)
工作 (20)
スポーツ (8)
オーディオ (26)
撮影 (8)
集合写真 (1)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR