パパフォト&ママパン

新しいガラケー

携帯電話破損、寿命でしょう。
店頭在庫で今すぐ交換できるということだったので
古いガラケー破棄、新たなガラケーをゲットとあいなりました。

SIGMA70mm Macroで撮影。F11
昨日、文庫本を撮ったときのままの、グリッド付き一発ライティング。左に白レフあり。
直射日光のような強めの影が出てますね。レフなしだと、もっと強い影になります。

グリッドをはずし、バックペーパーにバウンス、
真上より少し手前から傘バウンスで一灯追加してみると、こうなりました。
2013_083103.jpg
2013_083101.jpg
スポンサーサイト
  1. 2013/08/31(土) 15:08:09|
  2. 物撮り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

読書の秋

某・南米大河系の大手書籍通販サイトで本をまとめ買い。便利になったもんだ。
欲しい本が決まっているので便利、ということですがね。
作品の出来・不出来の波が小さく、平均して水準が高い作家の本をまとめ買いです。

本屋でパラパラと最初の数ページを読み、その本の気配のようなものを感じ取って
新たな作品・作家との出会いが始まるのだが、今はそういうことが難しくなってきた。
私の好む作品はベストセラーにはならないものばかりなので
地方の本屋の店頭にはほとんど在庫がないのだ。

出会う機会がないので、ネットに頼る。
ヨメ不足、婚活の話みたいだな。


なんとなく撮ってみたが、あまりに芸が無い。ちょっと工夫してみる。
2013_083003.jpg

ここからEF35mm旧型を使用。
2013_083002.jpg

雰囲気を変えてみる。
2013_083004.jpg
2013_083005.jpg
グリッド付を一発ポン!。絞りF6.3で。
特に遮光はしてません。グリッドをつけたので光が届かないところは暗く落ちます。
  1. 2013/08/30(金) 20:42:31|
  2. 物撮り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クラムシェル・テスト

女性ポートレート撮影の予定あり。ライティングを検討してみる。

傘で上下からはさみ込むようにするライティング。
英語で「二枚貝の殻」を意味するClamshellというらしい。
撮影依頼をうけてから急いで準備する
Muddy Rope Method、 泥縄式であります。

5D2 Tamron90mmマクロ、撮影時の絞りF6.3
2013_0829_02.jpg
カメラの液晶モニターで画像を見ると、なんだか首の影がきたないような気がする。
財務大臣にモデルチェンジ。
2013_0829_01.jpg
あら、女性の首は男よりツルリとしているのだね。レフを当てればベターかも?
服の衿の形によっては変な影がでるかもしれないので引き続き検討、テストする予定。
キャッチライト(瞳に写りこむ光)の出方も要検討。ここがキモ。
2013_0829_05.jpg

背景は白バックペーパーなのですが、そこまで光が十分に届いていないので
グレーに写ります。ウムム、これは面白い。
2013_0829_04.jpg
  1. 2013/08/29(木) 22:58:54|
  2. スタジオ・人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人工光と陰と

街灯の支柱を無意識に撮ったら、赤い光が反射して面白い写真がとれました。
EOS5D3 SIGMA85mm F1.4
2013_0828_02.jpg
赤い光は信号機の赤、街路樹には真上の街灯からの光があたってます。

絵柄的に余計な光を、PhotoShopで消しました。


停車中のタクシーについては、アンケートによると

  主題を強調するために、消してしまった方が良い…36%
  夜の孤独感の象徴的アイテムとして生かしたほうが良い…44%
たいした写真ではないので、どちらでも良い…20%

消さずに残しました。


50mmレンズで広く撮ってみると、
手前の街灯の支柱には赤信号の光がちゃんと写りこんではいますが、
街灯に照らし出された建物の明るさの方が勝ってしまいます。
2013_0828_03.jpg
光と陰・影、おもしろいですね。
  1. 2013/08/28(水) 23:29:20|
  2. スナップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋空

夕暮れ時の空、良い色だなー、撮ろうかなーと思ったところへ来客。
ほんの数分のところで、一番きれいな空を逃してしまった。

電線やら道路標識が邪魔ですが、仕方がない。

2013_0826_sky02.jpg
雲の形が変わってきた。夏の終わり。

EF35mm旧型で撮影。
  1. 2013/08/26(月) 22:07:40|
  2. スナップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青空

ここ最近、私としては結構な枚数を撮影したので、メンテナンスを。
センサーのゴミチェック。
F22まで絞り、ピントは無限遠で空をパチリ。絞り値が小さいとゴミ発見しにくいです。

ゴミ発見。

カメラのメニューから「今すぐクリーニング」を実行したり
ブロアーでプシュプシュしたりで、とりあえずゴミは消えた。深追いしないことにする。


お盆を過ぎると一気に秋の気配になる。空気がさわやかだ。
2013_0825_sky02.jpg
2013_0825_sky03.jpg
DPP「風景」で現像した、いかにもそれらしい青空ですっ!
5D2で撮影 レンズはEF50mm CompactMacro

-----ブログ書き上げたら雨が降り出した。大気が非常に不安定な状態です。
24時間TVでは「感動」の大安売り中です。
  1. 2013/08/25(日) 16:40:05|
  2. スナップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TS-E45mmでテーブルショット練習

先日の出張・料理撮影の顛末(24-105標準ズームで、あたふたと撮影)をふまえて、
ほかの方法を研究してみる。
クリップオン2灯使用。
今回の実験の主眼はTS-Eレンズを使ってみること。
現場では撮影距離が十分にはとりにくかったので45mmで実験してみます。


まずは普通に撮ってみます。
F4.5 左の①にピント合わせ(ライブビューで)
2013_0825_TS06.jpg
絞りF4.5なので当然②③はピントが合いません。

普通のレンズと同じ、このような状態のレンズを
2013_0825_TS04.jpg
チルト(レンズ前玉を傾ける)します。
2013_0825_TS03.jpg

さらに、軸を回転させてみます。
2013_0825_TS02.jpg
これで撮影してみると、①②③全部にピントが合いました。
2013_0825_TS05.jpg

比較してみます。
2013_0825_TS07.jpg
通常はピント面はレンズ面(センサーの撮像面)と平行なのですが
チルトと軸回転で ピント面を右奥方向に斜めに傾けて撮影してみました。
①②③の被写体の配置にあわせて、ピント面を傾けたのです。
ピントが合う範囲は「点」ではなく「面」であることをイメージするといいですね。

TS-E(チルト・シフト)レンズの構造・原理については
ブログ 「てーへんカメラマンの日々 -seimas- 」

をご参照ください。緻密でわかりやすく解説されております。感謝。

まずはTS-Eレンズの使い方検証としては成功。
だが、デザイナー氏が意図するのがこういう写真であるかどうかは別問題。
「いやー、そうじゃなくてー…」と言われたらどうする?
めいっぱい逆チルトして……
「いやー、それも違うなー…」
結局、ズームレンズで撮ることに……
  1. 2013/08/25(日) 14:26:54|
  2. 実験・シミュレーション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

料理撮影・テーブルショット

先日の出張撮影。
天トレ張り、4-5灯、シフトレンズで全ピン合わせ。いつもどおりに進行した。

「じゃ、今度はレストランで撮影しまーす」 ...お?ん? 聞いてないぞ。

レストランへ移動。デザイナーがさくさくと皿を並べる。
「低ーい位置からお願いします。奥のほうはボカしてね。」
これはいつもとまったく違う撮影だな。ちょっとあわてる。

引き(撮影距離)が無い、手前ピント合わせで奥ぼかし、
窓からの外光あり。窓の外の景色も見える状態。ウムム。
なんとか撮影したのが下の写真。はっきりとはお見せできないので、全体をぼかしてあります。


現場記録を撮ってなかったので再現してみます。
EOS5D2、 EF24-105mm F4L USM、
クリップオンストロボ、カメラ直付けで天井バウンス、もう1灯は離して。
ISO500 F6.3 1/50(実際の現場では自然光が明るかったのでISO 125)
2013_0824TS_02.jpg
窓の方向を考えて、左にストロボを配置した。
2013_0824TS_04.jpg

次にディナーを撮影。こんどは画角内に窓なし。
2013_0824TS_05.jpg
外光が差し込む方向は考えなくてもいいので、ストロボの配置を変える。
2013_0824TS_06.jpg
ただし実際の撮影は窓からの外光を遮光せず、しかもテーブル上にはキャンドルライトがありました。
シャッタースピードさらに遅く1/30で撮影しました。
現像時にホワイトバランスを調整して、やや赤みがある写真に仕上げました。
2013_0824TS_07.jpg
ズームレンズ持って行ってよかった。
3枚納品、それぞれ50mm域、80mm域、105mm域。

研究の余地あり。しかも広大な余地が。
  1. 2013/08/24(土) 15:18:07|
  2. 料理の撮影
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

撮影→印刷物完成

8月はじめに人物撮影をした。パンフレットとして出来上がってきた。
2013_0824_kz01.jpg


撮影時のセッティング。4灯使用。
2013_0824_kz02.jpg

事前にいろいろテストしてみたのだが、顔下に白レフを置くと明るすぎてダメだった。
男性らしい年相応の貫禄が失われてしまうようなので却下。
2013_0824_kz03.jpg

白バックでの撮影時は、背景をとばすために人物の背後に1灯追加。
2013_0824_kz05.jpg

とても喜んでいただいたが、
ライティングや撮影技術は、たいしたことはない。
撮影者(私)とモデルさんのコミュニケーションがうまくいったことが
成功の大きな要因であり、それもモデルさんの人柄によるものです。
ありがとうございました。
  1. 2013/08/24(土) 10:34:20|
  2. スタジオ・人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

足の爪

私の爪は俗に云う「巻き爪」で、皮膚に食い込んで傷つけてしまう。
8月15日、お祭り撮影のときに傷ついたようだ。
化膿してしまうので直りにくく、何度もおなじことを繰り返すので
「切っちゃってください」と申し出た。
爪のはじっこの巻いている部分がはえてこないようにその部分の根っこも切除します。
「左母趾爪甲爪母辺縁切除術」…おおげさである。



手術室に入るので、ものものしい雰囲気。まあ、初体験ではないので大丈夫。
いちばん痛いのは局部麻酔の注射なので、そこを過ぎればあとは、まな板のなんとか。
写真は写真屋に、手術は外科医に、餅は餅屋にまかせる。
執刀医によってはBGMをかけたりするようだ。
スタッフが「あ、今日は音楽いらないです」と小声で話していた。

私はPINK FLOYD の Comfortably Numb(気持ちよく麻痺)などを頭の中で鳴らして心の平成を保つ。
手術室入りから出るまで約50分で完了。あとは回復待ち。
よーし、これでまた激しい撮影できるぞ!

横手市立病院スタッフは、接客業のように感じが良いです。
手術室の入り口で「いらっしゃいませ、一名様ですね」と言わんばかりである。
また来ようっと。ん?

今日はあまり動けないので、
大量に撮影した写真の選別・現像処理したり、本を読んだりしてだらだら過ごす。
ジェイムズ・クラムリーの「明日なき二人」。めっぽう面白い。
以前読んだものを読み返している。
あらすじはわかっているのだが、文章に魅力がある。濃い。
他に「さらば甘き口づけ」 「友よ、戦いの果てに」も優劣つけがたし。
  1. 2013/08/23(金) 20:35:36|
  2. スナップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

野外コンサート・よこて音(オト)フェスティバル

8月18日、よこて音フェスティバル(オトフェスティバルと読みます)開催されました。
今年で3回目。オフィシャルカメラマンとして参加しました。ボランティア参加です。

さて、晴れた日の野外撮影は日なたと日陰の輝度差が大きいことを
どのように克服(大げさ?)するかが問題です。
あえてそのまま撮って、日差しの強さを感じさせるようにするか
暗い部分をストロボで補助するかの選択になります。
下の写真のように一番左のボーカルには直射日光があたっていますが
それ以外のメンバーは日陰のなかです。(完全に快晴ではないので、きつい輝度差ではないが)
あらかじめ照明(ストロボ)を仕込まないかぎり、全員を明るく撮るのは実際は不可能です。


それぞれの人物をひとりずつ狙って撮ってみます。
この場合、日光は半逆光ぎみに斜め方向から当たってます。
地面に落ちた影でわかります。ストロボ発光させて撮りました。
2013_0817_08.jpg
背後の黄色い壁に人物の影が写ってますが、ストロボ光によるものです。
やや不自然ではありますが、来年のポスター等に使用するかもしれないことを
念頭に置きながらの撮影なので、こういう判断をしました。

また、演奏者がこれぐらいはじけてくれると撮りやすいのですが
演奏するだけで精一杯のバンド(失礼!)は自分の手元から目を離せないので
見せる(魅せる)ことまでできません。(私も経験アリ。わかってますって。)
なので、視線を上げてくれる瞬間をじっと待ちます。
または撮影後の処理労力を考えて、ムダな写真を撮らないようにします。
そのあいだにメモリーカードや電池をどのタイミングで交換するかを考えたりします。
たとえば、このあとの出演者がジャズ系トリオだとすると
撮影枚数は少ないな、などと先読みします。
暴れまわるバンドの場合は連写でたくさん撮っちゃうはず、とかね。
電池の消費量もあらかじめテストしておくことをお勧めします。
手ぶれ補正レンズは、その機能ゆえに電力を消費してしまうので、
初めて使うときは、あわてたりします。

使い切った電池は充電に数時間かかるので、途中で充電しながら交換して…などとは考えずに
エイヤッと、もう一個購入してしまうほうが安全です。

黙々と演奏するオジサンバンド。クリムゾン系の5とか7拍子をバシバシ。
そのうち聞き覚えのあるイントロが…私も高校の文化祭で演奏したことがあるぞ。
スペースサーカスというバンドの「ファンキー・キャラバン」ではないか!!!
うれしくなってグイグイ接近して撮る撮る撮る!
2013_0817_09.jpg
あとで「迷惑ではなかっただろーか?」ときいたところ
「いやいや。 このカメラマン、曲を知ってるな、と思ったよ」とのお返事。
各パートの見せ場がどこで始まるかを知っていたので先回りしながら撮れたのです。
とても楽しいひとときでした。握手して別れる。
しかしねー、気温33度で直射日光を浴びながらの変拍子は
ある意味で別世界へのいざないでもありました。

自分の持ち場を終了。隣接する別会場へ移動して撮影。
日は落ちているが、こんどは強い照明が当たっている。
やっぱりストロボを使う・使わないの判断をして使い分けます。
いい具合に出来上がった前列のおじさん達、楽しそうです。
2013_0819_03.jpg

ステージが無いので、子供も歩き回ります。
熱さとユルさの混在するローカルならではのコンサート、いいですねー。
2013_0819_04.jpg
出演3度目のバンド。かぶりついて撮影。
2013_0819_05.jpg
終了後、「いつも撮影させてもらってありがとう」と挨拶したら、
「あのカメラマン来たー、と視野に入るので、さてどうしようと考えるときもある。
でも、なんか熱いものを感じます」なんて言ってくれるじゃないか。
握手で双方「ありがとうございました。」頭をさげる。

朝10時スタートしたコンサート。体力はすでに限界点。最後にもう一バンド撮影して終了8時半。
5つの会場で出演総数83組の皆さん、大勢の運営スタッフ、本格的に撮るカメラマン、私を含め数名。
消耗戦でした。おつかれさまでした。(ほんとに疲れた)

スローシンクロ(後幕シンクロ)を試してみるつもりだったのだが
頭が働いていなかったのだろう。すっぽり抜けてしまった(悔)
演奏技術、撮影技術のまえに体力。
---------------------------------------------------
データをPCで開いてみて、課題・反省点の多さに愕然とする。
ブログでウンチク垂れている場合じゃないのだ、ほんとは。
  1. 2013/08/19(月) 20:36:36|
  2. スナップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋田県横手市 送り盆祭り2

8月16日祭り本番でした。
後幕シンクロ。花火が開ききるタイミング合わず残念。
2013_0817_07.jpg

和太鼓パワー炸裂してました。先幕シンクロ。
後ろにチラリとステキな女性が…
2013_0817_04.jpg

小指にやられてしまいました♪
これも先幕シンクロ。
2013_0817_05.jpg

後幕シンクロ(スローシンクロ)面白い! だんだんわかってきたぞ。
2013_0817_02.jpg
2013_0817_01.jpg

地明かりが少なく、とても暗いところでの撮影は大変でした。AFできず、も多々ありました。
荒っぽいところのある祭りなので、
迫力ある写真を撮ろうとして対象に迫っていくと、ほんとに危険でした。
また、暗いと自分の足元もよく見えません。
おまけに、ファインダーを覗いていると周辺視野が無いのです。
最後の写真の撮影位置、私の後方1mは川の水面です。
車の運転のように、左右確認、後方確認。汗だくでした。
  1. 2013/08/17(土) 16:47:34|
  2. スナップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋田県横手市 送り盆まつり

送り盆まつり、始まりました。今日は盆おどり大会。

5D3 EF24-105mm
ISO4000 F4 1/25 ストロボ無し。

盆踊りは動きが穏やかなので、あまり写欲がわかない。
で、太鼓ですよ。やっぱり和太鼓の音、ワクワクします。
最近は、祭りに参加する元気な女性が増えてきている。
レンズがそちらを向くのは自然の摂理でありましょう。

ISO2500 F4 1/30 TTL補正-1
ウーム、かっこいい。
2013_0815_03.jpg

ISO800 F4.0 1/60 TTL補正-1
アイコンタクトに反応してくれました。すてきな笑顔だ。
2013_0815_01.jpg

ISO2500 F4 1/25 TTL補正+1/3
シャッタースピード1/25なので、後幕シンクロ発光。初めて実際に使った(恥)
2013_0815_04.jpg

ISO2500 F4 1/25 TTL補正-2/3
太鼓がセットされている屋台?の屋根にストロボ光をバウンスしてます。
2013_0815_05.jpg

ISO2500 F4 1/25 TTL補正-1/3
2013_0815_07.jpg

男子も負けちゃいません。
ISO 1000 F4 1/60 TTL補正-1・1/3
2013_0815_02.jpg

ストロボにはカラーフィルター(アンバー)を細く切って貼りました。
ロウソクや、白熱電球のあかりになじみます。
ストロボの使い方難しい。面白い。
  1. 2013/08/16(金) 00:10:34|
  2. スナップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

忙しい

出張撮影から戻り、データ整理、選別。
撮った後が時間がかかります。のんびりしてはいられない。

ちょっと一息、外にでてみると蜂がブンブン飛んでいる。
あー、巣をつくったなー!

脚立にのぼり、長い棒で叩きおとした。
2013_0814_02.jpg
Mission complete.
あー忙しい。
  1. 2013/08/14(水) 17:52:24|
  2. スナップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

後幕シンクロ?

あさっての撮影準備。持ち出す物を並べ、電池を充電。
万一のトラブルにそなえて多めに持っていく。
休みのようで、休みでないのが常態です。


夏休み中の息子に部活の仲間から連絡あり、急遽、自主練習に出動することに。
「夏休みだけどさー、休みじゃないんだなー」
ダラダラとして退屈している暇がないので、良いことだ。
2013_0812B_06.jpg
普通にオートフォーカスすると手前のラケットや手にピントが合います。
いったんカメラを横移動して顔にフォーカスして撮りました。ちょっとピント甘い。
手にピント合わせ、顔にピント合わせ、二通り撮ってみましたが、それぞれの良さがありますね。

ストロボの後幕シンクロ(動くものの軌跡を写す)を試してみたかったので
ラケットを振ってもらいました。
2013_0812B_03.jpg
あれ、いつもと変わらんねー。
現像ソフトDPPで開いてみると「先幕シンクロ」と記録されている。
おかしい? エラーか? 調べてみました。
遅いシャッタースピードでないと自動的に先幕シンクロになってしまうのでした。
ストロボを後幕シンクロに設定しても、シャッタースピード1/30以上だと先幕になります。
それより遅い1/25から後幕シンクロで発光します。
カメラ本体(5D3)の仕様でしょう。ネットの書き込みでは7Dも同様のようです。
キャノンのストロボ、Nissinのストロボ、どちらも同じ動作でした。
恥ずかしながら知らなかった。マニュアル熟読すべし。熟読してもわかりにくけどね。

8月18日、野外ライブがありボランティア撮影スタッフとして参加します。
YOKOTE“音”FESTIVAL。複数の会場で同時開催ですが、
私は横手駅近くの「よこてイースト駐車場」の会場に居ます。


そこで、ライブ撮影のシミュレーション。エアギターをやってもらう。
涅槃の境地に入ったサンタナ。
2013_0812B_04.jpg
ランドセルを背負えばAC/DCのアンガス・ヤング。
2013_0812B_05.jpg
ついでにAIサーボもテスト。
2013_0812B_01.jpg
いってらっしゃい!
  1. 2013/08/12(月) 14:46:49|
  2. スナップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨が上がったのでF1.4

ストロボ炊いて、絞りはF11-13ぐらいで
集合写真撮影のシミュレーションをしていました。大体の方針は決まった。

午前中は豪雨だった。午後から日が差してきて強烈に暑くなってきた。
外へ出てみます。絞りを開けて撮りたくなったのです。

SIGMA85mm F1.4開放で撮影。
靴を干す。

2013_0811_02.jpg

おっ、自転車のオジサンがきたぞ。
絞込みボタンにAIサーボを割り当てているので、その切り替えテストしてみるか。
2013_0811_03.jpg
…スピード遅いっす。この遅さで直進できるとは、ただものではない。
AIサーボ使うまでもなく、ワンショットで十分追える速さでした。

室内で逆光シルエットで撮影。
2013_0811_04.jpg
暑いといってもここは30-32°Cぐらい。
猛暑・酷暑地域の皆様、たいへんですね。
  1. 2013/08/11(日) 14:29:59|
  2. スナップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

集合写真シミュレーション

来週予定している撮影のシミュレーション。3列の集合写真です。
撮影場所を下見してきたので、その場所でいかにきれいに撮るか検討中。
カメラ真上にメインライト(透過傘)ですが
両端が暗くなりそうなので補助光の追加を試してみる。
撮影場所は幸いにも白い天井だったので、それを利用してバウンスする。


あら背後にいやな影が。ちょっとおもしろくないねー。
2013_0810_03.jpg
この影は天井からのバウンス光ではなく、
ストロボからの直射光によるものではないか? と考え、
黒い紙で直射光をさえぎってみました。
2013_0810_02.jpg
その結果、はっきりした影は消えました。少し光量は落ちました。
2013_0810_04.jpg

センター、左右から天井バウンス 計3灯使用でこんな感じ。
メガネをかけてみたが、少しアゴを引き気味にすると反射しないようだ。
2013_0810_06.jpg
この線で煮詰めてみます。
現場はここより天井は低いし、壁が茶色だし…さてと。
  1. 2013/08/10(土) 22:04:30|
  2. 実験・シミュレーション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

子供の過去スナップ

猛暑、豪雨、いずれもたいへんだ。
悲惨なニュースが多いし、それに慣れてきてしまっていることも不愉快。
おまけに「涙活」だと? パターン化・類型化された薄っぺらな感動しか無いぞ。
あー、そのひとたちは薄っぺらとは感じないだろうから、まあいいか。
しかし感動のネタぐらい自分のアンテナで見つけろよ。ムカー。
などと文句たれオヤジになりがちです。
------------------------------------------------------

で、脈絡なく子供たちのスナップ写真です。気を静めましょうか。
撮影日2007年9月、当時小学生だった息子と友人たち。

みごとなへっぴり腰。なかなか割れなかった。


ヒビが入ったところで空手チョップに変更。
「よーし、お前たち、男だからフルパワーでいけっ!」
とかなんとか煽ったように記憶してます。
我が息子、鬼の形相。
2013_0809_02.jpg

とどめだー!
2013_0809_03.jpg
群がって喰うアリンコのよう。
2013_0809_04.jpg
高いところに上って、あやういバランスをとりながら撮影。
このときの機材はEOS KissXとキットレンズの標準ズームでした。なつかしい。

この子達、中学生になりました。
居間から妻子が笑う声が聞こえてきます。
夜風が涼しい午後9時半。 もうすぐお盆、虫の声。
  1. 2013/08/09(金) 21:54:35|
  2. スナップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

料理撮影セッティングいろいろ工夫

天トレのロールがズルズルと回らないように止めます。
専用のクリップを買うのもくやしいような気がするので、家庭用品で代用しました。


突き出した棒などは視界に入りにくく
引っ掛け、目突きの危険あり。こうしておくと安全です。
2013_0808_05.jpg

ブームスタンドのウェイト側。
この下をくぐりぬけようとしてオレンジ色のウェイト(金属、6.7kg)に
頭を強打したことが何度かあり、これも予防策を講じます。
2013_0808_04.jpg


料理の照りや、黒デコラ板の反射をコントロールするために奥から一灯。
位置、角度を調整するためマンフロット420Bブームスタンドを使用しました。
2013_0808_01.jpg

2013_0808_02.jpg
今回は色紙を敷いて撮りますが、奥からの光の位置によっては
色紙の色がきれいに発色せず、光の反射でウルサイ感じになってしまいます。
今回はそれを避ける方向でセットしました。逆の場合もあります。
夜9時から開始。終了12時半。おつかれさまでした。
  1. 2013/08/08(木) 12:45:45|
  2. 料理の撮影
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コンセプト

私の人生、または思考回路。


おもしろいなと思ったコトバ。

  梅佳代さん
   「コンセプトなんていらないです」……糸井重里氏との対談で

  壇蜜さん
   「夢を実現するとか、こういう風になりたいなどと考えると
    かえって可能性をせまくしてしまう気がする」……なにかのインタビューで

2013_08006_02.jpg

2013_08006_03.jpg

で、この流れになんらかのコンセプトはアリ?ナシ?
  1. 2013/08/06(火) 21:38:03|
  2. スナップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっと夏の日差しの午後

撮影と体力づくりを兼ねて出かけました。あまりに運動不足なので。


2013_0804PM_04.jpg

自然な日差しの感じを損ないたくなかったので、ストロボ使わず。
2013_0804PM_03.jpg

AIサーボで追ったがピント甘い。シャッタースピード1/125では遅いね。
データを見てみると、Pモードで撮影していたようだ。
このあとシャッタースピードを1/200まであげて走る子供を撮った。
そのほうがやや結果はよかった。
2013_0804PM_02.jpg

2013_0804PM_05.jpg

2013_0804PM_06.jpg
  1. 2013/08/04(日) 21:46:00|
  2. スナップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっと夏の日差しが

気持ちよく晴れました。
復活したSIGMA70mmマクロで撮影。F5.6。

逆光で画面全体が白っぽくなった。通常はNGとされる写真ですが、
日差しの強さが感じられて、これもアリだと思います。
こういう写真が好きなのでフードをはずして撮る、というカメラマンも居ます。

葉っぱの裏に小さい蜂の巣を発見。逆光、蜂の巣は陰の側なのでうまく写りません。
ストロボを発光、左側の壁にバウンスして撮ってみました。
Tamron90mmマクロ F7.1 ストロボ使用。
2013_0804AM_02.jpg
「きれいに撮れましたね。それで?…」って感じの写真です。
説明的です。とくに美しくはありませんね。

今度は室内で、旧型EF35mm使用。
F9.0 暗めに撮影し現像時にコントラスト上げ。
2013_0804AM_07.jpg
網戸を開けておくべきだった!

EF35mm F11
2013_0804AM_06.jpg
  1. 2013/08/04(日) 12:56:53|
  2. スナップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

EF35mm 旧型でスナップ

夕方のスナップです。初期型EOS KISSを使っていたころ買ったレンズです。
単焦点レンズというものはきれいに写るなあと思ったものです。
単焦点であることよりも、開放F2.0の画像に感激したのだと思います。

F8.0

F8.0
2013_0803_02.jpg
F9
2013_0803_03.jpg
AF遅くジーコ、ジーコとモーター音がうるさいのですが、なんとなく人間味を感じたりします。
けっこう寄れるレンズです。
F2.0
2013_0803_04.jpg

修理完了、戻ってきたシグマ70mmマクロでEF35mmを撮ってみる。
2013_0803_05.jpg
2013_0803_06.jpg
OK!。カミソリマクロ復活。撮影時の絞りF9.0です。

さて、35mm付近は魅力的な新型がいろいろ出てきているようですが
私は沼地には絶対近づきませんっ! いや、その…絶対というか…あの…
  1. 2013/08/03(土) 21:24:47|
  2. スナップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夜散歩

ストロボを焚いてバキバキに撮るのは基本的に好きなのですが
その反動でしょうか、暗く撮ってみようかと思いついて撮影。

ホワイトバランスを太陽光にセットして白熱灯の光を撮る。

家の中ではつまらないので、ふらりと散歩に出る。

長距離バスの待合室。
2013_0802_n02.jpg
エドワード・ホッパーの「ナイトホークス」のイメージがチラリと頭をかすめるも
そんな風には撮れません。

友人の店へ立ち寄る。ロングヘアーのおねいさん。
2013_0802_n04.jpg

「撮るなー」
2013_0802_n03.jpg
へっへっへっ、いいぢゃねえか、減るもんぢゃあるめえし。

画面には、The Whoが。かっこいいオヤジ達だ。
2013_0802_n05.jpg
居合わせたお客さん(女性)が
「誰これ? モト冬樹みたい」
……そうですね。


2013_0802_n06.jpg
帰宅。今日は早めに寝る予定。
5D3 EF35mm旧型を使用。全部F2.0(開放)で撮影しました。
  1. 2013/08/02(金) 23:12:09|
  2. スナップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

男性を撮影

前日からセッティングし、本番撮影。黒バックで。
とりあえず一枚撮ってみたら顔の向かって左側が暗い。
力強く男性的に撮れたが、使用目的にはそぐわないので手前にレフを立ててみる。

セッティング。後ろ向きのストロボは、白背景で撮るときに使います。
2013_0802_01set.jpg

いい表情です。ここには書けない内容の話をして笑いながら撮りました。
モデルさんがこちらの意図を察して大人対応、アホな話にのってくれました。
ストロボのチャージが間に合わず→撮れず、が何度もありました。間合いが難しい。
2013_0802_03_up.jpg

頭(髪)が黒バックと同化しないように、向かって左奥から後頭部ねらいで一発。
傘の一部に黒ラシャ紙をつけて、背景の黒に光が届かないように遮ります。
光が拡散しすぎないように、傘は深めに差し込みました。
2013_0802_04_kasa.jpg
先日、よく故障すると書いた機材「○○○Professional」、やっぱりダメだ!
単独スレーブ使用したかったのですが、勝手にパカパカ発光する。
連動して他のストロボも発光してしまうので、使用できなかった。

EOS5D3 SIGMA85mmで撮影。F9から10ぐらい。

新たなことにチャレンジしようとしている方です。
私もがんばって撮影しました。ありがとうございます。
  1. 2013/08/02(金) 17:20:59|
  2. スタジオ・人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

pink

Author:pink
秋田県横手市KUBRICK
パパは写真撮ります。
商品撮影、時々色々撮影!
ママはパン焼きます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (101)
物撮り (310)
スナップ (193)
天然酵母パン (4)
ドライイーストのパン (5)
建築撮影 (1)
ハードウェア (2)
ロケ (34)
料理の撮影 (117)
機材 (119)
スタジオ・人物 (30)
マクロ (12)
実験・シミュレーション (74)
画像処理 (5)
音楽 (113)
本 (14)
ギター (31)
日記 (358)
工作 (20)
スポーツ (8)
オーディオ (24)
撮影 (5)
集合写真 (1)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR