パパフォト&ママパン

シャンデリアの影

集合写真。背後の布にシャンデリアの影が映ってしまいました。くそっ!


予定と違う。
人数が大幅アップ→撮影場所変更。
おまけに会合の段取りが早く進行してしまい、「早めに撮影たのむ」ということに^^ あららら(汗)

ここしかない、という場所にひな壇を組みましたが、いやな場所にシャンデリアちゃんがぶら下がっとる。
その影が背後の布スクリーンに写ってしまったのでした。(天井がやや低めなのです)
2018_0603_02.jpg

最上段の人物のすぐ上にシャンデリアそのものが迫ってきているではないかと、
そればっかり気にしていたのでした。背後の影にまでは気づかず(悔・恥)

クリップオン・ストロボで影をやわらげることが出来たのではなかろうか?
ということに後で思いいたりました。
2018_0603_03.jpg

ワタクシのミッションは撮影したデータをアシスタント氏にその場で渡して終わり。
しかしアシスタント氏は急いで現像してデータ送信→速攻プリント→会合(宴会)が終了するまでに納品する段取り。
うーむ、PhotoShopで修正は簡単なんだが、時間はあっただろうか?
アシ氏は他の現場に移動して掛け持ち仕事なのだ。

*****************************************

帰宅後、復習しとく。
次回、なにかがあったときのための予習ともいえる。

シャンデリアに見立てた傘。 余計な影を発生させる障害物。
背景紙にその影が入りましたねー。
2018_0603_04.jpg

そこで
人物の背後に置いたクリップオンを発光させると影は薄くなりました。
2018_0603_05.jpg

クリップオン・ストロボには当ブログによく登場する簡易反射板/ディフューザーを装着。
ナマ光ではイマイチでしたので。
2018_0603_06.jpg

今日の集合写真は横12名×5列。
けっこうな幅があるので
もしバックグラウンド用にクリップオンを配置するにしても1灯では足りないでしょう。

以上、恥を忍んで失敗の顛末を書きました。お役立てください。
上級者、ベテランのかたは苦笑いとともにスルーしてください💕


またしても現場で学びました。



スポンサーサイト
  1. 2018/06/03(日) 20:49:45|
  2. 集合写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

入学式/集合写真

入学式スナップをパチパチ。
こちらに向かってくる被写体にはAIサーボを使用します。 
2018_0406_006.jpg

ちょうどいいアングルを狙って 歩いてくる新入生を撮ると・・・
頭の後ろにバスケのボードがある。とほほ。

ここの体育館は外光たっぷりで明るい。ストロボ使用せず。
2018_0406_005.jpg

今日は掛け持ちであります。
入学式の終了を待たずに別の学校へ そそくさと移動開始。

****************************************

予定より気持ち早めに到着。そのほうが安全。
不測の事態が起きることが多々ありまして^^

こちらの体育館は外光無し。 ほぼ無し。
下の写真はホワイトバランス”太陽光”で撮影したもの。
水銀だかナトリウムだかLEDかもわからんが、まっ黄っ黄。
2018_0406_001.jpg

400Wモノブロック+傘で左右均等ライティング。
それでは足りないかも? 
ということで非力ながら300Wを一発 センターに配置。
天井が白かったことに一縷の望みを…天井バウンスを試みました。
昨日の記事に書いた ライトカッターを装着する小細工は、このためでした。

効果は?
ふふーん 焼け石にナントカ よりは効き目があったかもよ~ん。

で、昨日、親方の指示を受けたのですが、
「7列もある。 絞りはF●●で」

えーっ!? そりゃいくらなんでもご無体な^^ ムリムリ。
帰宅後、被写界深度の早見表を参照。
・・・焦点距離◎◎mm、 撮影距離●●m ってことは F7.1で充分なのではなかろうか?


本日、現場にて再確認。
すこし大股で歩数を数えると17歩。
ワタクシの歩幅1mに短足係数0.95を掛けると…約16メートルの撮影距離。
2018_0406_002.jpg

うん、やっぱりF7.1でいいハズだ。
だけれども安全策、もうひと絞りオマケして F8.0で撮影しました。
焦点距離45mm 、最前列にピン合わせ。
2018_0406_003.jpg

結果オーライ。
いやー勉強になる。ムチャ振りされるとしんどいけど真剣にならざるを得ない。
撮影場所の暗さに対して、出力●●Wのストロボが通用するか?
どれぐらい撮れるのか。ISO感度はいかほどに?  
ワタクシにとっては得難いテスト・ケースでありました。 

※ちなみに ひな壇組み立てや人の並べ方指示はアシスタント2名が担当。
 素早い設営&撤収が求められるので、ワタクシのごときカメラマン1人では無理、ゼッタイ。

しっかり記録しておく。RAWデータと手書きメモを残しておけば絶対に役立つ。
このブログ自体も自分参照用に役立ってます。
・・・
しかし、
最終的な納品形態は六つ切りって 本番撮影後に知りましたわい^^
実は それこそが根本的な大問題。


いやはや(汗)^^












  1. 2018/04/06(金) 22:16:16|
  2. 集合写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

集合写真/クリップオン一発

中学校の同期会。ワタクシは参加者であり記録撮影係でもあります。
前回と同じ宴会場。前回は天井が低い和室でした。

そのつもりでいざ来てみたら・・・あら? 別室。そうすか。
今回はカメラにマウントしたクリップオン・ストロボで撮ります。三脚無し、手持ち撮影。
という簡単装備でどれぐらいに撮れるか? というテストでもあります。


椅子を並べて、すこしずつセッティングしていきました。
ストロボはTTLよりマニュアルで固定値にしたほうがよかろう。
左側が明るいですね。椅子の背を見ればわかります。
2017_0815_02.jpg

左側に窓があり、レース・カーテン越しの自然光がはいってきます。
2017_0815_03.jpg
で、このカーテンは閉めておきます。

絞りF7.1、シャッター1/80で固定。
ストロボなしでどれぐらい写るか、ISO感度を変えてテストします。
つまり

  ①環境光(室内の灯り)をどれぐらい取り込むか? 
  ②上記の環境光とストロボの光量バランスをどのようにするか?

これが撮影者の意図によりけりなのであります。

結果的に
絞りF7.1、 シャッター1/80、 感度1600 ということに落ち着きました。
ズームレンズ使用、焦点距離45mm。 現像時に歪曲補正。
2017_0815_05.jpg


カメラから離れた位置にストロボがあれば、グレーカードを使ってホワイトバランスを設定しますが、
今回はカメラにマウントしたストロボが光源なので、グレーカードは使いにくい。
ホワイトバランスは色温度4000Kに設定し現像で補正しました。
(被写体にグレーカードを持ってもらって撮影し、それを基準に補正するという手も有り)


白い服が白トビしないように注意。
前列、後列ともほぼ許容範囲。 
2017_0815_08.jpg

********************************

当ブログで何度も紹介してますが、ストロボには簡易反射板/ディフューザーを装着。
2017_0815_06.jpg

天井バウンスし、前方にも光を照射するという折衷案であります。
2017_0815_06.jpg

*********************************

集合写真はRAWの大サイズで撮影。
その後の宴会スナップは枚数が多いのでJPG撮り。
全部RAWで撮ると後処理に時間が掛かってしょうがないのです^^




  1. 2017/08/15(火) 14:58:07|
  2. 集合写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

pink

Author:pink
秋田県横手市KUBRICK
パパは写真撮ります。
商品撮影、時々色々撮影!
ママはパン焼きます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (108)
物撮り (329)
スナップ (194)
天然酵母パン (4)
ドライイーストのパン (5)
建築撮影 (1)
ハードウェア (2)
ロケ (34)
料理の撮影 (124)
機材 (137)
スタジオ・人物 (31)
マクロ (12)
実験・シミュレーション (77)
画像処理 (5)
音楽 (128)
本 (14)
ギター (79)
日記 (446)
工作 (29)
スポーツ (8)
オーディオ (26)
撮影 (16)
集合写真 (3)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR