パパフォト&ママパン

クラフト系

クラフト・フェアが開催中というのを今知った。では、出かけてみるか。
目的は撮影ではなく運動不足解消・体調維持のためであります。
舗装路よりもアップダウンのある不整地のほうが足腰のためには効き目があるのだ。
人が大勢集まっていれば熊も出ないだろうから安心^^ 昨今はこのへんも熊出没エリアなのです。


で、こういうクラフト系のイベントに来るお客さんは服装が「クラフト系」です。
2017_1001_04.jpg

とにかく生地の分量が多い。
2017_1001_03.jpg

すばやく撮影する練習もかねて…ダメだ、ブレた^^
2017_1001_08.jpg

2017_1001_09.jpg

2017_1001_10.jpg

アニメ好きのオタクちゃんたちのコスプレに限ったことではなくて、
普段の服装もささやかな自己表現としてのプチ・コスプレであるなーというのがワタクシの考え。
アスリート系、エコ&農業系、音楽系はジャンルごとに様々…それぞれ。
会社勤めのスーツ姿は別として。

こちらのマダム達はオーガニックな素材でジャムを作るのが趣味、とお見受けした。 
2017_1001_12.jpg

山を下りてきた。 河原のあのヒトビトは1時間前からいるぞ。
2017_1001_14.jpg

拡大してみると、
こちらもクラフト系?  流木やら形の面白い石探しかも。
2017_1001_16.jpg

家の前に到着。 バ バイクがっ  AIサーボに切り替えて間に合うか?
2017_1001_15.jpg
うーむ なんとか間に合ったものの水平が合ってない。ヘタクソである。

バイク乗りもコスプレ色がありますよね。
オンロード、オフロード、新旧ハーレー族…etc


約一時間のウォーキングでした。


スポンサーサイト
  1. 2017/10/01(日) 21:35:46|
  2. スナップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紅葉

天気がいいので横手公園へ。
レンズはEF35mm F2.0    モーター音が懐かしい通称「ジーコレンズ」。
本日は絞りF2.5~2.8で撮影しました。
2016_1113_oshiro00.jpg
うーむ、順光でテキトーに撮ると明るすぎました。
赤がすぐに飽和するので、以下の写真は現像時に暗く補正したものが多いです。

************************************************

あたり一面が紅葉しているわけではない。撮影箇所は限られる。

ベテランが初心者に指導するの図。
2016_1113_oshiro05.jpg

ははーん。この角度ね。
2016_1113_oshiro06.jpg

実は後方に女性カメラマンが順番待ちしているのだ。
ワタクシと目を合わせて肩をすくめて苦笑。
「みんなこの場所なんですね。 まだしばらくかかりそうですね^^」 と言う。

そうか。
他の人と同じ写真を撮ってもツマランので、作戦変更。
三脚を据えた連中の反対側、斜面の下からパチリ。
2016_1113_oshiro04.jpg

斜面の上から見下ろす。
2016_1113_oshiro07.jpg

いろいろやってみるのだ^^
2016_1113_oshiro09.jpg

市内を見下ろすポイント。
邪魔な木を伐採、柵を設置する工事中。
2016_1113_oshiro10.jpg

膝ぐらいの位置に構えてライブビューで撮影。
あえて地面の落ち葉にピン合わせしてみたりする。
2016_1113_oshiro08.jpg

ぶぼぼぼぼ  と懐かしい音。
2016_1113_oshiro14.jpg

-----いつ頃のクルマですか?

「えー 1972年だな たぶん」

車から降りたドライバー氏も紅葉を撮影。
2016_1113_oshiro15.jpg

午後から雨になった。
いいタイミングでした。

  1. 2016/11/13(日) 19:43:49|
  2. スナップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

70-200mmで散歩

あまりに運動不足なので散歩に出かけました。いつもの赤土公園。
先日、先輩カメラマンが撮影するところを見学させてもらい、「なるほど」と感じるところあり。
では、ということで今日は望遠ズームEF70-200mm F2.8 L Ⅱを使用。



お、
リードを外して犬を放してしまったらイマドキは顰蹙をかうんじゃなかろうか? と 余計な心配をする。
2016_1016_11.jpg
4年生ぐらいの男子が「なんて犬ですか?」と訊く。
おっちゃん答える「ん? 山田一郎だ。 名札に書いてある。」
質問した男子は「うー・・・」 モゾモゾしてる。たぶん犬種を尋ねたんだろう。

飼い主は、YM田のおっちゃんだな。

---むかし I見谷S一の家でコリーを飼ってたねー(昭和45年頃のハナシだ^^)

「ん? あー、コリー居たなー。 こいつはコリーより小さい。シェルティよ。 4歳だ。」

2016_1016_03.jpg

吠え声がけっこうデカイので子供たちはちょっとビビリ気味。

あぶないからこっち来なさいっ、なんて親は居ず。 なんだかほっとする。
子供を犬のほうに押し出して 「ほら、だいじょうぶだよ、さわってごらんフワフワだよ」という親御さんの方が多い。
または遠くで見てるだけ、放置。

子供が走れば犬が追う。 こんな光景は久しぶりに見た。なごむ。
2016_1016_05.jpg
くそっ、ピントが犬の腰あたりだ^^

2016_1016_10.jpg
いちおうAIサーボで撮ってみたんですがっ。

AIサーボついでにこれも。
近づいてくる被写体。 逆光。 向こうに見えるママとの位置関係。 スナップは難しい。
2016_1016_08.jpg


これもAIサーボで。
2016_1016_06.jpg

タイミングを待つ。
3人の配置がいい具合になったところをパチリ。
2016_1016_07.jpg
焦点距離120mm 絞りF2.8(開放)

掲載した写真は全て撮ったまま。 補正・修正なし。

  ホワイトバランス「太陽光」
  ピクチャースタイル「ニュートラル」 色の濃さ「+1」 シャープネス「3」

  1. 2016/10/16(日) 21:32:36|
  2. スナップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3500K

さて本日は婚礼スナップ撮影。
昨日の記事でカラーフィルターがどうのこうの…って書きました。
結局、使いました。 そしてホワイトバランスを色温度3500Kに固定。

3500Kで撮るとこの通り。 午後1時ごろ、曇天、ストロボ無しです。


で、会場のロビーに一歩(ほんとに一歩)入ったところで室内にレンズを向けて撮ってみます。
ストロボ非発光です。
2016_0910_02.jpg
画面の下半分は外光の影響あり。奥の方は白熱灯の照明です。

試しにこの写真のホワイトバランスを「太陽光」に変えてみます。5200Kです。
2016_0910_03.jpg
あらま^^

開宴まえ、準備中の宴会場。
LEDと思われる白色の照明が点灯しています。 
2016_0910_04.jpg
3500Kで撮れば、まあこうなりますね。

と こ ろ が
宴会が始まるとシャンデリアなどの白熱灯が点きます。青白いLEDも点灯しているようです。
2016_0910_05.jpg
このようにミックス光源なので、完全にホワイトバランスを合わせることは不可能。
よって妥協策として色温度を3500Kに設定し、ストロボには薄いオレンジ色のフィルターを付けました。
まずまずの成果でありました。
(ホワイトバランスを「AUTO」にして撮るとあまりに色のバラツキが激しく、後処理が大変です。)

ハロゲンと思われる白熱灯スポット・ライトだけの場面。
ストロボ発光、天井バウンスです。(天井は白色ではない。あまり濃くないベージュっぽい色^^)
2016_0910_06.jpg

もう一台のカメラ、EF70-200 F2.8 L Ⅱ で撮りました。
焦点距離120mm付近、ストロボ発光(天井バウンス)。 こちらもストロボにはカラーフィルター付き。
新婦さんのお肌がキレイに撮れました。
2016_0910_08.jpg
色温度の設定、カラーフィルターのチョイス・・・などの工夫で
より正しいホワイトバランスで撮る(または現像で追い込む)ことも可能かもしれない。
しかしあんまりキチンと合わせすぎると、
寒々しい写真になっちゃったりする場合もあるので悩ましいところ。


「撮影する時点で色温度の設定もちょくちょく変える」という達人もいるようですが
ワタクシ今んところとてもとても…^^

ところで、RAWデータの現像にDPPの新しいバージョン4を使ってみました。
なかなか良い。まだ使いこなせていませんが、これから慣れます^^
2016_0910_07.jpg


  1. 2016/09/11(日) 00:18:56|
  2. スナップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

野外ライブ/クリップオン多灯撮影

野外での音楽イベント、「YOKOTE 音(おと)フェスティバル」 ボランティア撮影。
テントのフレームを利用してストロボを設置しようかな? と検討してみたものの・・・


臨機応変にストロボ位置を変えるにはスタンドで立てた方が有利であろう、と判断。
2016_0822_02.jpg
えー、何度か当ブログで書いてますが、
ストロボの脱落/落下防止策は必須であります。今回もそれを実感。 
シューマウントのネジゆるみに気づかないことがあるのです。 ご用心。

******************
台風接近中だったので、前日の夜に雨対策もしておいたのですが
・・・
・・・
晴れっ! 日差しが  アーっ あぢぢぢぢ!!!
2016_0822_03.jpg

キース・リチャーズさん♡ 6弦なしのテレキャス♪ アンプはアンペグ。 いいね。
下の写真はストロボ不発光(チャージ追い付かず)。 ドラム・セットが暗いですね。 
2016_0822_04.jpg


ストロボ発光すると下の写真のように、テント内のドラマーの顔もちゃんと写ってます。
ギターのミック・テイラーさん、元気がないようにお見受けしたが?
「2曲目あたりから、なんか気持ち悪くなっちゃって・・・」 だったそうです^^暑すぎ! カツラかぶってるし^^
2016_0822_05.jpg
ボーカルやギターなどのフロントマンにはたっぷりと自然光。
テントの中のドラマーは暗い。 テント内外の輝度差が大きいのです。
そこをストロボで補助する作戦。

セッティング略図、真上から見下ろしたところ。
2016_0822_07.jpg
カメラにマウントした(A・マスター)はTTL発光。
テント内の(B)(C)は固定値、1/4程度でしたかね。

テスト段階の写真。
ドラマーから見て右上方、ライドシンバルの方向から(B)
ドラマーの左後頭部あたりを狙って(C) 両方とも照射角は広めに24mmで固定。
2016_0822_06.jpg

下の写真でよくわかりますね。
上段は、マスター(A)のチャージが追い付かずに不発光(写真全体が暗かったので後処理で少し明るく起こしてあります)
下段の写真はストロボが発光し、テント内のドラマーも顔がちゃんと見えてますね。
2016_0822_08.jpg

撮影の目的は二つ。
①来年のポスターやパンフレット等に使用するネタ画像として必要。
②出演バンドの皆さんに写真データをプレゼントする。

ワタクシ個人的には②を重視しているのです。
特にドラマーは自分が演奏している写真をあまり撮ってもらったことが無いはず。

①に関しては歌っているヒトの顔が使いやすい。
それ(用途)を意識して望遠ズーム EF70-200 F2.8 L Ⅱ で撮りました。大方の評価どおり良いレンズです。
下の写真は絞りF3.2でした。ストロボ無し。
左と右の人物がボケてますが、このように写りました。後処理ではありません。
2016_0822_09.jpg
この手の写真もストロボを仕込みたい気もするが・・・ストロボ2系統? そりゃちょっとムリ^^

課題としては・・・
ストロボ(B)(C)の光源がバレバレなので、そこをもうちょっとナントカしたい^^;)
しかし手間をかけて小細工すると
電池交換の作業性も含めて臨機応変に対応しづらかったりもする。 思案のしどころ。

**************

最大画素数で撮るべし! と指令がでているので・・・うーむ、そうしましたよ。
RAW最大サイズで2800枚撮影。 最高気温34度! やれやれ。





  1. 2016/08/22(月) 21:14:16|
  2. スナップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

pink

Author:pink
秋田県横手市KUBRICK
パパは写真撮ります。
商品撮影、時々色々撮影!
ママはパン焼きます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (102)
物撮り (310)
スナップ (194)
天然酵母パン (4)
ドライイーストのパン (5)
建築撮影 (1)
ハードウェア (2)
ロケ (34)
料理の撮影 (119)
機材 (129)
スタジオ・人物 (30)
マクロ (12)
実験・シミュレーション (75)
画像処理 (5)
音楽 (117)
本 (14)
ギター (37)
日記 (376)
工作 (20)
スポーツ (8)
オーディオ (26)
撮影 (8)
集合写真 (1)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR