パパフォト&ママパン

スライド丁番

居間の収納スペース。
扉が自重で下がってきたようだ。

スライド丁番なるもので支持されているようなので調整を試みます。


ビスを緩めて扉を「ふんっ」と持ち上げ、下にテキトーなものを挟み込む。
2018_0615_02.jpg
持ち上げておいて丁番のビスを締める。
よしよし、これで下に擦らない。一件落着。

と思いきや
扉を開けると「ごごごごg」と盛大に音がする。
上から見た図。 
2018_0615_03.jpg
ははーん、


んーむ、これはスライド丁番で調整できない。
脇柱と扉の間隔を少し開けるには、これしかなかろうて。
2018_0615_04.jpg
シム(スペーサー)を挟み込む。

ギターの小細工にも使ったマホガニー材。たぶん1.5mm厚。(実測値1.35mm)
2018_0615_06.jpg

2018_0615_05.jpg

見た目ブサイク、結果良好♪  扉はスムーズに静かにオープン&クローズ。
挟み込んだ材があまり硬くないので、また動く可能性アリ。
その時はその時。なにか手段を考えます。

***************************************

ギターのネック。
仕込み角度を調整するためにシムを挟み込むことがあります。
2018_0615_07.jpg
これの連想でした。


スポンサーサイト
  1. 2018/06/15(金) 21:43:28|
  2. 工作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HDD分解、ガラスに注意

知人が来訪。
廃棄PCのハードディスクを破壊するにはどうしたら?

ふむ、まかせろよ。

まずは古いノートPCのガワをバリバリと壊してHDDを取り出す。



プラス&マイナス、大小ドライバーがあると便利。
2018_0501_09.jpg

HDDの筐体を開けてご本尊のディスクを剥き出しにするには
普通のドライバーじゃなく六角レンチでもなく、トルクス・レンチ(ドライバー)が必要。
2018_0501_08.jpg

筐体をパカッと開けるとディスクが出てきます。
お手本を見せてあげよう。
ピカピカのディスクをペンチでグイっとひん曲げればOK。
これでデータ読み出しは不可能になる。
2018_0501_05.jpg

A氏も別のPCからディスクを取り出し、ペンチでグイ・・・
ピシッ! あー なんだこれ? ガラスだー。
2018_0501_03.jpg

ワタクシも初めて見ました。
ディスクの基材がガラス系の場合もあるというのは知っていたのですが。

破片が結構な広範囲に飛び散る。
2018_0501_07.jpg

3台目は用心してビニール袋の中で破壊。
これもガラスでした。
2018_0501_04.jpg

細かい作業の必需品、老眼鏡。
2018_0501_10.jpg

飛び散るガラスから眼を護るためにも有用であることが
本日、明らかになりました。





  1. 2018/05/01(火) 22:37:55|
  2. 工作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

結ぶ

柵というか竹垣とでもいいましょうか、
そのようなモノが倒れ掛かっていたのでチョイと小細工。
針金で引っ張って灯油タンクをアンカー替わりに使います。

ありあわせの針金を繋ぎ合わせました。
針金が太いので、手で撚り合わせるのはムリ。 電気系の結線とは違う。


再現画像。 ドライバーとペンチの併用です。
2018_0421_02.jpg

現場職人たちの仕事の見様見真似です。

*********************************

さて昨日買ってきた綿ロープで小細工を開始。
ゴムバンドの端に輪っかを作り、そこに綿ロープを通し
2018_0421_03.jpg

引き結び…っていうんですかこれは? 引き解け結び?
2018_0421_04.jpg

ゴムバンドの両端に綿ロープを結びつけました。
2018_0421_06.jpg

ぐるりと廻して
2018_0421_07.jpg

ギュっと縛る。
2018_0421_05.jpg
料理撮影などではスタンドを沢山持ち運ぶので、3~4本ぐらい束ねます。
ゴムバンドだけでも使えるのですが、結んだり解いたりがイマイチやりづらい。
そこで
結ぶところだけ綿ロープにしておけば使い勝手が良いんじゃなかろうか? と踏んだワケです。
うむ、たぶんこれ 良いぞ。 ナイロン・ロープは丈夫だけれども結び目がほどけやすい。
やっぱり綿。 小学生時代のボーイスカウト活動を思い出す
トートライン・ヒッチとかね♪

切り落とした端に木工用ボンドを吸い込ませて固めます。
2018_0421_08.jpg
木工用ボンドはこのように直に手で触ってもすぐに(指から)剥がせるので作業性が良いです。

よし出来た。

***************************

昨晩 読み終えた小説、
ユージン・イジー著「地上九十階の強奪」 、再読に耐える面白さ。
邦題の通り、高層ビルに忍び込んで盗みを働くドロボーさんのお話。

マフィアのファミリー内部の主導権争い。
秘密の会話を録音したテープの存在が明らかとなり、
それを手に入れれば強力な武器になることを察知したアンダーボス。
同格のアンダーボス連中を制圧または排除してトップに立ちたい、
テープを入手したい→凄腕のドロボーさんに依頼する。巨額の報酬で。
2018_0421_09.jpg

ドロボーさん達(二名)が高層ビルの上階からぶら下がり、
90階の窓から中に入る…ロープを使ってますねー。 たまらんっすねー、ワクワク。

えー 「ダイハード」のようなアクション系ではありません。

親子関係に近いドロボー師匠と弟子。 
マフィア内部でチンピラが自分を大きく見せようと無理して、さらにドツボにはまっていくサマ。
マフィアと癒着し腐敗した警察のなかで異質な絶対に買収されない二人の刑事。
裏切り上等、正直者がバカを見る。

そして 男と女、愛とカネ。


ワタクシ好みの文体であります。他の作品も愛読してます。
作者のユージン・イジー氏は惜しくも亡くなってますが、その死の状況がこれまた異様。
ロープでブラ下がって・・・やられたのか? 自ら小説のアイディアをテストしたのか?
いや、実生活がヤバイ状況だったらしいという説もあり。 
ナゾであります。 不可解、不条理を地でいってしまった小説家。

****************************

さてワタクシはいたって健全な小市民。
いつ撮影依頼を受けてもあわてないよう、ヒマなときに色々と準備をしておくのだ。
つまり  しょっちゅう準備しているのだ^^ 

・・・ロープ小細工ができた直後、知り合いのカメラマンから電話。

「あのー ◎◎日は空いてますか? 料理の撮影なんですけどー」

---ほいほい、あいてますよ。(やった! 準備していた甲斐があるというものだ。)

「料理撮影の後に婚礼の撮影がありまして、終了と開始時刻がカブりそうなんですよー。つきましては…」


---うーmmm 途中交代で料理の撮影? そ それは(困)

いやーできれば全部任せてほしいところだが、色々と事情があるのだな。

「カメラもストロボも全部セットしたまんまで、メニューごとに並べ替え、
 絞りを何通りか変更するだけですから・・・・」

おーい おいおい、
くだんのカメラマン氏は ”ジェネ使用、2~3灯。 標準ズームでガッツリ絞ってF22”
などと言ってたことを思い出す。

一方、ワタクシの流儀は 
モノブロック5灯、シフトレンズTS-E90mm およびEF70-200mm F2.8を使う。

・・・ま、なんとか対応しましょう。ちなみにカメラはニコンですね(困) はいはい(泣)

複雑な心境。
自分以外のカメラマンが何をどのようにして、どんな考え方で撮影しているのかを学ぶ良い機会だ。 
前向きに考えれば だ。

仕事を頂いて嬉しいが、ちょい困惑。
こんな気分であります。
2018_0421_10.jpg
偶然にも作業中に聴き流していたキング・クリムゾン。

この世は不条理に満ちている。
不条理こそが世界の構成要素だ。










  1. 2018/04/21(土) 22:14:40|
  2. 工作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

職人は休めない

引き戸が重いという。 
ホコリ髪の毛その他ゴミを 戸車が巻き込んでしまっている。
奥深いところにまで食い込んでいる。 ムリ、取れない。

ほぼ同一寸法の物をホームセンターで調達。
よし、まずはトラブッた戸車を取り外す。釘打ちで留めているだけなので
ドライバーでコジコジしてあっさり外れた。



新しい戸車をハメてみると・・・mmm車軸がつっかえるようだ。 印をつける。
(車軸よりも つっかえているのは主に矢印のところでした。)
2018_0122_02.jpg

カッターで削る。 思いのほか柔らかい木だな。
2018_0122_03.jpg

外した戸車には木片スペーサーがカマせてあった。 
2018_0122_04.jpg

流用します。 取り付け時にズレないように接着剤で仮止め。
2018_0122_05.jpg

引き戸本体の釘穴の位置がちょっと違った。 

  穴①の中にエポキシ接着剤を塗る。 この穴は使う。
  穴②は爪楊枝の先端を差し込んで塞ぐ。エポキシ使用。

エポキシが硬化するまで約30分待つ。
・・・

釘打ち。 釘も古いのをそのまま流用。 曲げないように用心して抜いたのだ。 へっへー♪
2018_0122_06.jpg

バリアフリー型のV字レール。
2018_0122_07.jpg

引き戸をはめて動かしてみると・・・ガタガタ音がうるさい。
レールがV字なのでゴミが溜まっていたようだ。
固着したような汚れもあったので こそげ落としたらガタガタ鳴らなくなった

わざわざ大工さんを呼んだりせず、これぐらいのことはDIYするのだ。
面白いので。 
してやったり! という気持ちもある^^;)





 
  1. 2018/01/22(月) 19:36:26|
  2. 工作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

直交

黒デコラに反射する光。
ティッシュ箱より奥の部分が暗く落ちていますが、これは意図的にそうしているのであります。
横に渡して張った黒い紙でストロボ光をカットしています。


このように。
2018_0115_02.jpg

横から見た図
2018_0115_03.jpg

で、その黒紙を洗濯ばさみでスタンドにとめているのですが
2018_0115_06.jpg

ごわついた紙を無理やりおさえつけているもんだから、どうもおさまりが悪い。
高さの調整がやりづらい。 なんどもやってるうちに紙が切れるし。

ピカっとひらめいた。 コペ転。
二つのクリップの軸を直交させる。 やったぜ俺♪
2018_0115_07.jpg
実は料理撮影にあたってのライティング・テストをしていたのですが
派生的にコレを思いついたのです。

むふふ
ま、今日の所はあり合わせの間に合わせ。 
現場で使いやすいように、明日もうちょい工夫しておく。

**********************************************

あり合わせ・間に合わせ
カメラのバッテリーに強力両面テープを貼り…
2018_0115_08.jpg

ぺたり
2018_0115_09.jpg

本日のBGM、第二期ジェフ・ベック・グループの「Rough And Ready」
2018_0115_10.jpg

Rough And Ready・・・・”粗製濫造” などとも訳されてますが
ワタクシ的には ”雑な、テキトーな間に合わせ” のほうがピッタリくる。 
セッション的であり、じっくり作り込んだ作品ではない。
バンドの成り立ち的にも。

っつーコトで
おやすみなさい。


  1. 2018/01/15(月) 22:35:48|
  2. 工作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

pink

Author:pink
秋田県横手市KUBRICK
パパは写真撮ります。
商品撮影、時々色々撮影!
ママはパン焼きます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (108)
物撮り (329)
スナップ (194)
天然酵母パン (4)
ドライイーストのパン (5)
建築撮影 (1)
ハードウェア (2)
ロケ (34)
料理の撮影 (124)
機材 (137)
スタジオ・人物 (31)
マクロ (12)
実験・シミュレーション (77)
画像処理 (5)
音楽 (128)
本 (14)
ギター (79)
日記 (446)
工作 (29)
スポーツ (8)
オーディオ (26)
撮影 (16)
集合写真 (3)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR