パパフォト&ママパン

YAMAHA THR100HD/デュアル接続・シングル接続

アンプヘッドTHR100HDは完全分離の2チャンネル仕様。
対になるスピーカー・キャビネットTHRC212は2発の12インチスピーカーがマウントされている。

みなさん気になるであろう「デュアル接続」について。
こうだ。
チャンネルⅠとチャンネルⅡの音を、それぞれ別のスピーカーから出す。
ⅠとⅡを同時出力もできる。
他に類を見ない独特の方式。たいへん魅力的であります。


デュアル接続。  スピーカー・ケーブルは2本。
2017_0913_03.jpg

ヘッド側。 インピーダンスを8Ωに合わせる。
2017_0913_04.jpg

スピーカー側。 セレクターを「DUAL」に。
2017_0913_05.jpg

チャンネルの切り替えは付属のフットスイッチで。
2017_0913_08.jpg

左の[Ⅰ/Ⅱ]でチャンネル切り替え。 右の[Ⅰ+Ⅱ]を踏むと両チャンネルの音が出る。 
2017_0913_09.jpg

フットスイッチは付属ケーブルでアンプと接続する。 
2017_0913_10.jpg

以上がデュアル接続の概要です。たいへん面白い。

さて、しかし? と気づいた方はいるかなー?
ライブステージでPAありの場合、デュアル接続で鳴らすならばマイクが2本必要になります。
こーゆーコト。
2017_0913_12.jpg

「いやー、チャンネル数(またはマイク本数)が足りませんなー、ムリですなー」
ということもあろうかと。

どーする?
シングル接続といきましょうか。
2017_0913_02.jpg
チャンネルⅠだろうがⅡだろうがミックスだろうが、キャビ内の2発から音が出る。
一般的な2チャンネル・アンプと同等の動作。
これでPA屋さんも安心。 ギターに割り当てるマイクが1本で済む。めでたし♪

ヘッド側
インピーダンスを16オームにしてケーブルは①に挿す。 一本だけ。
2017_0913_06.jpg

スピーカー側
セレクターを「SINGLE」に。 ケーブルは「SINGLE」に対応する16オームのジャックに挿す。
2017_0913_11.jpg

これはあくまでもスピーカーがTHRC212の場合。
他社のスピーカー・キャビネットに接続する場合は、インピーダンスの確認等、自己責任でオネガイ♡

************************************

デュアル接続した場合の好サンプル動画。
動画収録後の音のエフェクト処理は、あったとしても最小限であると推測する。


歪み系エフェクター無しでこの音。良いじゃろ?
ギターとアンプの間にエフェクターが無いので、音が痩せない。

真空管を使っていないのでメンテ要らず。 
真空管アンプとは比較にならない低ノイズ。

see you




スポンサーサイト
  1. 2017/09/13(水) 20:33:23|
  2. ギター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

YAMAHA THR100HD あんちょく

2015年11月ごろ発売されたYAMAHAのギターアンプ&スピーカー・キャビネット。

当時、知人のYAMAHAのお店に電話して問い合わせたところ
受注殺到、注文してもいつ入荷するか分からないという状態だった。

「アンプヘッドは出荷できる在庫あり。 しかしスピーカー・キャビが生産待ち状態。」
うーむ、なんとかならんかや? こちとらアンプ欲しい病の発作を発症中なのだ。
・・・
お店が手を尽くしてくれた。
「ヤマハ社員が自分用に確保しておいたキャビを、ムリヤリ奪いました」 ということで購入。

なにしろ長年使用していた同じヤマハのF100がご臨終した直後に発売されたシロモノ。
こ これは俺様のためにYAMAHAが用意してくれたのだ、天命じゃ! 発作的に発注したのでした。


到着、開封、いつものように接続。
ギターからこのようなエフェクターを数個経由してアンプへプラグイン。
2017_0912_02.jpg
さて、音は?
・・・
・・・
だ だめだこりゃ! なんだこのグジャーっとしたキタナイ音! やっぱりモデリング・アンプは。
デジものの限界か? (回路的にデジかどうかは知りませんが)
クリーン・チャンネルしか使えんではないか! 歪みは足元のオーバードライブで作って・・嗚呼。
だったらこのアンプは必要なかったじゃないか。

意気消沈、がっくりヒザをつきうなだれ、
ボヘミアン・ラプソディーが脳内リピートされる。
「ママ…おら殺っちまっただ。 みんなサヨナラ。 俺なんか生まれてこなけりゃよかったのに^^」

以後、昨日まで作業場の片隅に放置しておいた悲劇のアンプ。
!?と思い直して、エフェクト無しでダイレクト・プラグインしてみた。
アンプに直接、通称「あんちょく」であります。
そしたら、まあ、 これが、これぞ・・・・スバラシイ音が飛び出すではないか!

エフェクターを経由すると音が劣化、またはインピーダンスがどーのこーの、
ま、とにかく腰のない細い音になってしまうのは経験上知ってはいたが。
いやー、ここまで露骨に違うとはね!!!

このアンプは良いぞ!
よくぞここまで真空管シミュレートしたもんだ。歪みモノのエフェクター不要だ。 

*******************************************

アンプ・ヘッド「THR100HD」 最後の"D"は デュアルのD。
完全独立2系統の回路なので「デュアル」

チャンネルⅠもⅡも同じセレクターが装備。スーパー・クリーンから唸る歪みまでバリエーションが広い。
歪みの量をコントロールするGAINに加えてブースターも搭載。しかもブースト量も増減できる。
イイっしょ♪ 歪みがとても上質。
2017_0912_03.jpg

で、ずずーっと前面パネルの右へ移動すると、
プリアンプ後のトーンコントロール、最終ボリュームまでⅠ&Ⅱはまったく同じ。
2017_0912_04.jpg
2チャンネル・アンプは前段のプリ部だけが2系統→パワーアンプは共通と言う場合が多いんじゃないだろうか。
YAMAHA THR100HDは完全分離の2系統。 スバラシ♪
ⅠとⅡを切り変えるだけでなく、Ⅰ+Ⅱのミックスが可能。これがオモシロイ。

YAMAHAエライ! アンプ回路の2系統の信号をスピーカーにまで貫いた。
下の写真をごらんあそばせ。スピーカー・ケーブルが2本。 
つまりⅠとⅡそれぞれの信号を別々のスピーカーで鳴らすのであります。
キャビ内にはスピーカーが2発。
2017_0912_05.jpg
写真の下部、キャビのジャック付近にはSINGLE と DUALの切り替えスイッチがあるので
通常のアンプのように単なる2チャンネル・アンプとしても使用できます。キメ細かいね。

さらに、ギター小僧(実年齢はカンケイ無いっ)の心理をくすぐるシカケが♡
パワーアンプ部に使用される真空管の特性までシミュレート。
2017_0912_06.jpg

”デュアル”が徹底してる。 これも独立2系統。
いいねー
「いい天気だ。今日は良いことが起こりそうな予感がするから6L6GCにしようか♡」 なーんてね。

しばらく遊べる。  ダイレクト・アウトもできるようだ。アタシャやりませんが。

それでですね
ある程度音量を上げないとそれらしい音にならないので、ちょっとボリュームを上げてしまったのでした。
きゅんきゅん、ぎゅいーん、嗚呼、トレブリーなトーンに調整しても耳障りじゃない良い音だ。
クローズド・バックのキャビならでは、低音が太い♪ 
ずんずくずん、じゃきーんっ! てけてけテレレ。

・・・環境大臣から苦情が^^^^www あたりまえだ。

スピーカー・キャビネットは背面密閉型なので、ちょっと向きを変えるだけで音の届き方が劇的に変わる。
迷惑にならないような場所へ移動してスピーカーの向きを変える。そのほうがよかろう。
しかし
移動するにも、キャビだけで24kgはいささか重い。 キャスターが付いていない。
だ か ら 木製の平台台車を調達し、それに載せて移動したというのが本日の主な仕事♡
2017_0912_07.jpg

音はですね、YOU-TUBEに色々UPされてますが、
ワタクシ個人的には往年の名機 F100-212の血統を感じます。
2017_0912_09.jpg


こんな感じ♡







  1. 2017/09/12(火) 21:45:37|
  2. ギター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人差し指と親指

音が出なくなったギターアンプ、ヤマハのF100を
知人が「修理してみる、できるかどうかわからんが」という。お持ち帰り。
今世紀中に・・・できれば東京オリンピックごろまでにお願いします。


**************************

神バンドのギタリスト、通称「大神様」 大村孝佳氏。
非常に美しくムダのない右手の動きで高速プレイ。
2016_0616_09.jpg

彼がギターの弾き方を解説している動画がありました。
BPM200以上での高速ピッキングをどのようにやってるのか?
サークル・ピッキングというやつでした。高速・光速ギタリストはよく使う手です。
イングヴェイなんかもそうですかね?

キモは「人差し指の屈伸で弾く」ということ。親指はピックに添えるだけ。
たとえば、4弦を連続して ダウン→アップ とピッキングする場合。
ダウン。
2016_0616_03.jpg

アップ。 手首を回転させない。
2016_0616_02.jpg

人差し指の屈伸を利用する。 アクセントを付ける時だけ手首を返す方向にピックを動かす。
2016_0616_04.jpg

むむむ、これは発想の転換をせまられるピッキングだ。
いや、なにもAkatsukiとかRoad Of Resistanceを完コピしようなんて野望は持ってないです。
この方法に慣れるとフツーの速さの曲を弾くにしても非常にラクかもしれない
・・・という感触をつかんだので練習中です。

そう、人差し指よ。答えはここにある・・・とMOAは言う。 はいっ、わかりました♡
2016_0616_05.jpg


親指も大事だからね・・・とYUIが言う。 
2016_0616_06.jpg

こ これのことですね。親指オートフォーカス。ワタクシ、この設定を常用してます。
2016_0616_07.jpg

シャッターボタン半押しよりも、ピント合わせが速くできる、という解説も目にします。
んー・・・ちとギモン。 どうだろうなー? 

スポーツ撮影のとき「指を痙攣させるようにシャッターボタンを半押し連打します」というカメラマンも知ってるし。
慣れの要素も大きいんじゃないかな。使ってるプロは多いらしいが。
どのような時に威力を発揮するか? ケース・バイ・ケースのような気がします。

じつは今日のような撮影でけっこう有効。
右手をギターに置いて左手でシャッターを押す。 右手をちょいと動かして再度撮影する。 
このとき通常の設定だと、オートフォーカスが作動してピントを合わせづらい場合があります。
2016_0616_08.jpg
親指AFモードに設定しておけば、シャッターを押してもAFが作動しないので、
あらかじめ決めておいたピント位置がズレません。

あと親指AFのメリットを感じるのは、動体を追尾するAIサーボで撮影するとき。
親指を離せばAFがストップするということを念頭に置いて撮影します。

*****

人差し指も親指も、使いよう。


  1. 2016/06/16(木) 22:59:10|
  2. ギター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

電子レンジを耳コピー/写真は目コピー

昨日書きました、電子レンジの「出来ましたメロディー」を耳コピーの件。
どうもすっきりせん。完コピではない。 うーむ。

まあ、場面を想像してみてください。
ギターを肩に掛け、電子レンジの前で耳コピーしている姿を♪
最低10秒間レンジを作動させないとメロディーが鳴らないのだ。 作業効率悪し。 
おまけに途中で止められないのでヒジョーにやりにくい。

手元に録音できる機材は無いので困った困った・・・・。
おっと、カメラで動画が撮れる・・・音声も録れるハズ。 いまになって気づいた。

はい、録りましたよー♪ 再生途中で止められるし、何度も繰り返して聴ける。いいぞ。

違うところにヘッドホンのプラグを挿しこんでしまった模様。
カメラ本体から盛大に「ピロロ~♪」っと音が鳴っているのに気づかず。

家内が不審者を見るような目で「何やってんのー?」と見に来た。
すまんすまん。結構大きい音だ。  あとで笑われましたが^^

スタジオ・ミュージシャンみたいじゃろ?
2016_0415_04.jpg

よし、今度こそ完璧だっ!
実音は2オクターブ上です。 めんどくさいので下のように表記しました。
2016_0415_05.jpg

たったこれだけのメロディーでも、誰かが“作曲”したのだ。
考えられるパターンは

  ①開発エンジニアの奥さんの友人の隣の家がピアノ教室。
   そこの先生に依頼した。 謝礼は電子レンジ現物支給。

  ②当時、業界で話題になっていた新進気鋭の作曲家サムラゴーチ先生に依頼した。
   法外な料金をブったくられたが、天下の日立だから、まあなんとか開発費に潜り込ませて知らんぷりした。

どうでしょう? 
才能あるエンジニアの中には、これぐらいチョチョイと作ってしまう人がいても不思議じゃないですけどね。

以上、耳コピーの件は終わり。
*****************************

写真の場合は、ジーっと観察して“目コピー”します。

例えばこれ。ガソリン代請求書がはいっている封筒。
さわやかなコスモ娘の写真。天気の良い野外で撮った写真のように見えませんか?
赤矢印の方向(モデルさんの真上より少し後ろ)から日光が当たっているようです。
2016_0415_01.jpg

しかし
上方・やや背後からの日光ならば、キャップの影が顔に掛かります。
このように。
2016_0415_06.jpg

コスモ娘の顔にはキャップの影が掛かっていません。 オデコまできれいに写っています。
モデルさんの黒目に写り込んだ光を観察します。
2016_0415_02.jpg
これはスタジオで撮った写真でしょう。
①はまちがいなくストロボ。 傘? わかりませんがある程度大きい光源です。
②③は①より弱いけれども面積は大きい。 レフかもしれません。 粗い印刷なので詳しくは分かりません。
下唇にもハイライトがありますね。(青矢印)  別の光源だろうか?



ではどのようにライティングするのか・・・・考えて真似してみるのです。
目コピーです。


楽器の演奏、写真の撮り方、etc. すべては模倣から。








  1. 2016/04/15(金) 22:30:49|
  2. ギター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Rolad JCアンプでRockな音を出すには?

ローランドのギターアンプ、JC-160です。
背面にセンド/リターン端子は無し。 1990年ごろのモノです。


またしても「定説」「名器」などのコトバを信じるな、ってな話です。

JCシリーズでの音づくりに苦労しているアマチュア・ギタリスが全国にいっぱい居るでしょう。
「音が細い、ロック系ギターならではのオーバードライブ・サウンドが出せない」、これに尽きますね。

ワタクシの経験と偏見にもとづいて、チョコっとお話しますね。
(クリーンな音をヨシとする場合を除きますよ)

このアンプ、当時(1975年ごろ)の開発コンセプトは「キーボード・アンプとしても使えるように・・・」ということだったようです。
つまり、オーディオ的なフラットな周波数特性を持っているのだと思います。
(論理的根拠薄弱。 ワタクシの感覚的な見解です)
そもそも、JCではマーシャルやツインリバーブ等に代表されるようなギターアンプ的な音色は出ません。
すなわち、
決定的にミドルレンジが足りないのであります。 
欠落していると言ってもいいぐらい。

自前のアンプを持ち込むことができない状況も多いでしょうから、
JCを使わざるをえない場合の対策を、ワタクシの判断の範囲内でご紹介します。
使用頻度が高いのはJC-120だと思いますが、現在ワタクシの手元にあるのはJC-160。
基本的な音の特徴は、ほぼ共通だと思いますので、ご了承ください。

まずは、アンプの基本セッティング。
インプットはHigh/Low どちらでもOK。

Volumeは適宜。・・・実はあまりボリュームを上げられない。(Vol_3ぐらいで実用上問題ない大音量は出ます^^ ご心配なく) 
            限界を越えると「ばりばりっ!」 と音がイヤな割れ方をします。
             どこまでもクリーンな・・・という謳い文句はアテになりません。

"Bright"はOFF  "Distortion"は使い物にならないのでOFF

トーンコトロールは Treble・・・5以下  Middle・・・10   Bass・・・10
2015_1124_02.jpg

んで、問題はロック・ギターっぽいオーバードライブした音づくりですが、ワタクシはこのように。
Maxon Vop9でオーバードライブさせて、 パラメトリック・イコライザーをカマします。
接続順はお試しください。 ワタクシは オーバードライブ→EQの順です。
2015_1124_03.jpg

このパラメトリック・イコライザーは、
「非常に強力な可変幅を持ったトーンコントロール」 と考えていただいてもいいです。
増減させたい帯域を上げたり下げたり移動できるのが特徴。

具体的には
2015_1124_04.jpg
左のツマミの外側、「LOW」 100Hz以下・・・5弦、6弦あたり。
そしてキモが左から2番目、Middleのツマミ。
外側で増減させたい周波数帯域を決め、内側のツマミでプラス/マイナスします。

右側のHighも同様ですが、MiddleとHighはコントロールできる周波数帯域が重複しています。これが面白いところ。
上の写真の例では、
Middleで(推定)200~400Hz付近、ローミッドをプラス、
Highで (推定)1K~1.2KHz付近、ハイミッドをプラス しています。

これでソコソコに使える音色がつくれます。
(注※ ハイミッド、ローミッドがどの辺の周波数帯域を意味するかは、明確な基準が無いでしょう。
     人によってとらえ方が違います)

チューニングで使うA=440Hz  1オクターブ上は倍の880Hz 、逆に1オクターブ下は半分の220Hz。
ここらへんを意識しながら調整します。 5弦開放のA音は110Hzですね。

歪みの「質」に関しては、ワタクシの一押しはミッドが艶やかなMaxon VOP9です。 (メタル向きではないと思われます)
が、意外にも(失礼)BOSS OD-3 も優秀なドライブ・ユニットだと思います。
OD-3は低域がけっこう強力に出ます。 反面、ミッドが弱いので、若干ドンシャリぎみになります。
ドライブ・ユニットごとの足りないところ/余分なところをパラメトリック・イコライザーで補正するのであります。
2015_1124_05.jpg
あれこれとオーバードライブ/ディストーション・ペダルを試してもイマイチ納得がいかないギタリスト諸君、
パラメトリック・イコライザーを追加してみてはいかがでしょうか? かなり強力ですよ。

ワタクシ、思い出せるだけで最低10個はオーバードライブ/ディストーション・ペダルを買ってます。
JCシリーズのアンプでRockな音を出す、という目的であれば、たどりついた結論が今日のオハナシでしたっ。
いろいろ試してみたら「JCも悪くないな」と再認識;^^

-------------------------------------------------------------------------------------

「歴史と伝統」のストラトで 
「最近、名器の仲間入りした」と評判の ブルース・ドライバーBD-2 を経由、
「驚異のロングセラー名機」アンプ、JC-120で鳴らす。
たぶん結果はよくないです。 ジャキジャキのジャリジャリ、線が細い音でしょう。 
ワタクシの個人的な見解です。

BOSSのブルース・ドライバーBD-2 の低域をブーストできるヤツも製品化されているようですが、
パラメトリック・イコライザーのフレキシブルさ、強力さには及ばないでしょう。(たぶん^^)

「ジャキジャキ、ジャリジャリ、それが好みじゃ! 文句あっか?」 という方もいらっしゃるでしょうから、
最終的には個人の好み・嗜好によります。 乱文、乱筆、ご容赦ください。




  1. 2015/11/24(火) 21:23:39|
  2. ギター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

pink

Author:pink
秋田県横手市KUBRICK
パパは写真撮ります。
商品撮影、時々色々撮影!
ママはパン焼きます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (101)
物撮り (310)
スナップ (193)
天然酵母パン (4)
ドライイーストのパン (5)
建築撮影 (1)
ハードウェア (2)
ロケ (34)
料理の撮影 (117)
機材 (119)
スタジオ・人物 (30)
マクロ (12)
実験・シミュレーション (74)
画像処理 (5)
音楽 (113)
本 (14)
ギター (31)
日記 (358)
工作 (20)
スポーツ (8)
オーディオ (24)
撮影 (5)
集合写真 (1)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR