パパフォト&ママパン

クラシック

梵天の製作中に聴いているのはおそらくコレだ、と見当を付けたCD。 
数日前に注文したものが本日到着。


作曲者や曲名を知らずとも 「あ、あれ あのテーマ曲」 のように
どこかで聴いたことがあるメロディ。
素人にも馴染みのある曲ばかり。
2018_0127_03.jpg


CD6枚セットで あーら奥様 お値段お安いのざます、♪
2018_0127_02.jpg

珠玉の名曲、天才たちの作品が101曲も収録されている。
タダ同然の値段だとワタクシは思ふ。

*****************************

今日は梵天製作は休み。
クラシックを聴きながら優雅にギターのメンテナンスなど。
2018_0127_04.jpg
もし、かたわらに暖炉でもあれば最高の気分であろう。

・・・
雪は
たぶんピークを越した。 たぶん。

本日までの累積降雪量 709cm (積雪量ではない)  
2018_0127_05.jpg



スポンサーサイト
  1. 2018/01/27(土) 21:36:33|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

藤岡幹大

BABYMETALのバックをつとめる神バンド。
その一員である藤岡幹大さんが・・・


ちょっとこれはあまりに衝撃的で言葉が無い。

若く、世界に誇れる才能が

消えた。

芸能人やミュージシャンの訃報で これほど衝撃をうけたことがない。

悲しい。 何も言えない。
ご冥福をお祈りします。




  1. 2018/01/09(火) 19:57:39|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BABYMETAL 3分の2 ②

初日の海賊動画をさっそく拝見。(削除されるかも、急げ)

こ これは!

みなさん大好きな紅月/Akatsuki 歌ってみたことありますか?
ふふーんって鼻歌じゃなくて 腹から声をだして、地声で目いっぱい。
ワタクシ、歌に関しては専門外なのですが、これ相当にキツイ歌じゃないでしょうか? 

中元すず香さん本人も初演のとき
「リハのとき 途中からどんどん声がでなくなって どうしようかと思った」と言っておりました。
直立不動で歌うのならまだしも、
これだけ激しく動き回っての歌唱にはホントに驚嘆する尊敬する感服するひれ伏す。
良い声だ。 言葉が無い。

No Rain No Rainbow
2ndアルバムで初めてこの曲を聴いた時の正直な感想は
「・・・フツーのバラード・・・・これBABYMETALには要らないんじゃないか?」 でありました。

昨年2016年の東京ドーム、生でこれを聴いたのですが
「絶望さえもーっ 」で一撃くらい、何かに貫かれ、やっぱりやられちまったのでした。
で、歌に先立っての「紙芝居」をチラ見するに
これは1945年8月のあの暑い日を想起させます。 絶望さえも光になる 止まない雨が降り続いても。

中元すず香は広島生まれであることを織り込んだ、そういう想定でつくられた楽曲なのでしょうか?
後付けのすり合わせかもしれんが、まいった^^ やられた。


そして、やっぱりMOAが頑張っている!
”15の夜”を ”二十歳の夜”に替えて歌うSU-METAL 

もう二度と戻らない(戻れない)わずかな時を 思い出に刻むんだ 二十歳の夜を
 
ああーその通りじゃないか。
いまこの瞬間、完全燃焼するのだ。フィクションとリアルを行ったり来たり。すばらしい。

チケット代 ②万円は高くない! と多くのツイートあり。 だよねー。
BABYMETALと このために集まった8000人のファンと
この貴重な時間を共有できたのだから。 濃密なスペクタクルを。

*****************************

願わくば
YUI-METALの体調が
寝てれば直るインフルエンザ程度のものでありますように。
お願いしますFOX GOD
本気で祈ってます。

SEE YOU




  1. 2017/12/03(日) 22:49:40|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BABYMETAL 3分の2!

広島グリーン・アリーナへ到着したファンの方々が逐一ツイートで情報をUPしてくれる。
楽しみに待っていたら。。。「YUI-METAL体調不良のため出演出来ず」の一報が あああああ

無理して行かなくてよかった(チケットが取れたらの話ですが)という思いがチラッと頭をかすめるも
・・・いや、これは残りの二人&神バンドの熱演は鬼気迫るものになるだろう、、、、あー やっぱり現場じゃないと!

そわそわ どきどき  心配で心配で何も手につかん。

開演前のアリーナの画像が来たー! こ これはスペクタクルの予感。


始まった。
演奏された曲目がツイートされる。

  登場の演出がかっこよすぎる! シルク・ド・ソレイユかと思った
  神バンドが黒衣装、顔は白塗り無し 
  NRNRでピアノ 、バイオリンとビオラが出てきた
  拍手が鳴りやまない

断片的なツイートを待ち受け、ソワソワ ドキドキ

・・・終演後、一気にコメントが上がってきた。
2017_1203_02.jpg
2016年の東京ドーム越えた! と言わせる凄さ。

2017_1203_03.jpg

言葉が無い、泣いたというツイート多数。
やっぱりMOAちゃんの頑張りが尋常じゃなかったようだ。

2017_1203_04.jpg

そして ピアノとバイオリン&ビオラが華をそえる
”絶望さえも光になる 止まない雨が・・・・”と歌うNo Rain No Rainbow
2017_1203_05.jpg
拍手が鳴りやまなかったという。 

  「すげーもんを観た。 これで3分の2かよ!」、というツイートや
  「これはメタルオペラだ。マジソン・スクエア・ガーデン一週間公演できるっ!」

MSGでBABYMETAL・オペラ・・・・あながち絵空事ではないと思う。
そう思わせるポテンシャルの高さがBABYMETALにはある。

***********************************

2014年の武道館初日RED NIGHTではYUI-METALがステージから転落。
MOA-METALはのちに 「二人分がんばろうと思った」 と語っておりましたが
この、二人分がんばるMOAの大ジャンプを思い出す(涙)
2017_1203_07.jpg

アクシデントを乗り越えてミッションを遂行するBABYMETAL。
フィクションでありながらリアルである特異性。
このプロジェクトはやっぱり唯一無二だと思う。

ぜひ映像化、商品化して欲しい。買うよ、高い値段つけるだろうけど、それは承知の上^^

************************************

機材トラブルもあったようですが、徹夜で修正しただろう。
今日、2017年12月3日、すばらしい公演になるでしょう。
ドラム青山氏の父上(名ドラマー、青山純氏)の命日だという。
2017_1203_06.jpg

どこまでもドラマチックなBABYMETAL。
やってくれ
ぶちかましてくれ



  1. 2017/12/03(日) 14:05:46|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

コリアンズ  ロシアンズ

ワタクシの住む横手市から車で夏場ならば一時間チョイぐらいの場所だ。


「ほんとに漁民か? 工作員じゃないのか?」
「簡単に入国できることが明らかとなった。もし武装難民が押し寄せてきたらどーするんだ?」
 
とかなんとか
騒ぐネト民たちもいるようで、ま なんとも言えませんが。

北朝鮮は困った国ではあるものの自力では何もできない国家である。
その成り立ちを考えるならば黒幕はロシア(旧ソ連) 、中国も関与。
そして 旧共産圏の2大陣営が勢力を拡大するのをヨシとしないアメリカという存在がある。
結局その3強の狭間のポジションにあるのが北朝鮮、一種の緩衝地帯でもある。

で、秋田県の海岸に漂着したのは、
ワタクシ確証を得ることはできないものの、単なる漁民だと思うのです。
化け物国家の下敷きになった食うや食わずの貧民たちでありましょう。可哀そうであります。

*********************************************

ふと思い出したのはこれ。スティングのソロ名義のアルバム。1985年リリース作品。
2017_1125_02.jpg

良い写真だ。 いやー、この眼! かっこいい。 さぞかしモテただろう。
2017_1125_05.jpg

1985年といえばまだソ連は崩壊していない。冷戦の末期ごろかな。
ソ連=悪者のイメージが強かった時代です。

若く凛々しいスティングの眼は何を見ていたか?
"Russians"という曲が収録されています。
重く暗いメロディ、陰鬱。
歌詞カードを読みながら聴いたもんでした。輸入盤なので和訳はついてなかった。

   ヨーロッパもアメリカも 集団ヒステリーのようだ
   ソヴィエト  フルシチョフ  オッペンハイマーの死の玩具 (…原爆のことだな)

・・・
そしてこの一節、
2017_1125_06.jpg
ロシア人たちも 彼らの子供たちを愛するヒトビトであることを希望する

ここでワタクシ泣いた、ほんとに泣いた^^

そうなのだ。
どこの国の人であろうとも、人種の違いがあろうとも 
人としての情は それほど違いないはずだ。
ただし、
その集合体である国家は怪物になる。 結果的に人民はその怪物に支配されるという皮肉。

*********************************************

最近読んだ(二度目) スウェーデン作家 ヘニング・マンケル著:白い雌ライオン。
2017_1125_07.jpg

これも物語の背景が同じころ。

ネルソン・マンデラ氏が釈放された南アフリカ。承認したのは白人の大統領。
アパルトヘイト体制が崩れてしまう。それを快く思わない極右白人集団。 
やっちまうか? どうやって?

かたや旧ソ連でも体制崩壊まぎわ。
職を失った(または失う気配を察した)KGB職員は
そのノウハウを生かすべく南アフリカの右派集団に売り込みをかける。

かくて両者の利害が一致する。

そしてその企みの準備に利用される場所がスウェーデン。 ???
位置的な条件のほかに、スウェーデンは入国&潜伏が簡単であるという理由がある。
(移民受け入れすぎで社会が、国が壊れ始めていることを作者は他の作品でも繰り返し述べている。)
・・・
事件の発端はスウェーデンの地方都市で起こる。
捜査に尽力する主人公は地方の警察官、ヴァランダー警部。

これがですね、滅法オモシロイ。
単なる警察モノと国際謀略モノの中間ぐらいでしょうか。
作者はアフリカで暮らしていたこともあって、アフリカ人(黒人)の心理描写もすばらしい。

筋立てにスピード感があって、最後は手に汗握るクライマックス。
(一部ムリがあるものの、そこはあえて目をつぶる。 全体の流れを壊すほどでもないので)
外部からは平和な福祉国家としか見えないスェーデン社会が抱える闇。

いやー、世界は驚きに満ちている。
ヒジョーに含蓄のあるセリフもあって、そこは暗記しようかとも思いました。

****************************

秋田県に漂着したヒトビトは何をどう感じているのか?
暖かい風呂に入ってもらって
熱々の”きりたんぽ(比内地鶏付き)”でもふるまってあげたらどうでしょうか。

ん? 本日 続報が・・・


2017_1125_08.jpg

24時間監視していた船が無くなった!?

おーい秋田県警よ 海上保安庁よ ユル過ぎないか? 頼むぞー。
武装難民が大挙してやってきたら どーするんだっ!
だいたい本当に漁民か? 工作員の潜入失敗じゃないのか?

ったく。
********************************


2017_1125_03.jpg

レコードジャケットの陰に1灯 仕込んであります。
2017_1125_04.jpg


さて
風呂に入る。

ではまた。


  1. 2017/11/25(土) 22:08:15|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

pink

Author:pink
秋田県横手市KUBRICK
パパは写真撮ります。
商品撮影、時々色々撮影!
ママはパン焼きます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (106)
物撮り (318)
スナップ (194)
天然酵母パン (4)
ドライイーストのパン (5)
建築撮影 (1)
ハードウェア (2)
ロケ (34)
料理の撮影 (119)
機材 (131)
スタジオ・人物 (30)
マクロ (12)
実験・シミュレーション (77)
画像処理 (5)
音楽 (122)
本 (14)
ギター (51)
日記 (417)
工作 (26)
スポーツ (8)
オーディオ (26)
撮影 (10)
集合写真 (1)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR