パパフォト&ママパン

ロレーヌ

下準備が大事である。 撮影に時間を掛けられない。
ひっくり返らないことを確認する。
この時点でライティングも8割がた決めてしまう。

よし。
冷凍庫から取り出したアイスを
・・・

それっ
2017_1207_02.jpg

3灯ライティング。
2017_1207_03.jpg

略図。
①と③が四角いアイスのそれぞれの面を狙っていることに注目。
2017_1207_05.jpg

ご参考まで
③の有り・無しの違い
2017_1207_04.jpg

②は、てっぺんの明るさ及び ”照り” に影響してるはずです。
2017_1207_06.jpg


これがパッケージの写真。
下の写真は全体に赤味をおびてますが、カメラ手持ちで接近して撮影したため
ワタクシが着用している赤いフリースの色がカブったと思われます^^;)
2017_1207_07.jpg
全域ピント合わせではない。 ピントが合っているのは手前3分の1ぐらいのようです。
(画像処理による”ぼかし” かもしれない。 判別できません。)

強い影が出ないようなライティングですね。
ナイフで切って中も見せていますが、これ難しいはずです。
撮影以前に切り方が難しいと思います。

背景が黒い場合はどうなるか?
ライティングは変えず、背後に黒板を置き、違う角度からパチリ。
2017_1207_08.jpg

溶けないうちにいただきました。 濃厚でウマし。 ゴージャス。

昨日は”ロリータ”
今日は”ロレーヌ岩塩の濃厚キャラメルアイスバー”  こってり熟女方面?
明日は”おばあちゃんのポタポタ焼き” にします。
うそです。やりません^^
・・・
実はアツアツのものを湯気込みで撮影する準備・検討中だったのですが、
当家の経済産業大臣から 「これこれのアイスを買って来い」 という指令が出たので、
コンビニから調達してきたアイスを、ほんの思い付きで撮ってみたのでした。


See You




スポンサーサイト
  1. 2017/12/07(木) 19:38:52|
  2. 実験・シミュレーション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

耳コピー中

自分が座る位置はここだ。背後にストロボを立てる。 
後頭部から肩にかけて光が当たるようにストロボの高さや角度を調整してテスト。
露出設定および発光量を決める。


10秒タイマーをセットし、ギターを構えて座る。
どうよ?
2017_1122_02.jpg

あー せっかくのギターが見えませんな。

座る角度を変えて、やりなおし。
2017_1122_03.jpg
せっかくのギターが見えん!

もう一灯追加する。
2017_1122_04.jpg
まあ よしとする。
気分はスタジオ・ミュージシャンの図なり♪

2017_1122_05.jpg

上から見た略図。
2017_1122_06.jpg
①は光が広がりすぎないように照射角を狭くしました。
②は黒い紙を丸めた簡易スヌート装着。ピンポイントでギター狙い。

KISSの「ハードラック・ウーマン」を練習中。
2017_1122_07.jpg
イントロ部分を解明した。
小節の頭から始まっていない。 2拍目の裏からギター①が始まる。
ギター②は次の小節の頭、半拍おいてから(八分休符)入ってくる。これが分かればカンタン♪
簡単だけれども、あまりにメリハリがないダラダラした曲で、かえって覚えにくい^^
やっぱり紙に書いたほうが手っ取り早いかな?

***********************************
日記的ブログ用ネタとして撮影とライティングをあれこれと。
ま、遊んでいるように見えるでしょうが、ハイ遊んでます。しかも勉強になる。一石二鳥。

*********************************************

あるカメラマンの撮影に立ち会ったときのこと。被写体は人物、二名様。
2灯ライティングでしたが、一つは上向き、もう一方は下向き。
2017_1122_08.jpg

現場の状況を含めて「ははーん、なーるほど」と眼からウロコ。
ピンときました。ライティングの意図が分かった。

普段いろいろ自己流でライティングを遊びながら研究しておるんですが、
そうすると色んなパターンが見えてきます。
そういう下地をある程度は作っておかないと
人様の撮影方法を拝見しても、何が何やらサッパリ判らん!ということになるのでは?

えー、つまり なんだ
遊んでいるようで仕事の延長上でもあり、ブログ書きは役立っているって言いたいのか?
どうやらそのようですね♪

練習中の曲はHard Luck Woman アンタは運の無い女だねー という歌。
ワタクシはGood Luck Man である。 ということにしておく。






  1. 2017/11/22(水) 23:10:30|
  2. 実験・シミュレーション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自然と演出

街路樹の影でわかりますね、逆光です。

街路樹の根元、矢印のところに寄ってみます。

パチリ
2017_1103_02.jpg

今度はぐるりと反対側へまわって順光側から撮ります。パチリ
2017_1103_03.jpg
全く違って見えますね。特に色が。

再び逆光側に戻り、すこし”演出”します。

 ●葉っぱに反射する光が強くなりすぎないぐらいに見下ろし角度を加減します。
 ●手前に白レフを置きます。
 ●葉っぱに霧吹きで水をシュッシュっと

さて
2017_1103_04.jpg
現像時にレッド、オレンジ、イエロー系の彩度をチョイ上げ→全体の色の濃さをチョイ上げ。

演出あり・なし 違いは歴然。
2017_1103_05.jpg

これを踏まえて

料理撮影、セッティング中のテストショットです。
2017_1103_06.jpg

ストロボ5灯。 大雑把に云って、逆光側からの撮影になります。
2017_1103_07.jpg

セットの右側から見たようす。 ストロボの高さや前後位置は臨機応変に調整します。
2017_1103_08.jpg

”太陽は一つ” という大原則はあるものの、
ほんとに自然に見える写真では絵にならないので、あれこれ工夫します。
あざとくならない程度に。


  1. 2017/11/03(金) 21:03:01|
  2. 実験・シミュレーション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミックス光源

これは野外コンサートでのひとこま。
ボーカリストは観客に背を向けた状態。ワタクシはドラムセット付近に陣取って撮影。


ミックス光源が悩ましい夕刻。
日中と比べて自然光が青い。おまけに白熱灯の投光器がオン!

エンディングの場面。彼がジャンプするのは判っているので狙います。
2018_0824_02.jpg
ストロボにはオレンジ色のフィルター装着です。
ですが、やっぱり色が面白くない。タイミング的にはドンズバなのだが。

*************************************************

テスト撮影。商品のサイズ感がわかるように手持ちで撮影。
背景の壁面を照らすストロボに濃い目のオレンジ色フィルターを付けてみました。
手で持った商品にはフィルター無しのストロボ光(傘)
2018_0824_04.jpg
雰囲気は悪くない。

しかし…
依頼主の意図とは違うように思う。
やっぱり、色の違う光を混在させずに素直に撮ることにする。
2018_0824_05.jpg


***********************************

さっきのコンサートのエンディング場面ですが、
ボーカリストのジャンプに合わせて撮っているのは自分だけだろう。
スゴイっすねー! などと褒められちゃったらどうしよー♡

しかし、画面右隅をよーく見ると・・・居た!
2018_0824_03.jpg

  1. 2017/08/24(木) 19:53:49|
  2. 実験・シミュレーション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ライティングのテスト

これでは面白くないので


一工夫してみたが
2017_0810_02.jpg

ふふーん、なるほどね。 

2017_0810_03.jpg

玄関マットの滑り止め用、ゴムのような感触のメッシュ。
2017_0810_04.jpg
何か [使えるモノ] はないだろうか?

というテストでした。


  1. 2017/08/10(木) 23:20:50|
  2. 実験・シミュレーション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

pink

Author:pink
秋田県横手市KUBRICK
パパは写真撮ります。
商品撮影、時々色々撮影!
ママはパン焼きます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (106)
物撮り (318)
スナップ (194)
天然酵母パン (4)
ドライイーストのパン (5)
建築撮影 (1)
ハードウェア (2)
ロケ (34)
料理の撮影 (119)
機材 (131)
スタジオ・人物 (30)
マクロ (12)
実験・シミュレーション (77)
画像処理 (5)
音楽 (122)
本 (14)
ギター (51)
日記 (417)
工作 (26)
スポーツ (8)
オーディオ (26)
撮影 (10)
集合写真 (1)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR