パパフォト&ママパン

人物撮影

人物撮影であります。


事前に「右向いたり 左向いたり いろいろと・・・・」 などと曖昧なことを云われていたので
どちらでも対応できるように左右対称に仕込んでおきました。
2017_0201_02.jpg

昨日の記事でもチラリと触れましたが 問題は上からの光。
2017_0201_03.jpg
モデルさんご来場、挨拶もソコソコに頭髪事情を拝見→ 知らんぷりして少ーしだけ発光量を小さくしておく。
テカリすぎてもだめ、 今回は発注者にテストショットを見てもらい
「そうそう、 これぐらいでちょうど良い。」 と了解を得ました。
すこし頭皮のテカリがあったほうが元気そうである・・・との判断。 ワタクシもそう思います。

モデルさんの位置からカメラ方向を見た図。 
体と顔の向きがやや右向きでとることになったので(オーソドックスです) それに合わせて左ストロボはOFF。
えー ややこしいですね。 写真、紙面で観ると モデルさんは左を向いているってことです。 
2017_0201_04.jpg
背景紙が白の場合 かなり光が廻ります。
モデルさんの立ち位置の周辺も全部白。 よってモデルさんの前方にはレフを置きませんでした。
(女性を撮影する場合は若干事情が違う場合もアリ)



撮影開始前にグレーカードを撮影しておきました。
現像時にこれをもとにホワイトバランスを調整します。
2017_0201_05.jpg
グレーカードが画角いっぱいになるように ぐぐっと寄って撮ると
ワタクシの体でストロボ光を遮ってしまうので、この方法を取りました。

握手する場面。
モデルさんは長身でありましたので、相手を見下ろす・・・というか見くだすように写ってしましいました。
2017_0201_06.jpg

なので、握手の相手役を少しカサ上げ。 ブロックの上に立ってもらいました。
お互いに顔を見合って見合って・・・あー 良いですね、視線の角度が。
2017_0201_07.jpg

まずは つつがなく撮影終了。
押し出し立派、フレンドリーで陽気、真面目さを兼ね備えた撮影しやすい人物でありました。

スポンサーサイト
  1. 2017/02/01(水) 23:02:11|
  2. スタジオ・人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人物撮影

人物撮影しました。 
③④は天井バウンス、 人物の背後にクリップオン→バックペーパーに向けて照射。
2016_0824_07.jpg


2016_0824_01.jpg

モデルの立ち位置からカメラ方向を見たところ。
2016_0824_02.jpg

①と⑤だけでもなんとか撮影できないことはないのだが、髪が黒くつぶれがちになります。
トップライトの設備がない&天井高が不足、よって天井バウンスで代用します。
効果はあるものの、他に光が廻ってしまうのでセッティングに難儀します^^ 工夫の余地アリ。

モデルの背後に設置したクリップオン。
2016_0824_03.jpg

モノブロック・ストロボと光色が違います。青緑っぽい。
薄いマゼンタ色フィルターと合成紙ディフューザーで調整すると、まあ・・なんとか許容範囲におさまります。
2016_0824_04.jpg

紛失したと思っていたIRフィルターが見つかったので活用。
2016_0824_05.jpg

これをトリガーにして他のモノブロック・ストロボを発光させます。
バックペーパーに向けたクリップオンはワイヤレス(電波)制御で発光します。

********************************************

ライティングを決めるにあたって、露出計も使いますが、
自分撮りしては液晶モニターで画像を見て確認→ライティング調整という作業も。

作業途中で気づきました。 ワタクシ、日焼けしているのです。
連日のように散歩というか山歩きしたもんで、けっこう焼けてます。
先日は一日じゅう炎天下で撮影してましたし。

この顔に合わせてライティングしたら、たぶん明るすぎる。 ちと調子くるった。
モデルさんは若い女性であります。 
2016_0824_06.jpg
袖をまくって自分撮りし、光量を調整し直しました^^  露出計も併用。

結果オーライでありましたとさ^^






  1. 2016/08/24(水) 23:55:31|
  2. スタジオ・人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

出張・ポートレート

ポートレート って言っても、カメラにストロボを付けてパシャリ・・・よりはマシって程度の撮影です。
とにかく短時間で済ませたいので、自分の作業場で露出設定とストロボの発光量を決めておきました。
そのまま機材を現場に持ち込んでセット。テスト撮りしてみて、発光量をすこし変更・・・うーむ、まあOKでしょう。
ストロボを発光せずに撮影すると、このように撮れました。 自然光と蛍光灯。
蛍光灯の光が気色わるいですが、ストロボ光の方が勝つので、気にしない気にしない。


クリップオン3灯使用。 ①白傘、②③は黒傘。
2016_0612_02.jpg

③の位置をご説明します。真上から見た図です。
2016_0612_07.jpg
背景の壁(穴あきボード)を飛ばし気味に明るくします。
と同時に、被写体の後頭部や肩付近にも光が当たるような位置関係で。
髪のディティールを出すためです。これがないと髪のツヤツヤ感が死にます。
つまりこれは、
トップライトその他を省略して最善の結果を得る工夫であります。
2016_0612_03.jpg
③位置が低いと、モデルさんの向かって右側のこめかみや、頬骨付近がテカる場合があります。
③を高くすれば解消します。
(かなり単純化した解説ですからね。すべての場合を網羅していません。ヨロシク!)

真正面から撮影。
次いで、上体を左向き、顔はほぼ正面むきに姿勢を変えてもらいました。
撮影者はイスの上に立って、少し見下ろすように撮影。
2016_0612_04.jpg
使用するのは、青枠で囲った部分だけ。

フラットな光だ。①を弱くしてもよかったかもしれない。(相対的に左②が強くなり、陰影がでる)
しかし、その場合、メガネ・フレームの影も強くなるキケンあり。うーむ。
使用目的を考えるに・・・まあOKでしょう。

あー、ちょっとストロボ位置を動かしちゃったあとの記録写真です。
①はもっと左(カメラの左脇)にたててました。
ホントはモデルさんの前の床に白布などを敷いたほうがベターです。 省略DEATH♡
2016_0612_05.jpg
椅子に着座したモデルさんの膝の上に白レフ。 持ってもらいました。
最後にモデルさんにグレーカードを持ってもらい、撮影。
現像時の色調整の基準にします。




  1. 2016/06/12(日) 21:10:06|
  2. スタジオ・人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨日は予習、今日は実習

昨日“予習”しておいた人物撮影、今日は実習であります。
証明写真のような半身像、背景を白とばし。
メインライトは、いわゆる「レンブラント・ライティング」の位置にある②。
髪の毛をキレイに写すために左上・後方からグリッド付き③。

キャッチライトをやや大きく入れたかったので、①をやや被写体に近づけました。
その結果、①の光がレンズに入ってくる懸念あり。 
黒い紙を吊ってカットしました。予防措置です。


さて、テストショット。
①②が大きめの面光源なので瞳に反射するキャッチライトは想定どおり。よしよし。
だが・・・鼻がテカりましたねー^^
2016_0413_01.jpg

これは左後方からの③の光が鼻先を直撃したため。
③を移動したら鼻のテカリは無くなりました。
2016_0413_04.jpg

カメラ側から見た図。
背景を白とばしするために⑤を背景に向けて照射。
しかし背景から返ってくる光が被写体の顔側面に悪さをしたので、右の大きい黒板でカットしました。
2016_0413_02.jpg

被写体の位置からカメラ方向を見た図。
傘とディフューザーで面光源を作りました。
2016_0413_03.jpg

カメラ側からの①②および背景とばし用⑤だけでもなんとか撮れるのですが、
③④など、後方からの光があると髪の毛のツヤツヤ感が表現できます。
あー、それから肩のあたりも黒っぽくつぶれずにキレイに写ります。生地の質感なんかもわかります。 
2016_0413_05.jpg

今回は必要以上にレフで光を廻しすぎないように注意しました。
被写体は若いイケメンです。
眼の下のたるみやシワなどが無いので、アゴ受けのレフも無し。

いろいろ勉強になりました。
ありがとうございました。











  1. 2016/04/13(水) 22:20:47|
  2. スタジオ・人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

予習・復習


まずは予習。
明日の撮影のためライティングを検討中です。


髪を追加して・・・うーむ、いまどきのゲスな若者風?
2016_0412_02.jpg
この時点では手前のライトは2灯、および背景飛ばしに1灯。

ストロボ追加、右上方・被写体よりも後ろから。
2016_0412_03.jpg

もう一発、左上方・これも後ろから。グリッド付き。
2016_0412_04.jpg

2016_0412_05.jpg

****************

そして復習。
先日の料理撮影の記録です。
データはいつでもパソコンで参照できますが、やっぱりアナログな手書きノートも重宝します。
反省点などを書き込んでおきます。
2016_0412_06.jpg
実はワタクシ、このノートをよくトイレに持ち込むのであります。

予習、授業や実技、復習。
学校の勉強とかわりません。


  1. 2016/04/12(火) 22:10:15|
  2. スタジオ・人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

pink

Author:pink
秋田県横手市KUBRICK
パパは写真撮ります。
商品撮影、時々色々撮影!
ママはパン焼きます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (102)
物撮り (310)
スナップ (194)
天然酵母パン (4)
ドライイーストのパン (5)
建築撮影 (1)
ハードウェア (2)
ロケ (34)
料理の撮影 (119)
機材 (129)
スタジオ・人物 (30)
マクロ (12)
実験・シミュレーション (75)
画像処理 (5)
音楽 (117)
本 (14)
ギター (37)
日記 (376)
工作 (20)
スポーツ (8)
オーディオ (26)
撮影 (8)
集合写真 (1)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR