パパフォト&ママパン

USA UK JAPAN

真俯瞰撮影のセット。


右側から見た図。 ③はグリッド装着。 商品の形状によっては これも使った。
2017_0907_02.jpg

カメラを真下に向けるのには慣れが必要。鏡を使います。
これはまだ調整が終わっていない時点の写真。ここからジワジワと追い込みます。
2017_0907_05.jpg
カメラは自由雲台を介してブームスタンドにマウントしてます。
外部モニターで画像を見ながら合わせます。

パチリ。本日到着した海外からの郵便物。
2017_0907_03.jpg
日本のように開封しやすいようにミシン目が打ってあるわけもなく^^ 
粗雑な感じがかえって異国情緒。

懐かしや、JAPANの1stアルバム、1978年リリース。
2017_0907_04.jpg
イギリスのバンドだがJAPAN。

美形ぞろいのキワモノバンド…と思いきや
楽器の上手い連中が集まったのではない独特のヒネリがある。
当時ワタクシは結構気に入って聴いておりました。
ミュージシャンっぽくないアーティスト集団 のような。

どれ、Play♪ 
・・・・
・・・・・・・ うー ノスタルジー込みでは聴ける。
予備知識なしで聴いたとしたら、古くさい、ヘンテコリン、なんじゃ?この声は…でありましょう。
しかし、陰鬱ながらもファンク。 ミック・カーンのウネウネしたベースが♪

初期のロキシー・ミュージックとも共通性があるような・・・いや違うか? ま、独特デス。

******************************************

尼損で購入したのですが、
”カリフォルニアから発送します” ほー そうでっか。

ん? USAの文字も見えるし
右上のスタンプには"ROYAL MAIL" エゲレスの郵便屋。 どっちだ?
POSTAGE PAID GBは 郵便料金払い込みグレート・ブリテン だべか?
2017_0907_06.jpg
しかも中身はロンドンで結成された「JAPAN」というバンドのCD。

ITによる流通革命ですね。
送料などを含めた支払い総額は 1,012円なり。





スポンサーサイト
  1. 2017/09/07(木) 23:18:00|
  2. 物撮り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

右からも

昨日から継続撮影中のセッティングの写真です。
ストロボは左から一灯。
しかしディフューザーは左右均等に張ってあります。 ナゼか?


上の場面では右側のディフューザーはレフの役割を果たしています。
では手間をかけずに最初からデーンと大きいレフを立てればカンタンじゃないか?

いやいや、右側にもディフューザーを張ったのには理由があるのです。
右から光を入れたくなる場合を想定しているのです。
このように。
2017_0901_06.jpg

***************************

もうセットを組み替えちゃったので、簡易セットで。
被写体は実際の商品のかわりに、テキトーな代用物で。
 
左から傘でやわらかく光を当てます。
2017_0901_02.jpg

背景の白壁と被写体は離れています。
2017_0901_03.jpg

こんどは被写体を壁にピッタリくっつくように置いてみます。
光は左から一灯のまま。
2017_0901_04.jpg

左の光量を弱く落とし、右からは傘無しで やや強い光を当てます。
本日掲載した二枚目の写真のように。
背景の白い壁に被写体の影を落とすのが目的。
2017_0901_05.jpg

一般に、左からの光が強い場合が多いです。 今回の撮影でもそうでした。
なのでバリエーションが欲しかったのであります。

クライアント側がどのように写真を使うかはワカリマセンけれども、
こういう工夫やアイディア提示を暗黙のうちに期待されているのを感じるので
アノ手コノ手を使うのです。 プラス・アルファを期待されているはず。

TS-Eレンズがどうのこうの
被写界深度があーしたこーした
とは別のハナシ。
絵を描く、またはグラフィック・デザインやレイアウト作業に近い感覚かもしれません。







 




  1. 2017/09/01(金) 23:14:19|
  2. 物撮り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TS-E90mm活躍

商品撮影です。 おもにEF100mmマクロを使用。

商品の特徴が際立つ部分を強調したイメージ写真っぽいやつはTS-E90mmで撮影しました。


際立たせる部分以外はボカす。 ピント面の傾きをコントロールできるTS-Eレンズが活躍します。
普通のレンズで浅い被写界深度を利用したのとは一味違う面白さ♪

前玉を下方に傾け、さらにマウント部から全体を45度ぐらい回転。
2017_0831_TS02.jpg

撮影したあとに、TS-E90mmで撮ったことを記録しておきます。
2017_0831_TS05.jpg

真俯瞰ではないが高いところから見下ろし撮影。
2017_0831_TS03.jpg

四角いものの歪みをある程度補正して撮影します。
グリーン矢印のように、マウント部から全体をスライドさせるように上方シフト。
赤矢印の方向へ前玉を下方チルト。
2017_0831_TS04.jpg

撮影する商品がまことに美しいので やりがいがある♪

明日は、同じ商品群を別の撮影方法で撮る予定




  1. 2017/08/31(木) 23:44:54|
  2. 物撮り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

たまには後方ボケで

商品を手で持った状態で撮影。 これはセッティングの記録写真です。
ガムテープの位置に被写体。



商品撮影では、F7~F13あたりで撮ることが多いです。

今日はこのように背景をボカす必要がありまして^^(実際の撮影場面ではありませんよ)
いつもと違う弱~いライティングにちょっと戸惑った。 ストロボの発光量は、ほぼ最弱。
2017_0829_02.jpg

さらに背景をボケボケにする必要にせまられ、久しぶりにSIGMA50mm(旧型) を使用。
2017_0829_03.jpg

**********************************************

まだ知識・経験に乏しいころ、ネット上の皆さまの意見に左右されたわけですよ。
いわく・・・
「開放から中心部はシャープな切れ味→周辺に向かってトロけるようなボケ味が うんぬん」

当時 評判が良い(と思われた)SIGMAの50mm 開放絞りがF1.4 っちゅう奴を買ってみたのでした。
初めてのF1.4 未知の世界・・・おおおお すげーっ! と感動した記憶があります。

しかし ワタクシの撮影スタイルにおいては出番が極端に少ない。
需要があるうちにオークションにでも出すべか? と思案していた矢先、
今日の撮影で役立ちました。
2017_0829_04.jpg
もう製造していない模様。 温存すべきか?


新型のArtラインのレンズはたいへん優秀なレンズらしい。
しかし無理して買っても稼働率は低かろう。
それよりなにより先立つモノが^^






  1. 2017/08/29(火) 22:59:57|
  2. 物撮り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カーテン越しのsunshine

昨日のテストを踏まえ、自室のカーテンを外して持ってきた。

カーテン越しの柔らかい光・・・のつもり。
うーmmm こりゃいかん。 光の筋が開きすぎ。自然光ではありえない。


ではストロボを離す。 室内なので距離に制限があるけれども。
2017_0811_02.jpg
①②ともにクリップオン・ストロボ。

①は大レフにバウンス。 基本的な明るさを担当。
②はカーテンを透過した光の筋を担当。

ご注文の意図には応じられた・・・と思ふ。
2017_0811_03.jpg

Sunshine Of Your Love
2017_0811_04.jpg


  1. 2017/08/11(金) 20:30:25|
  2. 物撮り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

pink

Author:pink
秋田県横手市KUBRICK
パパは写真撮ります。
商品撮影、時々色々撮影!
ママはパン焼きます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (102)
物撮り (310)
スナップ (194)
天然酵母パン (4)
ドライイーストのパン (5)
建築撮影 (1)
ハードウェア (2)
ロケ (34)
料理の撮影 (119)
機材 (129)
スタジオ・人物 (30)
マクロ (12)
実験・シミュレーション (75)
画像処理 (5)
音楽 (117)
本 (14)
ギター (37)
日記 (376)
工作 (20)
スポーツ (8)
オーディオ (26)
撮影 (8)
集合写真 (1)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR