パパフォト&ママパン

黒田より菊地

AIで日銀総裁の表情を解析するのだという。 ほほー。


アメーリカでは
FRB議長の発言(言葉)を解析して投資に役立てることが既に行われているらしい。
議長が●△※という言葉を使ったから、・・・米国債は買い、株は売り。 ドルvs日本円は・・・・などなど。

いずれ何でもかんでもAIまかせの時代になるのだろうか?
進学 就職 化粧品の選択 不動産など有利な投資物件 
自分にピッタリな車選び 結婚相手の選別
新規開店したラーメン屋に行列してでも今行くべきか? 一週間待つべきか? 教えてGoogle。

やれやれ。

各国首脳の表情を解析してもムダであろう。 全員ウソつきに決まっとるので。
2017_1020_05.jpg

中国が開発したAIで解析したデータをロシアAIが解析し・・・
アメリカが中露に対して「我が国のAI特許を侵害している」と文句を言う。
その隙をついて北朝鮮がハッキングによってAI技術を盗もうとしたことが暴露されるも
黒幕はロシアであった。 
裏で仲立ちした仏独は「なにも知らなかった、驚いた。各国の冷静な対応を望む。」と声明を発表する。
決まってる。

いくら技術が進歩しようとも、人間の心理は大して変わらんだろう。


「まあ、そこはあんまりコトを荒立ててもアレなので ここはひとつ丸く、まるーく収めて・・・」
などと日本が正義の味方、長屋のご隠居的な役割を演じて漁夫の利を得る。
願わくば。

*******************************************

AI技術者の方々は、黒田さんの顔を毎日〃じーっと見続けているのでありましょう。
技術的な興味に燃える研究者の方々がどのような努力をされているのかは
シロートには想像がつきませんけれども、敬意を表します。
・・・

しかし、
あたしゃ黒田さんより菊地さんの顔を じーっと見ていたいですね♡
この人の表情の七変化は実に魅力的であります。
2017_1020_02.jpg


キュルルンと可愛いだけじゃない。 パワフル。 これは今年の北米でのステージですね。
現地へ出向いたファンの方が撮った写真だと思われます。 ありがとうございます。
2017_1020_03.jpg

さいたまスーパーアリーナで至近距離で見たMOAちゃんはカッコよかった。  
オープニング曲 BABYMETAL DETHでのジャンプの瞬間(上の写真と同じ場面)も肉眼で観ることができた。
ジャンプの瞬間は心底かっこよかった。 KARATEの最初のパンチの場面も、わかっちゃいるけど、やられた♪


そして本日、ネットに上げられていたこの写真。 むむむっ! 凛々しい♡
2017_1020_04.jpg

真剣勝負するアスリートの表情に近い。
AIで解析する必要は無い。
問答無用で良い。 


SEE YOU












スポンサーサイト
  1. 2017/10/20(金) 23:51:37|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

真っ紅に染まれ

大阪城ホールで名曲「Akatsuki」を歌うSU-METAL様の雄姿。
2017_1019_01.jpg
ワタクシの個人的音楽歴の範囲で考えるに、これは突出した名曲。
そして名演の数々。 

幾千もの夜を越えて 聴き続ける自信がある。
この体が滅びるまで 命が消えるまで感動が持続するに違いない。

**********************************************************

SU様が 「紅く染まれ- まっかに染まれー」 と歌う。

あいよ、染まりますとも。 おニューのシャツは まっかっか♪


タグに「LONDON」などと書いてある。 おー Rockな街ロンドンのテイスト♡
しかし・・・インド製^^  なるほど大英帝国。
2017_1019_05.jpg
TS-E90mm使用。

まあいい。 むりやりRockな気分に浸る。
2017_1019_03.jpg
TS-E45mmで撮影。

このシャツを着てコンビニへ。
スピードクジを引いたらキャラメルが当たった!
2017_1019_04.jpg
TS-E45mm。

キャラメル食べて ”もうひと踏ん張り!”
Rockだべ?


See You


  1. 2017/10/19(木) 21:19:19|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

単品といえども侮りがたし

料理の撮影。 いつもの5灯セット。
下の写真では左手前に傘、左右の奥の方はスヌート使用です。
途中でいろいろ変更、傘とスヌートを使わずの場合もあり。


担当者が撮影前に言うには
「今日は全部単品なので、最初にアングルを決めてしまえばあとは流れでチャチャっと・・・」

おー、そうか。そりゃ楽チンかも♪

そうはいかんのです^^

スライスしたトマト。
7インチ・サイズの外部モニターで画像を確認しているのですが、
トマトの画像をモニターで見たデザイナー氏が
「断面、切り口が暗い」 
という。 さすが、よく気が付きましたね。  で、対応しOKをいただきました。

このように半逆光ぎみに光をあてています。
2017_1018_08.jpg
この光がトマトの切り口には当たらない。 そりゃそうだ。

ストロボの発光量は変えず、トマトの断面に光が当たるようにストロボの位置・角度を調整しました。
あー 距離もですね、すこし近づけましたね。
2017_1018_09.jpg
むやみに発光量を上げると全体のバランスを崩してしまう場合があるので、それを避けたのです。

Before & After
2017_1018_01.jpg
写真は印刷物として使用します。
CMYK変換したあとの状態をデザイナー氏はイメージしているはず。
さすがベテラン。 わずかな違いに気が付きましたねー。

陰影のあるシットリ系の写真はNG、 明快なハッキリ系をご要望です。

*******************************************************************

最初に掲載したセッテイングの写真を見ればお判りのように天トレを張っていません。
真上からの光がありません。

デザイナー氏の要望とワタクシの好みとの接点を探るうちに、このようなセッティングになったのであります。
一般に、天トレを張って真上(またはやや後方)からの光を照射するカメラマンが多いとは思いますが。
なぜそうしないか?

  ①全体にフラットに明るくなりがち。メリハリをつけにくい。
  ②白い器の凹凸をつぶしてしまう。立体感がなくなりがち。
  ③器に光が反射して、せっかくのキレイな器の色が白っぽくなる場合がある。

とまあ、今のところはね。 考え方が変わるかもしれませんが。

デメリットもありまして

 ①深い器の中の食材に光が届かない。

これに尽きる。

今回の撮影では、一品目だけ見事にこの「光が届かないデメリット」発生。
しかし、ライティングのセットを大幅に変更は…時間に限りがあるので事実上ムリ。

苦肉の策。
低い位置にストロボをセットするためのスタンドなので最大伸長150cm。これでは足りない。
持ち上げましたー! 応援団の旗持ちのようであります^^
2017_1018_04.jpg
10秒タイマーでシャッターボタンを押し→ ストロボ持ち上げ。

非常に面白いBefore & After でした。
写真を掲載するわけにはいかないので、いずれ再現テストをしてご紹介しましょうかねー^^
被写体は「もずく」でありました♪

***************************************************

本日はTS-E90mmじゃなく、 EF70-200mm F2.8 L Ⅱを使用。
絞りF11-F13。 焦点距離150mm付近でした。

撮影したのは20品目ほど、ほぼすべてが一皿モノ。
しかし…単純な流れ作業のようにはできないのです。 簡単じゃありません。





  1. 2017/10/18(水) 23:14:24|
  2. 料理の撮影
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

料理撮影

チラシに掲載する写真を撮影しに出向いたのですが、
本番撮影の前に
「厨房スタッフ用の写真もカンタンに撮っておいてくれ」というオーダー。

実際に客に供するときの配膳、器の並べ方を記録しておくのだという。
A4プリントした写真を厨房に貼っておき、スタッフがそれを参考にお盆に載せる、なるほど。
2017_1017_09.jpg

クリップオンをワイヤレスで使用して、こんな具合に天井バウンスで撮影しました。
距離がとれないのでライブビューで。
2017_1017_08.jpg
結果は?  mmmまあまあね^^ ラップかけたまんまだし。 

で、本チャン撮影。 いつものセッティングで。

こんだけセッティングして
撮影したのは お膳を一種類。

撤収!

*****************************************

ところで、
カメラにマウントしたクリップオン・ストロボにIRフィルターをつけて発光し、
この光(赤外線)で他のモノブロック・ストロボを発光させます。
2017_1017_02.jpg

ところが、不発光が連発。 あらら^^
2017_1017_03.jpg
不本意ながら少々あわててしまったのでした。 情けなや^^
クリップオンの発光量を上げる、または
発光部をモノブロックの方向に向ける…などで解決できるのですが。


クリップオン自体の故障、または電池のトラブルということもあり得るので
いちおう確認しておく。

明日も料理撮影に出動するので、機材を車に積みっぱなし作戦DEATH!
2017_1017_04.jpg
カメラ付けのストロボで直射。

これでは面白くないので
車内にもう一灯置いてみます。
2017_1017_05.jpg

2017_1017_06.jpg

うむ、ストロボに異常は無いようだ。 たぶん。

******************************************

料理撮影で全域ピント合わせして撮るにはTS-E90mmが便利、というか必須。
逆に一部にピントを合わせて、他を不自然なぐらいにボカすというワザもTS-Eレンズでは可能。
こんなふうに^^
2017_1017_07.jpg

ちょうど撮影現場に向かって出発する時間だったので
安倍さんを見ることはできなかった。
残念。








  1. 2017/10/17(火) 20:59:47|
  2. 料理の撮影
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

辻褄合わせ

丁度いい大きさの箱がないのでチョイと工作する。


寸法を測り、電卓を片手に作業はすすむ。
2017_1016_02.jpg

宅急便で発送予定。
縦・横・高さ合計が60センチになるようにして送料を抑える作戦。
2017_1016_03.jpg
キツキツだが、ピッタリ60センチ。 辻褄あわせ完了。

オークションに出品する準備であります。

******************************************

さて
明日は久しぶりに料理の撮影なので黒デコラの汚れを拭き取っておく。
2017_1016_04.jpg

唐突ですが、ユーロ紙幣。 何故にこんなものがあるのかは秘密です。
2017_1016_05.jpg
えー オークションがらみのナイジェリア詐欺とは関係ありませんので、念のため。

ホワイトバランス”太陽光”に設定し
クリップオン・ストロボの光で撮ると こんな色になります。ずいぶん青い。
薄いピンク(マゼンタ)フィルターをかけます。 さらにレジ袋をかぶせると幾分マシになりました。
2017_1016_06.jpg

料理撮影の光源はモノブロック・ストロボ。
補助光としてクリップオンも使うので、モノブロックの光色となじむようにフィルターを使います。
2017_1016_07.jpg

辻褄あわせです。

現像時に画像内のグレーカードを基準にホワイトバランスを調整してみると、このように。
2017_1016_08.jpg

いろ鮮やかなユーロ紙幣。 安っぽいドル紙幣とは大違いだ。
2017_1016_09.jpg





  1. 2017/10/16(月) 21:26:59|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

pink

Author:pink
秋田県横手市KUBRICK
パパは写真撮ります。
商品撮影、時々色々撮影!
ママはパン焼きます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (101)
物撮り (310)
スナップ (194)
天然酵母パン (4)
ドライイーストのパン (5)
建築撮影 (1)
ハードウェア (2)
ロケ (34)
料理の撮影 (119)
機材 (123)
スタジオ・人物 (30)
マクロ (12)
実験・シミュレーション (74)
画像処理 (5)
音楽 (116)
本 (14)
ギター (33)
日記 (365)
工作 (20)
スポーツ (8)
オーディオ (24)
撮影 (8)
集合写真 (1)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR