パパフォト&ママパン

ボーカルものも やっぱり大口径で

レッチリの前座ステージでBABYMETAL活躍中。
SU様が「スマホのライトを付けろ」と指示すると、おとなしく従うアメリカの観客たち。
オモシロすぎる。 SU-METAL/中元すず香 のステージ度胸には脱帽だ。


ステージ上部の照明器具を撮影し、ポスターの絵柄的に使っとります。
撮影時点では気づかなかったけれども、ライトがひとつ点灯していない。
PhotoShopでライト・オン!

このネタは以前にも書いたような気がする。
そう、シリーズものの印刷物なので、大枠では前回のデザインを踏襲。
ま、何度も使い廻しっつーコトなんですけど^^

****************************************************

で、今日はベビメタちゃんの演奏がなかったので一休み。
PhotoshopとIllustratorでシコシコと仕事しながら、ベビメタとは全く違うやつを聴いてみる。

ギターとボーカルだけの演奏、タック&パティ。 渋っ、大人っ。
2017_0426_02.jpg

以前使用していたVictorのSX-500DEでしか聴いたことがなかったタック&パティ。
ミドル域、つまり人の声が良く聴こえるVictorのSX-500DEで再生するにはピッタリじゃろう…と思っとりました。
2017_0426_06.jpg


しかし、ボーカルものでもやっぱり大きいスピーカがヨロシイようで。
ガイジンの厚みのある胸郭から響くような声がDIATONEから流れ出る。スバラシイ。
そーかそーか。

いやー、SU-METAL様のスイートでクリア、しかもパワフルなハイトーンもいいですが
それはそれ、パティさんのややハスキーで音域低めな声も魅力的♪

し か し
ずーっとこの調子の歌は飽きるのでした。CD一枚で限界。

よし、ならばまったく別方向へ振る。 ヴァンゲリスだっ。
2017_0426_03.jpg
むかーし昔、映画「ブレード・ランナー」にヤラレちまって、
サウンドトラック製作者のヴァンゲリスというお方を知りました。

これも良いぞー。 デカいスピーカーで聞いたのは初めてだな。新たな感動。

******************************************

ここ最近のメイン・スピーカーは古~いDIATONEのDS-40C。
オークションで入手し、修復したものDEATH。

入手時点ではカチコチに硬化しフランスパン状態だったエッジを軟化しました。
作業の顛末は今年2017年1月2~3日の当ブログ記事をご覧あそばせ♪
4ヵ月経過した現在、うむ、何ともない。良好であります。
2017_0426_04.jpg

写真がいまいちパリっとしないのでライティング変更する。
これでどうだ? エッジが柔らかいのが分かりますね。
2017_0426_05.jpg

でかいスピーカーは良いぞー♪ ほんとに良いぞー。











スポンサーサイト
  1. 2017/04/26(水) 23:00:53|
  2. オーディオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

若芽

小学生が社会勉強中。ついこのあいだ生まれたばかりの若芽だ。未来は明るいぞ。

昨今の社会情勢からして顔にボカしを入れねばならんのが腹立たしい。
プライバシーがどうのこうの・・・は、まあ わからんでもない。

しかーし 
子供に悪さをする基地害の連中は治らないから問答無用で駆除すべし。
精神鑑定不要。裁判も不要。税金のムダだ。 
最近は仕事としての撮影でも妙な気を使わざるを得ない。 考えすぎかもしれんがね。

*************************************

ともあれ
今日はぐーっと気温が上がった。若芽が育つ。
2017_0425_02.jpg

上の写真の日が当たっている部分を暗めに撮って、Photoshopで中間部をさらに落としてみる。
半逆光もまたよし。
2017_0425_01.jpg

半逆光で、顔がハッキリ見えなくともかっこいいBABYMETAL。
調子は良さそうだ。よかった。
2017_0425_04.jpg
まだまだ伸びるだろうけれども、もう若芽とは言えない段階にはいった。
現地ジャクソンビルのコンサート会場から観客の女性がツイッターで
「ヘンテコリンで同時にワンダフルって こんなの有り? あたしゃ言葉をうしなった」
むふふ、驚けオドロケ。

現在、レッチリのツアーに帯同しているベビメタちゃんを追っかけている日本人オッサンたちがいて
ツイッターで逐一情報を上げてくれている。 裏山ったらありゃしない。

その弁によると
「とにかくアメリカ人はデカイ。その中で観るBABYMETALはキラキラと輝く宝石のようでした」
そうだろうそうだろうそうだろう。

日本女性はちっちゃくて可愛いのだっ。 大人気だ。
2017_0425_06.jpg

写真攻め。 腕の太さがアメリカーン。
2017_0425_05.jpg

ジャクソンビルに駆け付けた日本人のベビメタ・メイトさん。
本物と間違えられちゃってるかも・・・らしい。
セキュリティが出てきて人払いするぐらいの人だかりで、なかなか帰られず。
ちょっとした騒ぎだったそうな。
2017_0425_07.jpg
2017_0425_10.jpg
ともあれみんな楽しそうでなにより。


くだんの追っかけオッサンはコンサート後にレストランでメシくってたら
アメリカ人が寄ってきて、BABYMETALにいかに感動したかを語られたそうな。
相当な衝撃だったらしい。

ネット上の反応をみると もちろん賛否両論。 あたりまえだ。
しかし、ワタクシ個人の予想を超える米人の暖かい反応に ややびっくり。
もっと冷ややかだと想像していたのだ。

↓クリックしてYOU-TUBE動画へ
SU様が「もっと光を」と要求
これは日本時間の今朝、フロリダ州ジャクソンビルでのライブ映像。
2017_0425_11.jpg
何度も書いてますが
まだ完全には客席が埋まっていない状態、前座ステージですぜ。 信じられん。

*************************************************************

6月のLAでヘッドライナーとしてのコンサート(前座を使う!)は大変な盛り上がりになるだろう。
あー、そりゃ当たり前か。 コアなファンがキャパの小さい(3700人ぐらい?)の会場に集結したら
盛り上がるに決まってる。すさまじい熱量でありましょう。

ゆくゆくはBABYMETAL単独で全米ツアー、もしくはマジソン・スクエア・ガーデンで・・・っつーコトになる?

絶好調BABYMETAL。 
2017_0425_09.jpg

ほんとに可憐で宝石のようでありますね。
つい最近生まれたばかりの17歳。 キンキラリーン☆







  1. 2017/04/25(火) 19:51:47|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

EVOLTA 充電器BQ-CC53

EVOLTAの充電器を新たに購入。単3×4本がセットになったやつ。
エボルタ、エネループ、いずれも充電可。

急速充電は電池を傷める・・・という説があるので今回は通常充電のBQ-CC53を選んでみた。


通常充電タイプのBQ-CC53の充電時間はというと・・・
4本セットで使用→充電することがほとんどなので、これか、約7時間。 むむ。
2017_0424_02.jpg

充電時間のテストしてみるにあたって、まずは電池を使い切る。
ストロボをムダにパカパカ発光して放電させた。
フル発光は放電管などを損傷しやすいので1/2程度の発光量で。
「チャージ遅い・・・交換だな」というレベルをはるかに通り越すまで、
結構しつこく発光量を落としては放電させ続けた。
2017_0424_03.jpg

使い切った電池を2セット用意したのだが、テスターで計測すると電圧にバラつきがある。
かたや1V以下、もう一方は1.1V前後。 しょうがない。

残電圧の低い方を急速充電タイプで充電することにする。せーの で充電開始。
充電完了までの結果はこの通り。
下の写真は約4時間後、CC08の充電が終わったころのもの。 右のCC53はまだ充電中。
2017_0424_05.jpg
実際はここまで放電させ切ることは無いので、充電時間はもっと短くて済むはず。

しばらく後で気づいたが、電池容量にも違いがある。うーむ。
これぐらいは誤差の範囲内か。 実用上の差はほとんど無いとみていい。
2017_0424_06.jpg

いつも使う電池をグループ化しておくべし、とされている。 混在はよくないと。
そのためにマジックで印をつけ、小袋に入れて管理しているつもりなのだが現実には混ざってしまう。
このように。
2017_0424_07.jpg

電池駆動式のLEDライト。 こいつがイカンのだと思うが、確信はない。
6本入りなので、半端ができてしまう。
2017_0424_08.jpg

ってことはだな、
電池6本×2セットをLED専用に分離しておくのがベターか?
また買うのか?

女性が「ストレス解消には買い物」と云うのもわからんでもない。
たまにポチっと 
ささやかに買い物なんかもいいんじゃね?

実用品だからムダにはならないし。
・・・
・・・
などと考えているうちに 今日も一日が終わった。


  1. 2017/04/24(月) 21:23:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SU様のスマホ芸

SU様のスマホ芸が板についてきた感。
これはYOU-TUBEにUPされていた動画から2枚キャプチャーしてつなぎ合わせたものDEATH


今回、アーカンソー州リトルロックの観衆は熱かった。
大スクリーンを使わせてもらえないので、オープニングの「紙芝居」はナレーションのみ。
にもかかわらず、だ。
ナレーションの"Are you ready for Metal-Resistance with BABYMETAL " に応えて大歓声!
前座だぞ、なんてこった。
YOU-TUBEで以前からBABYMETALを知ってたファンがおしよせた。
レッチリのファンのあいだで「ベビメタ・・・F☆ckin' スゲーぞっ!」という情報が飛び交った。
かもね。

いずれにしろ、「待ってましたっ、ベビメタちゃんっ♡」みたいな歓迎ぶり。

オープニング定番のBAYBYMETAL DEATH の どろろどろろどっ‼ の破壊力たるやもう・・・。
続く「かくれんぼ」も大いにウケとる。 いいぞ。

そしてKARATE中盤のスマホ芸。

最後の「はーしーれーっ!」がアリーナを貫通する。
声の力だけで観衆を鷲掴みにできる歌い手は そうそういるもんじゃない。
SU-METALは間違いなく世界的に有名なシンガーになるし、 
BABYMETALは 【なにかステキなもの】、【不思議で楽しいもの】、【未知の可能性】、の象徴になる。
そういうものの例えとして 比喩的に"BABYMETAL" という単語が使われるようになる。
予言しとく。
もう そういう段階に入りつつあると思う。

*************************************************

数日前、シャーロットでのライブを観た現地記者さんの記事。

レッチリに関するレビューを、まあまあ好意的にだらだら記述。可もなく不可もなく。
次いで、BABYMETALの前に演奏したもう一組の前座についてはチョロリと触れ。

そして、おそらくBABYMETALに度肝を抜かれたのであろう。
日本語訳がバラまかれているので拝借、以下に抜粋。

「BABYMETALは? 決して忘れることはないと思う。
この日本の女の子のグループ/(非常に)ヘビーなメタル・バンドについて、
読者は自分で調べてみるべきだと思うが、
これはブリットニー・スピアーズ、MEGADETH、任天堂の一番ばからしいゲーム、
「攻殻機動隊」そして「サタデー・ナイト・ライブ」の部品を
フランケンシュタイン博士がまとめて縫い上げたようなものだと言っておこう。

私は頭をかいた、何度も。私は笑った、とっても。
でもBABYMETALから目を離すことはできなかったし、
ショーからの帰りに運転しながらSpotifyで聴いていたのは
RED HOT CHILI PEPPERSではなく、BABYMETALだった。ほぼずっとだったと思う。
なぜなら自分がすべてを夢見たのではない
と確かめる必要があったからだ。」


***********************************

これだけ明確に「別世界」を表現できるグループは他にない。

音楽のパワーで別世界を構築した最初で最大のグループは世界遺産ビートルズ。

もうすぐマッカトニー爺が来日しますね。
マッカ翁がBABYMETALの事を知らないワケはない。
「BABYMETAL? Oh、 大好きだよ。 プロフェッショナルだね。 未来への扉だね。」
なんてウカツに発言すれば影響力多大であることを彼は知っているだろうから
ま、言わないでしょうけど。
発想の柔軟性、ジョークの感覚には共通性があると思うのDEATH。


サージェント・ペッパーズ・フォックス・ハーツ・クラブ・バンド
2017_0423_04.jpg

 ・Fox Fields Forever
 ・I Am The Fox
 ・Su In The Sky With Diamonds
 ・While My Fox Gently Weeps
 ・All You Need Is Yui
 ・Lady Moa
 ・Ob-La-Di, Ma-Da-Da-Yo
 ・The Fox On The Hill
 ・Here Comes The Megitsne
 ・Let It Be A Fox
 ・Fox's Garden
 ・The Long And Winding Road Of Resistance

道なき道を行くMETAL-RESISTANCEを着実に遂行中。
がんばれBABYMETAL
2017_0423_02.jpg

神バンドに対しても称賛の大歓声。
2017_0423_03.jpg

行け行けBABYMETAL







  
  1. 2017/04/23(日) 23:43:09|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

物撮り練習

お題が来たので撮影練習。 クリップオン2灯。
セッティング真上から見た図。


ライトボックスはダンボールと乳白色アクリル板。
2017_0422_02.jpg
カメラがライトボックスの発光面に正対していないことにご注目。
真正面から撮るとハレてしまうことがあるので予防措置DEATH。

まずはライトボックスの①だけ発光。
2017_0422_03.jpg
黒いプラスチック素材。 光が反射しているところが無いとモノの形がわかりません。

で、②をプラスします。
2017_0422_04.jpg

ストロボの位置は変えずに、カメラを移動して撮ってみましょうか。
2017_0422_05.jpg

これね、いい練習になるのですよ。
ストロボの位置を変えずにカメラを手持ちで別の角度から撮ってみる。
なーるほど、と気が付くこと多々あり。

被写体・光源・カメラ 三者の相対位置の関係。

*******************************************
撮影練習おわり。

修理作業開始。
当家の経済産業大臣から 「ここが剥がれたので直せ」 との指令。
2017_0422_06.jpg

お安い御用で、ちーっとばかし待っておくんなせいっ。
LEDライト、先のとがったピンセット、爪楊枝、そしてセメダイン・スーパーX。
2017_0422_07.jpg
チョチョイのチョイ。

輪ゴムで押さえつけ、ストーブの温風の前に放置。
まだストーブたいてます。 明日朝の最低気温は4℃の予定。
2017_0422_08.jpg

修理完了。
これで伝説の黒髪を華麗に束ねて・・・・狂い咲いたらどうする?

******************************************************

今日はエアロスミス。
どっちも羽根を拡げた絵柄。
2017_0422_10.jpg

うーむ、想像、妄想。
「おねだり大作戦」→「Walk This Way」 
2017_0422_09.jpg
あえてボーカリスト抜きでまとめてみた。


スティーブン・タイラー&SU-METAL の共演で "Kings And Queens"
♪いいかも! 妄想。


See you ♡




  1. 2017/04/22(土) 23:23:49|
  2. 物撮り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

pink

Author:pink
秋田県横手市KUBRICK
パパは写真撮ります。
商品撮影、時々色々撮影!
ママはパン焼きます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (92)
物撮り (294)
スナップ (193)
天然酵母パン (4)
ドライイーストのパン (5)
建築撮影 (1)
ハードウェア (2)
ロケ (28)
料理の撮影 (109)
機材 (104)
スタジオ・人物 (30)
マクロ (12)
実験・シミュレーション (70)
画像処理 (5)
音楽 (94)
本 (13)
ギター (29)
日記 (308)
工作 (19)
スポーツ (7)
オーディオ (21)
撮影 (1)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR